2007/10/26(金) 00:45 美少女ゲーマーなら?
いっそ3本(後述)とも…! とか思わなくもないですが、理性の忠告に少しは耳を傾けるべきかと(笑)。
体験版2本、プレイしての感想。

>そして明日の世界より――(etude)
離島って設定はけっこう見かける気がします。
ただし、作品としての成功率はけっこう低い気も…(不吉な
たとえば「この青空に約束を―」は個人的に大好きですが、好みが別れるところはありそうですしねぇ・・・。
それはさておき、このゲームのかなり絶望的な設定を、どう料理していくのか非常に気になります。
「こなたよりかなたまで」も相当極限の状況でしたけど(あれは個人の範囲。今度は全世界的ですね)、その中でこそ前向きな生き方を凄絶に…いかん、何を言いたいか分からなくなってきましたのでやめましょう(爆)。
体験版は、のどかな、本当にのどかな日常から始まって、突然に全世界的な危機が迫ることが分かったところまで、ですね。
いやはや、良い所で切るもので。
そこまでのシナリオに関しては可もなく不可もなく。
ものすごい切れ味があるって感じではないですね。
やっぱり切羽詰った状況でこそ健速氏は本領発揮なんでしょうか?
また、音楽がすごく良いです(担当はI've)。
…ただ、どうにもジブリっぽいのですが…(^^;;
作品の雰囲気的にも、ねぇ。
主題歌「For our days」作曲:高瀬一矢さんってのはこなかなのOP「Imaginary affair」と同じ。
なんと心憎い人選…曲そのものはちょっと落ちるかも、しれません(ぉ
さらにヒロインの1人、日向朝陽(ひなた あさひ)の声優さんは公式表記「岡本あさひ」ですが、なんか聞き覚えがありすぎる、と思ったらたぶん「ToHeart2」のいいんちょこと「小牧愛佳」の中の人っぽい?
いろいろと購入に向けての後押しが多くて困ります(←すっごくうれしそうに)。
…あ、ハーレムなシチュエーションに関しては考えるだけヤボなので(ry

>明日の君と逢うために(Purple Software)
これもタイトルに「明日」が入ってますね。
さらに島が舞台(笑)。
まあ、前述の「そして明日の~」よりは本土に近い設定ですが。
えらく演出・画面効果に評価が高いのでプレイしてみました。
たしかに画面はきれいですね。
むだに凝っていると言ってもいい(笑)。
とはいえ、それがゲームの主たる評価にはなりませんので。
問題はシナリオですね。
体験版、最後までプレイできたと言うことは一定以上の面白さはあったと判断してます。
(オープニング的な部分をプレイできます。
状況設定の説明と一通りのキャラ紹介、ですね)
こちらは11/30。
興味はひかれるものの、さすがに11/22に「世界でいちばんNGな恋」と「そして明日の世界より――」の2本開始して(たぶんどっちかしか実質は無理(笑))、それまでに両方とも終わってるわけありませんしね。
残念ながらスルーせざるを得ないかも。
管理人のみが読めるようにする

トラックバックURL
→http://optfs.blog62.fc2.com/tb.php/94-4b80d15b