IMG_2089_R.jpg
これを撮るために来ました。
場所は嵐山公園中之島地区の西端。
IMG_2066_R.jpg
今回のホテルはバイキングではなく和食固定。とても美味しかったです。
場所も嵐山公園のすぐ南でうってつけでした。
こじんまりとしたホテルで騒がしくなく、フロントの方や食堂担当の方はどちらも落ち着いていて柔らかい接客で非常に居心地が良かったです。
これで1万円切る価格はよくぞ見つけた私(ぉ

IMG_2078_R.jpg
朝食とってすぐさま探訪開始。
渡月橋南側、西寄りからの眺め。

IMG_2089_R.jpg
(サムネイル写真再掲)巻38話「針路」での、沙弥香の告白に対し燈子が答えるシーン。
やはり第一目標がここだったので、無事に来れてほんとうによかったです。

IMG_2094_R.jpgIMG_2100_R.jpgIMG_2107_R.jpgIMG_2109_R.jpg
告白に答えるシーン、その他のカット。
あいにく雨が降ってきて撮るのはたいへんでしたが、このチャンスを逃すわけにはいかないので折りたたみ傘差しつつどうにか。
時間的には7時台~8時台までは渡月橋・嵐山公園はそこまで人がいないです。
やがて君になるで探訪するなら早朝はほぼ必須でしょう。前日入りして泊まってからがいいでしょうね。

IMG_2110_R.jpgIMG_2114_R.jpgIMG_2115_R.jpgIMG_2130_R.jpg
渡月橋を二人が渡るシーンで。

IMG_2133_R.jpgIMG_2153_R.jpgIMG_2332_R.jpg
1枚目は渡月橋北側西寄りからの眺め。
愛果がボートに「乗りたーい」と言い出すあたり。
作中ではこの後で挙げる嵯峨野竹林の道(小径)から南に下ってきて西側(2枚目の奥側)から回ってきていると推測されます。
妄想が捗りますね。
あいにくボート乗り場は工事中で乗れず。
どっちにしろあの雨の中では厳しかったですが。

IMG_2163_R.jpgIMG_2200_R.jpg
出発点が嵐山公園側からだったため、沙弥香たちとは順路を逆にたどっていきます。
竹林の道。
探訪抜きでもいい雰囲気のところでした。
強い雨さえなければね・・・。

IMG_2268_R.jpgIMG_2273_R.jpgIMG_2285_R.jpgIMG_2294_R.jpg
竹林を抜けてトロッコ嵐山駅へ。
トロッコ列車でトロッコ亀岡との間を片道20分で往復します。
当初の予定では帰りは保津川下りに乗ってみるつもりでしたがあいにく雨で川が増水していて運航中止。
増水抜きにしてもけっこう狭い急流もあり、そりゃみどりたちも驚きますやね。
ちなみにトロッコ列車は乗車中にポラロイド写真のサービスがあります。
日付が入ったパネルを持った写真を撮ってくれまして、1200円。
高いけど、記念ですから喜んで買いましたよ。

IMG_2342_R.jpgIMG_2345_R.jpgIMG_2348_R.jpgIMG_2351_R.jpg
戻ってきて、嵐山公園中之島地区の東側。
朝撮ったシーン、つまり告白に返事する前のところですね。

IMG_2356_R.jpg
こちらは7巻おまけ漫画まなみど編で出てくる、渡月橋南側のバス停付近。
この時が一番雨足が強かったかな。一時近くに雨宿りが必要だったレベル。

IMG_2359_R.jpgIMG_2362_R.jpgIMG_2363_R.jpg
同じくまなみど編のカットらしきもの。
あまり一致度は高くなく、人と車が多すぎるので写真としてはいまいちではありますが、おそらく場所としてはこの辺りをイメージしてそうに思います。

IMG_2367_R.jpgIMG_2369_R.jpg
歩いてきた先にある嵐電(らんでん)嵐山駅。
電車に乗って五条大橋方面に向かいます。
四条大宮から阪急電車に乗り換えて大宮~四条河原町、あとは歩き。
嵐電も、わりと京都に来ていながら初乗りだったので、いろんな初体験をさせてくれる「やが君」ってすごい(エコー←これが言いたいだけ

IMG_2375_R.jpg
朝から動いて少し疲れたのとお腹もすいたので、五条大橋近くのなか卯で鉄火丼。味はまあまあ。
こういう時はひとまずお腹がふくれればいい。

IMG_2380_R.jpg
五条大橋下からのカット。修学旅行で八つ橋などのお土産を見た後のシーンです。
私が行った時は西側か東側(すでに記憶があいまい)のどちらかに進入禁止の柵があったため、両方見てみて下に入りやすい方から撮った方がいいと思います。

IMG_2384_R.jpg
南座にミクさん!? 思わず写真を撮ってしまったのは致し方ないでしょう。

IMG_2402_R.jpgIMG_2391_R.jpgIMG_2399_R.jpgIMG_2408_R.jpgIMG_2419_R.jpg
1枚目、これも念願の建仁寺。さきほどの五条大橋のカットすぐ次のワンカット。
探訪抜きでもこれまた見ごたえのあるお寺でした。
8/26追記
なるのさんからご指摘いただきまして、肝心の1枚目のカット、どうやら同じ建仁寺の別の廊下のようです/(^o^)\ナンテコッタイ
手持ちの写真見直してみましたが、あいにく該当と思われるところは撮ってなかったです。
・・・ま、まあ、また行く理由ができたということで。
8/27さらに追記
今回撮ったのは本坊内方丈から法堂へ向かう通路ですが、正しくは本坊内の潮音庭(ちょうおんてい)のようです。
公式サイトの本坊内MAPはこちらこちら。(2枚目の方が細かいのでわかりやすいです)
8/28未練がましく5枚目に追記
おそらく撮れてる中だとこれぐらいかな?
向きとかまるで違いますが、右に見えている廊下がおそらくそれ。

IMG_3187_R.jpg
11/09 追記。
先日11/4に京アニ様の「お別れ そして志を繋ぐ式」に参加のため京都に行ったため、空いた時間を活用してここの写真を撮りなおしてきました。
上記の建仁寺公式サイトのマップ2枚目で言うと、潮音庭の右側廊下を手前側から見たカットになります。
廊下左にある木の枝の形状、廊下の柵の形状が一致するため間違いないでしょう。

IMG_2427_R.jpgIMG_2434_1_R.jpg
八坂の塔付近。西から塔に向かって坂を上ってきて、少し行ったところから振り返るとこのアングルになります。
1月の時のリベンジ達成! だったんですが、いま見返すとまだ微妙に違いますね。もうちょっと右、右!w
2枚目はその位置よりほんの少し下がって今度は坂の上を向いて撮ります。
こっちはしっかりリベンジ達成。

IMG_2439_R.jpgIMG_2437_1_R.jpg
土産物屋さんのモデルと思われるお店。
おそらく1枚目が軒先のつくりからして該当するのではないかと思います。
名前は梅山堂(ばいざんどう)さん。清水寺参道の一番上、仁王門前にあります。
2枚目、元祖八つ橋ののぼりや看板はあるものの、こちらは店のつくりはまるで違うのでミックスしてあるんではないかな、と。
こちらはもう少し参道を下がったところにあります。

IMG_2443_R.jpg
雨は上がりましたが、今度は陽ざしと湿気で蒸し暑くなりました。
たまらずソフトクリームなどを食します。

IMG_2446_R.jpgIMG_2459_R.jpgIMG_2451_R.jpgIMG_2461_R.jpgIMG_2467_R.jpg
歩き回って疲れたのと、ひとまずの目的は達成したため、宿に戻ろうとして思い出しました。
京都文化博物館で京アニ作品のポスター展示をやっているのを。
しっかり見てきました。
なお、本館(4枚目、5枚目)の展示はエレベーターホールにあり、無料ですが、エスカレーターからいくと有料ギャラリー側に行ってしまいます。1階にあるエレベーターからそのまま3階に上がればよいかと。
(わからなかったら職員様に聞けば案内してくれます)

IMG_2474_R.jpgIMG_2480_R.jpg
阪急電車で嵐山の宿へ戻り、ホテル近くの銭湯で汗を流して疲れを癒します。
ホテルに大浴場がないため、ホテルでサービス券をくれて本来1000円(!)のところ500円で入れます。
様式美、あるいは作法として入浴後にビン入りコーヒー牛乳で一杯。
ほんとうまい! 何故なんでしょうね、あれw

IMG_2481_R.jpgIMG_2483_R.jpg
少し回復したため、昨日は雨でできなかった京都駅屋上の夜景撮影に向かいます。
京都タワーと駅吹き抜け天井。

IMG_2486_R.jpg
撮影前に駅ナカのカレー屋さん「スパイシーマサラ」さんでカレー。
たまこラブストーリーやユーフォで京都に来た時によく食べていた懐かしい味。
美味しかった。
駅ナカらしく、出てくるのが早いのも好み。

IMG_2488_R.jpgIMG_2494_R.jpg
1月の時は昼間だったため、念願の(今回こればっかりだな)夜景撮影。
沙耶香の告白シーンは本当に胸にきます。
ここと、あと嵐山でのボートに燈子と乗っているときの言葉が燈子の気持ちを動かして、侑の想いを受け入れることになるんですよね・・・。
沙耶香の言葉があっての侑と燈子というのがほんとうにもう、ね。
このエスカレーターのシーンも、沙弥香の言葉を察して燈子は先に行くんですよ。
機先を制して「だめだよ」って言うんですが、それを沙弥香だからこそはねのけて告白できた。
二人のこれまでの関係性あってのあの告白はいやもう・・・ほんとに言葉にならない(語彙

IMG_2496_R.jpgIMG_2500_R.jpgIMG_2501_R.jpgIMG_2507_R.jpgIMG_2509_R.jpgIMG_2517_R.jpg
これまた何枚撮っとーと、ですがそりゃ撮りますよ。
ちなみに夜景スポットだけあってカップルやら家族やら人が多いですが、ある程度待てば人のいない時間はあるので、なるべく人がいない写真を撮りたければ待つのみですね。

IMG_2522_R.jpgIMG_2523_R.jpgIMG_2527_R.jpgIMG_2528_R.jpgIMG_2525_R.jpg
愛果とみどりが呼びに来たシーン。
下から沙弥香を見上げたカットは1月の時も悩みましたが、完全に一致はしないっぽいです。
3枚目が有力、ただそれでも後ろの構造物や手すりの角度は違いがあります。
4枚目も候補ですが後ろの構造物がだいぶ異なりますね。
しかしiPhone(8)けっこう夜景撮れますね。
夜景といいつつ、わりに明るい場所ということはあるでしょうが。

IMG_2532_R.jpg
延長戦の夜景撮影を終え、帰りも阪急電車で。
ホームの明かりがきれいだったので1枚。わりとお気に入りの写真です。
銭湯入って下着が足りなくなり、トランクスと靴下を駅前のコンビニで買っておきました。
2日目終了。
管理人のみが読めるようにする

トラックバックURL
→http://optfs.blog62.fc2.com/tb.php/912-1be38053