s-IMG_6378.jpg
イベント会場内の大きめのポスター。

体調不良で書けずにいるうちに、公式レポが上がってしまいました(汗
公式サイトのイベントレポ
この機会を逃さずに書いておけ、と思いましょう。
先日10/31と11/1の2日間で行われた、京アニ&アニメーションDoのファン感謝イベントに参加してきました。
それと、1日目の夜には舞台探訪コミュニティ(BTC)のオフ会にも参加しました。
s-IMG_6343.jpg
宇治を早めに出発し、京都駅へ。この景色にもすっかりなじみました。

s-IMG_6368.jpg
会場は京都市勧業館(みやこめっせ)。
写真はすぐ近くの京都府立図書館の紅葉。
近くの平安神宮に以前来たことがあり、わりと場所の見当がつきやすくて助かりました。
とか言いながら、1日目はバスで向かったんですが、ラッシュ時でだいぶ到着に時間がかかったのは失敗でした(だめじゃん

s-IMG_6344.jpg
入り口入ってすぐに、ポスター看板がお出迎え。
前回は参加してないので手探りながら期待が高まります。

ステージイベント・サイン会は2日目の1回目のみ抽選漏れだったため、1日目はあまり物販にさく時間がありませんでした。
そこまで物販が混んでいるという認識がなく、1時間前ぐらいにしか会場入りしてませんでしたしね。
一応、物販列に並んではみたものの、数百人~千人以上並んでそうな状況では10:30開始の1回目のイベントには間に合わないということで早々に離脱。

わかりやすく、イベント参加した順にナンバーを振っていきましょう。
会場内は一部を除いて撮影禁止でしたので、宇治の旅行記よりは写真は少なめです。

1-1 京都アニメーション 監督対談!
ユーフォの石原監督、たまこラの山田監督、氷菓の武本監督と話を聞いてみたい方が3人もいらっしゃったので、今回のイベントの中でも楽しみにしていた一つでした。(境界の彼方⦅石立太一監督⦆はまだ観ていなくて・・・面目ない)
一言でいうと、どなたかのツイートでもそういったニュアンスのコメントを見かけましたが、「山田監督無双(あるいは劇場)」。
なんというか、山田監督という方はこういう場で全部持っていく感がありますね。
しかも意図してではなくて天然で。
話しぶりに、こういうことが言いたいとか、そういう熱意をすごく感じて引き込まれてしまう。
あと、すごく楽しそうに話されますよね。
前からそうですけど、もういっそう、ファンになりました。
誤解のないように言っておきますと、他の監督の方々の話も興味深かったですよ。
人となり、年代の違い、いろいろと個性が見られて良かった。
あと、監督同士の仲がいい意味で遠慮ないなぁ、と(笑

1-2 「無彩限のファントム・ワールド」ステージイベント
1月から始まる新作TVアニメのイベント。
公式サイト
ユーフォの石原監督ということで(参加決めた時点では)作品の中身はわからない状況でしたが、ぜひにもと。
イベントでの初公開PVもあり、なかなか楽しめました。
ヒロイン舞役の声優、上坂すみれさんも参加したお絵かき会がだいぶひどかったです(楽しいという意味で
学園物で異能ファンタジーという触れ込みのこの作品、PVの印象としてはシリアスよりに見えるのですが、石原監督からはもっとコメディタッチですよ、というコメントが。
(今日買ってきたニュータイプ2016年1月号でも同様のコメントが載っていました)
わりと気軽に観て笑って楽しめる作品ということでしょうか。
本放送に期待しましょう。

イベント参加の合間に展示スペースにも足を運びます。
展示の一部が撮影可能。

s-IMG_6414.jpgs-IMG_6435.jpg
作品のスタンディポップ。
ここでは数を絞ってますが、そりゃもう、けっこうな数が並んでいてかなり壮観でした。
2つ目が新作「無彩限のファントム・ワールド」のヒロイン舞ですね。

s-IMG_6442.jpgs-IMG_6452.jpgs-IMG_6457.jpg
そして、これまでの作品のポスター。
これまた数が多かった。
写真はひととおりもちろん撮りましたが、中でも個人的に選ぶならこれでしょう、ということでこの3つ。

これらのコーナーの奥が撮影禁止。
ですが、そここそがたぶんこのイベントの胆だったかなぁ、と個人的には思いました。
時間に余裕がとれた2日目にじっくり見たので、詳しくは2日目に書きます。

1-3 石原立也監督 サイン会
実際にお会いした監督は、ユーフォでのオーディオコメンタリーで想像していたのと近かったですね。
落ち着いた年配の男性。
監督対談でもそうでしたが、一回相手の言葉を受け止めてじっくり話される印象。
サイン会はどうやらどの方の場合も共通の進行だったようで、サインをされる方を紹介して、少しだけトークをしてすぐにサインに移る、という感じでした。
せっかくならもう少しお話を聞きたかったのも本音ですが、イベントのスケジュール的なものがあるのでしょう。
サインをするのも丁寧にされていて、各回50人ぐらいと狭き門ながら時間はけっこう必要でしたしね。
さきほどの新作イベント直後だったので、楽しみにしてます、と一言申し上げてサイン色紙をいただきました。

1-4 京都アニメーション×アニメーションDoは、いま!! スタッフ座談会!
こちらは演出(2人)、キャラデザ、色彩設計、美術監督、撮影監督の6人の方で座談会。
それぞれの役割でのお話が聞けて、これも興味深かったです。
参加してみるものです。
ただ、みなさん、けっこう京アニ&Doに就職した経緯がある意味身もふたもなかったような・・・(^^;:
実際そうだとしても、今働いている環境はすごく良いということで話されていましたね。

s-IMG_6469.jpg
1日目はイベント朝から夕方までずっと参加。
物販に向かい、買えるものだけ買いました。

この後のオフ会もあるし、荷物も増えたので、いったん宿にチェックイン。
反省の記事でも少し書きましたが、今回予算的な都合でこの日はカプセルホテルに泊まりましたが、正直あまり休まりませんでしたね(苦笑
なんか落ち着かなくて。

--------------------------------------------------------------
関西BTCオフ会(2015秋のBTC関西支部会)に参加のため、待ち合わせ場所から会場の居酒屋へ。
非会員ではありますが、せっかくの機会なので行ってみることにしたのです。
今まで基本単独で聖地巡礼していて、いろいろと難しさも感じていたこともあり。
ただ、結局、このオフ会に関しては写真全く撮れてないあたりがだいぶテンパっていた証拠ですね(汗
実は当日に京都の南座で響け!ユーフォニアムの感謝イベントが行われており、そこからの合流を待つ形で少し遅めの開始でした。

20名(だったはず)とそこそこ大人数の会で、みなさんやはり熱心な方ばかりでした。
パッションを感じるというか。
まあ、反省にも書いたとおり、あまり私から話しかけることができずにちょっといろんな機会を逸したなぁ、というのがかなり猛省すべきところなんですが。
今後の人脈というか、そういう直接的なこともですけど、せっかくなのでいろいろと実際の探訪体験をお聞きすべきだったですねぇ・・・。
でも、それだけ反省点があるということは今後に活かせるわけで、行ったかいはありました。
日頃twitter上で見かけている方に実際にお会いするというのはなかなか面白い体験でしたね。
少ないながら絡んだことのある方にはお話も少しできましたし。
関西支部長のセキさん(@seki_saima)をはじめとして、みなさんにはお世話になりました。
セキさんには「探これ Vol.3」(探訪同人誌)もいただいてしまい、ありがたいやら恐縮するやら。
次回こういった機会に参加できるなら、もうちょっとしっかり意識をもって参加したいですね。
名刺と名札も忘れずに。

オフ会お開きのあと、ほろ酔いで宿へ。
1日目終了。
管理人のみが読めるようにする

トラックバックURL
→http://optfs.blog62.fc2.com/tb.php/846-850b04a8