>Sugar+Spice
どうにかこうにか、1回目は夢路をクリアできました。
おおよそプレイ時間は7、8時間というところでしょうか。
何日かに分けてプレイしたので、一気にやったらもちょっと早いかも。
以下はネタバレ含むので、これから追記で書きますが、少しだけ。
グレイト! 久々にかなりのヒットを引きましたよ。
ですので、注目度と言う面からすると若干埋もれている感がありますが、ぜひ食わず嫌いせずに体験してみて欲しい作品。
以下「Sugar+Spice」ネタバレを含みます。

夢路ルートはプロローグ部分に既に伏線があります。
記憶喪失になった主人公和真が公園に来たときに、なぜか知らない女の子(=夢路)が泣きながらしがみついてきて、というイベントがありまして。
これ、他の子のルートのときは回収しないまま、かな。
そこら辺は「記憶喪失だから」で説明しちゃうのでしょうか…(^^;;
ただ、歌の場合はまずスルーはありえないかと思います。
歌との絡みが最終的に夢路ルートでは重要なので。

…にしても、11月からENDまで一気の流れには正直びっくりしました。
7月でひと波乱あるものの、夢路とはそれ以後良好な関係が続くのですが、終盤になってあれですもの。
普段の日常イベントがそりゃもう雰囲気良くて和やかなだけに、よけいそれとのギャップがすごくてもう…それも計算?
幼馴染3人組(夢路、歌、和真)ということで、ゲームに限らず相当ありがちな三角関係なワケですが。
それでも最後まで目が離せない(文章スキップなんてとんでもない!(笑))というのはそれだけシナリオライターの力量が優れているということだと思います。
このゲーム、基本的にはAVGながらいろいろと面白い試みがしてあって、その上音楽も声優さんの演技も良いので、シナリオをこのレベルで全キャラ通してくれているのだったら、相当ヤバイですよ。
楽しみです。

>ゲームの特徴
まとめるのは後にして(ぉ)、ずらずらっと挙げてみましょう。
・いつでも告白
・イベントを選べる
・女の子って何でできてる?
・好感度を引き継げる
・途中から始められる?


で、そんな新しいゲームでありながら、実のところ描こうとしているのはとことんオールドファッションなことなのかもしれない、と思います。
「告白」とか。
「女の子って何でできてる?」なんて男の子からは永遠の謎とか。
ものすごくとんちんかんかもしれませんが、今一言思いついた私なりのキャッチコピーは
「恋がしてみたくなる(エロ)ゲーム」
ってとこですかね(笑)。

ともあれ、雰囲気のよさは折り紙つき。
まあ、人によっては退屈と思うかも、ですが、それはたぶんちょっとアマノジャクな人だけじゃないかな~。
純愛系好きな人は十分オススメな作品です。
ただ、主人公和真は「この青空に約束を―」の航クラスにモテモテです、つまりはハーレムシチュエーション。
それに嫌悪感感じる人には厳しいかもしれませんね(^^;;
それでもぜひ先入観なしにプレイして欲しいところ。
う~ん、最初にも書いたようにちょっと注目度低い気がするのは…やっぱり「いつでも告白」というのがどうにも危険に見えるからでしょうか(苦笑)。
まあ、私もプレイする前は半信半疑なところがありましたし。
管理人のみが読めるようにする

トラックバックURL
→http://optfs.blog62.fc2.com/tb.php/85-e0975e24