--/--/--(--) --:-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
P6044071_R.jpg
京都駅ビル、階段広場。駅ビルコンサートの場所。
初日はトークイベント「~1・2年生合同! 宇治でお祭りフェスティバル~」への参加と、今まで行けてなかった場所の舞台探訪。
イベント開場が15時。それまでの間、舞台探訪開始。
駅前の自転車屋で自転車を借りて、出発。

P6044078_1_R.jpg
JR宇治駅。この眺めにもだいぶなじみました。

P6044098_R.jpg
風邪ひきの久美子が葵ちゃんと会うシーン。
あそこの葵ちゃん、えらくかわいいと思うんですがどうでしょうか?(真顔

P6044101_R.jpg
宇治橋南側、欄干がコの字になっているところ。
秀一といるところをあすか先輩と葵ちゃんに見つかって、でもすぐ帰っちゃって、というシーン。

IMG_3638_R.jpg
画面キャプチャと照らし合わせつつ、デジカメとスマホの2台で撮影してたら、出だしはだいぶ時間がかかりました。
宇治橋東詰めで抹茶ソフトをいただきました。

P6044106_R.jpg
レンタサイクルした理由の、天ケ瀬ダムへ向かいます。
麗奈と久美子が自転車で行っていたことに倣う意味もあり。
待ち合わせ場所地点の宇治神社鳥居前。

P6044114_R.jpg
出てすぐに、麗奈と滝先生の思い出の場所も撮影。
角度的には欄干のさらに左から撮る必要がありますが、左側は進入禁止なのでこのぐらいが限界かと思います。

P6044125_R.jpgP6044126_R.jpg
念願の天ケ瀬ダムへ到着。
行こうと思いつつ、なかなかこれなかったところなので感慨深い。
雄大な景色でした。
自転車でおよそ10分ぐらい。
宇治川東岸・西岸どちらからでも到達可能で、ほとんど傾斜もありません。
麗奈が「孤高のトランペット」を吹いた橋は現在は残念ながら入れなくなっています。

P6044137_R.jpg
帰りの景色。川の流れと緑が目に気持ちいい。

P6044143_R.jpg
久美子ベンチならぬ、久美子ポスト。
姉の麻美子に書いた手紙を投函するところ。
ユーフォイベント勢だけでなく、日曜でふつうに観光客が多かったです。

P6044152_R.jpg
宇治市立観光案内所観光センター内のキャラパネル。
交流ノートに今回も記帳。

P6044153_1_R.jpgP6044157_1_R.jpg
いつもの久美子ベンチですが、今回の舞台探訪としては”麻美子ベンチ”として撮影。
および、オープニングでの秀一を含めて3人で座っているシーンも。

P6044160_R.jpgP6044162_R.jpg
京阪宇治駅に戻り、三室戸駅へ。
宇治川を眺めると今日も落ち着きます。
駅の特徴的な外壁を撮影。

P6044173_1_R.jpgP6044177_R.jpg
三室戸駅の西、宇治川東岸の河原に上がります。
特徴的な場所・オブジェクトのおかげですぐにわかりました。
京アニはこういうところをつかまえて映像にするのが本当にうまいですね。

P6044181_R.jpgP6044182_R.jpg
やってきました、宇治川水管橋。
あすか先輩の素の笑顔が見られるシーン。

P6044196_R.jpg
三室戸駅に戻る途中の地点。
あ、ここかぁ! と。
事前情報仕入れてない分、手探りで、見つけた時の驚きとうれしさは新鮮でした。

P6044202_R.jpgP6044217_R.jpg
三室戸駅改札前の踏切。あすか先輩の家が近いという設定から10話で出てくるのと、オープニングでも一瞬登場。
駅ホームで久美子が映るシーン。

P6044232_R.jpgP6044222_R.jpg
これまたようやく来れました、三室戸駅すぐそばの和菓子屋、幸栄堂さん。
あすか先輩にもっていくお菓子として、香織先輩がおすすめしていたお店です。
せっかくなので、ご推薦の栗饅頭を買い求めました。
帰ってから食べましたら美味しくて美味しくて、さすが香織先輩、マジエンジ(殴
店内もこれでもかというぐらいのユーフォ推しでうれしくなります。

IMG_3660_R.jpg
JR宇治駅に戻って、自転車を返却。
昼ごはんにして英気を養います。
よくお世話になっている宇治第一ホテル下にある中華料理屋さんで。

IMG_3664_R.jpg
ゆるりと駅前行ったらバスが満員。うっかりしてました(二度目
足がちょいと痛みつつも、歩いてイベント会場へ。
お花が今度もたくさん。愛されている作品ですね。

イベント会場は撮影禁止なので例によって写真なし。
トークイベント自体はわりとコンパクトと言いますか、いつも通りと言いますか。
お題での作文・トークと新作シナリオでの朗読劇。
いい意味で安定していて、安心して楽しめました。
でも、あれ、けっこう難しいと思いますよ?
狙ったかのようにチーム戦は引き分けで決着。

今回はむしろ、最後のサプライズ発表こそがすべてだったでしょう。
いやはや驚かされました。
まさかの新作劇場版x2本。(→公式サイト お知らせ
山田監督と石原監督ダブル体制とか、もう。もう。
うれしさとびっくりしたのとで、涙も急には出なかったぐらいです。
会場一体の拍手と歓声、すごかった。
まさにイベント参加してこその醍醐味。
キャストにも全く知らされてなかったらしく、黒沢ともよさんはしばらく放心状態で泣きっぱなしでもう、こちらもそれで泣けてきたけれど、本当にうれしかったし、良かったなぁ、と心から。
劇場版2ももちろんのことながら、先がとても楽しみになりました。

P6044250_1_R.jpg
そんなこんなで放心状態になりつつ、先行販売の前売り券も買い求めて、会場を後にしました。
何人か、フォローしているお知り合いにも会えてうれしかったです。
お話していただいた方々、ありがとうございました。

P6044254_R.jpgP6044259_R.jpg
JR宇治駅から在来線で一路東へ。
2回乗り換えして、大垣駅。
なけなしの体力を振り絞って、改札前のカットを撮っておきます。
駅前のホテルでよかった。
管理人のみが読めるようにする

トラックバックURL
→http://optfs.blog62.fc2.com/tb.php/880-d1a2b984
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。