s-IMG_0150.jpg
弘前城、追手門そばのお堀。お祭りに来た真琴たちが通るところですね。
最終日、3日目。
2日目まででおおよその目的は達成できていたので、少しゆっくり目に取りこぼしていたところを回ることにします。

s-IMG_9934.jpg
神明宮裏手。カラスを呼び寄せる魔法を試すところですね。
たしかにほとんど人気(ひとけ)はありません。

s-IMG_9940.jpg
少し西に行って、とちない橋。
5話で真琴とチトが散歩していて、犬に追っかけられた後にやってくるところ。
初日はあまりいい角度で撮れなかったのでやり直し。
実際の地理的には下湯口から少し離れています。

s-IMG_9952.jpg
真琴たちが通う高校のモデル校。
やや南にあり、意外と距離がありました。
設定上はもう少し近いでしょうね。
下湯口からここまで徒歩は少々厳しい。
また、周りが住宅街であまり大きな通りがないので、近づくのに苦労しました。
どちらかというと、西側から行った方がわかりやすいかも。

s-IMG_9960.jpg
陸上自衛隊弘前駐屯地付近。1話で真琴がマンドレイクを”とったどー”したところ。
写真では左手の草むらあたり、のはずですが、原作やアニメであったような、トタン塀(?)は壊れたのか、残骸らしきものがあるだけでした。
ここはけっこう高台になるので、坂を下りていく時に風が気持ちよかったです。

街中に戻って、残りの時間は弘前に多い洋館や教会巡り、それとお城を見ていくことにします。

s-IMG_9915.jpg
途中で弘南鉄道、中央弘前駅。
ふらいんぐうぃっちのラッピング列車が走っているんですが、あいにく時間配分間違えて乗りそこねました。

街中に多い、洋館。
s-IMG_9994.jpgs-IMG_9983.jpgs-IMG_0001.jpgs-IMG_0006.jpgs-IMG_0018.jpg
順に、旧第八師団長官舎(弘前市長公舎)、青森銀行記念館(旧第五十九銀行本店本館)、旧弘前市立図書館、旧東奥義塾外人教師館、弘前市立百石町展示館。
あと、先ほど通った真琴たちの高校のモデル校である聖愛高校、そこから少し北の弘前学院大学内に、弘前学院外人宣教師館もありましたが、平日の昼間で人が多かったため、立ち入りはためらわれたため、近寄って写真を撮るには至らず。
節度は守らないとですね。

s-IMG_9917_1.jpgs-IMG_9985_2.jpgs-IMG_0022.jpgs-IMG_0020.jpg
来てから気づきましたが、教会の数が多いです。
順に、弘前昇天教会、日本キリスト教団 弘前教会、カトリック弘前教会、弘前キリスト教会。
時間があれば、もう少ししっかり見たかったですが、3日目はめっぽう日差しが強くて、体力の消耗が激しかったのもひとつあって、写真を撮っただけになってしまったのは残念。

ふらいんぐうぃっち舞台探訪だけでなく、時間があればこういったところも見てみるとより弘前を楽しめると思います。
街と自然と両方、見所があるところですね。

s-IMG_9989.jpg
真琴が魔女のローブを作り直す話で、布を買いに来たお店。
店構えが特徴的ですぐにわかりますが、場所は意外に見つけにくいかも。

s-IMG_0041.jpgs-IMG_0048.jpg
お昼時になったので、さあどこにしようと探しつつ動いていたんですが、安心感のある大正浪漫喫茶へ再訪。
ナポリタン、アイスコーヒー、1日目とは違うアップルパイをいただいて満足。
お店の方に許可をいただいて、カウンターと厨房への小窓(杏子が「お皿ないよ~」と顔を出していたところ)も撮らせていただきました。
また弘前に来ることがあれば、寄りたい店の第一位だなぁ。
珈琲やお菓子がおいしくて、雰囲気が良いです。

s-IMG_0100.jpgs-IMG_0075.jpgs-IMG_0085.jpgs-IMG_0087.jpg
春陽橋。原作コミック2巻の表紙合わせ。ううむ、もうちょっと下から撮るべきだったか・・・。
犬養さんが占いをしていたあたり。
酔いからさめた時に寝ていたベンチ。犬になって愕然としたことを真琴たちに語ります。

s-IMG_0094.jpg
お堀の桜並木がきれいなあたり。
これだけ広くて長いと、実際壮観でしょうねぇ。

s-IMG_0144.jpgs-IMG_0138.jpg
追手門、そこから中に入ったあたりの景色。
弘前城(弘前公園)は、ともかく、思っていたよりも広くて大きいことが印象的でした。
緑も多くて、とても落ち着く場所です。

s-IMG_0164.jpg
時間もなくなってきたので、ラッピングバスに乗ってみることにします。
およそ40分、街中を10分間隔で運行。運賃100円とお得です。
真琴のアナウンス付き。
それを聴くためだけにターミナルから乗って弘前駅で下車。
アナウンスは全部のバス停で聴けるわけではないですが、1回乗ってみる価値はあると思います。
アニメの声よりはややよそ行きの声になっているのが「少し緊張している?」と妄想がはかどります。
暑い中を歩き回ってたので、いい休憩にもなりました。
といいますか、ゆっくりとか言いながら結局わりとハードモードで動いていたのは性分でしょうかね。

弘前駅で急ぎお土産を買って、帰途につきました。
ターミナルに戻り、青森空港への連絡バスに乗ります。
1時間弱、1000円。

s-IMG_0175.jpg
青森空港に着いて搭乗。
少し驚いたのがプロペラ機だったこと。
とは言っても、そんなに時間自体は変わらない気がします。
乗り継ぎ先の伊丹まで2時間程度。

s-IMG_0177.jpg
離陸してすぐぐらいに窓から撮影。
ここまで高所ではないでしょうが、真琴が箒で空を飛んで見下ろす風景はたぶんこんな感じだろう、とそう思いつつ。

s-IMG_0187.jpg
伊丹で乗り継ぎ待ちしている時に撮った写真。

福岡に着いたのはなんだかんだで23時前でした。
距離の遠さを実感します。
でも、行ってよかったと思える旅でした。
作品の舞台となった場所をめぐるのはやっぱり楽しい。
観光地としても興味深い場所が多かったです。

ふらいんぐうぃっち、地味な作品ではありますが、ぜひもっと多くの人に知ってほしいし、良さをわかってほしいですね。
特に大きな事件もないのに心地いい作品。
いろんなしぐさとか、セリフとか、ディティールがいちいち細かくていいんですよ。
入り口はアニメの方からがいいかもしれません。
原作も好きですが、ちょっとインパクトに欠けるとは思うので。
私がアニメから好きになったためではあると思いますが。
具体的には原作とBDがもう少し売れてくれて、アニメ2期があるといいな、と願っています。(露骨すぎ?
管理人のみが読めるようにする

トラックバックURL
→http://optfs.blog62.fc2.com/tb.php/863-e8cc2583