朋美と秋晴がデート、それをセルニアがいろんな連れを巻き込みながら尾行するという流れ。
朋美の昔の心、そして今の心は果たしてどこにあるのか、というのがだいぶ見えた回でした。
ラストシーンのあれ、デレらしいデレって初めてですね。破壊力ありました。
とりあえず一言。脚本の吉野氏は変態ですね(誉
尿意を我慢している女の子で笑いをとるなんてヒドイよ!
#8と#9は初の前後編で、今回の前編は新しい敵クェイサーが現れて鳳・リジーも学園に登場、と動きが多い。
相変わらず腹に一物ありそうなユーリ=野田といい、キーアイテム「サルイ・スーの生神女」を巡る争いがさらに面白くなってきました。
優人はくえすにはっきりと自分の気持ちを伝え、やっと主人公らしい姿を見せてくれました。
まあ、”ある約束”を忘れてしまっていたことは大失態ですが、それもこれから償っていけます。
EDに登場するヒロインがこれで勢ぞろいしました。やっぱりハーレムアニメだなぁ。
緋鞠とくえす激突。人の心を知る緋鞠が語る言葉は人の心を捨てたくえすには届かない。
二人の言葉のやり取りと激しいバトルは見ごたえありました。
お手本通りの別荘お泊り水着回、お見事でした。
ドリルことセルニアがいつもにまして可愛い。
猫=ブラック羽川の魅力、見た目もしゃべりも大爆発。
意外にも実写のOPでして、内容自体は良いですがある一点に疑問あり。
本編の化物語らしさは変わらず、安定した出来でした。
フィリシア回。一人だけ生き延びたあの戦場で彼女が問いかけられたこと。
その答えは今見つけられたのか?
新キャラのリジー、鳳の二人が登場。
別荘での探索は当初の目的とは別の形で実を結び、さらに次の回への含みをもたせた回でした。
まふゆが山辺の愛情と燈との絆を再確認するシーンが良かったです。
1クール前半まとめのお話と言ってよく、いろいろと伏線を回収しており見ごたえはありました。
ただし、「聖痕のクェイサー」ばりに何やってるか見えない画面が多く、展開も端折り気味でわかりにくいです(^^;;
>れでぃ×ばと! ROUND 07 「れでぃ×まじかる」
北欧のオタク美少女留学生と同人誌作成の巻。
いい話で最後にちょっとしたオチあり。
ネタバレします。

>ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第六話「彼方ノ休日・髪結イ」
いつぞやカナタがノエルと一緒に買出しに行った時に提示されていた謎”砦から出荷しているもの”の正体が判明。
>はなまる幼稚園 第6話 「はなまるなプール/はなまるな作戦/はなまるなお兄ちゃん/はなまるなお泊まり」
山本先生ビキニ!
ブラコン妹来襲! お泊り!