コミックの感想、どういう形式で書いていたか、忘れちゃったよ・・・どんだけ書いていないかがわかろうというもの。
(タグ付けしている記事で)一番新しいので2011年? いや、嘘だ。見なかったことにしよう。

それはさておき、
>やがて君になる  1巻 仲谷 鳰(なかたに にお) 電撃コミックスNEXT
発売前に既にネット上では評判になっていたので、さてどんなものか、とやや色眼鏡で入ったのは致し方ないところ。
参考記事:
【コラム】 「やがて君になる」第一巻発売記念!仲谷鳰先生インタビュー(アキバBlog)
百合作品に対する想いを語る――電撃コミック『やがて君になる』作者突撃インタビュー!(電撃オンライン)

・・・でしたが、これはほんとうに良かったです。
個人的にはかなり好み。

以下、一応ネタバレのため注意。
上記記事のインタビューで面白かったのは、内容自体の興味深さもありますが、担当編集の方がだいぶ入れ込んでいるなぁ、ということ。
理解あるサポーターがそばにいるのは心強いでしょうね。
あんまり暴走しすぎても困るでしょうが、要らぬ心配かな。

コミック表紙の二人がいかにもな絵面。
綺麗で優等生の先輩と、とりわけ目立つところのない後輩が出会って、というのは間違いではないのですが、その内面はむしろ後輩の方が落ち着いている、というのが面白いところです。
先輩の七海 燈子(ななみ とうこ)があたふたしているのはえらくいじらしく、かわいい。
対して、後輩の小糸 侑(こいと ゆう)はどこかずっと覚めていて、クールにいるというのはなかなか目新しく感じました。
でもなんかしっくり来たんですよね。
べつに新奇をてらったわけでもないと思います。
ただ、この物語においてはこれが素直な形なんだろう、と。

私はそんなに百合作品に関心があるわけではなくて、しっかり読んでいるのはこの作品で3作品目ぐらいでしょうか。
マリみて(マリア様がみてる)、ささめきこと、そしてこの、やがて君になる。
・・・そんな位置づけをしたいぐらいの作品になってほしいなぁ、と楽しみにしています。

ふと思ったのは、私個人としてはたぶん「百合が好き」というわけではないんだろうな、ということ。
ソフトだけど間違いなく百合、ではありますが、だから面白く感じたんではないんだろうなぁ、と。

だいぶ話が飛びますが、エロゲで「ToHeart2 AnotherDays」(Leaf)という作品がありまして。
(→参考記事:「ToHeart2 AnotherDays」感想4:郁乃クリア+郁乃攻略(18禁、かつ攻略ネタバレ注意))
世間ではあまり評価されてないというか、賛否両論のルートながら、個人的にはたぶん一番好きです。
で、ヒロインの郁乃のセリフに
 「恋をしたから一緒にいたいんじゃない。
 ずっと一緒にいたいという気持ちが恋なんだ。」
というのがあります。
・・・つまり、この漫画に置きかえて言うと、
「百合だから好きになったんじゃない。
好きになった作品が百合なんだ。」
という感じ。
ちょっと無理やり感があるけれどもね。
でも、そんなことを思いました。

話を戻して、今後の見どころとしては、誰に対しても特別な気持ちをもてない侑がどういう風に変わっていくのか、というところですね。
まったくドキドキしないとはいっても、橙子に対してほだされているというか、情が移っているのは感じられるので。
ただ、1巻最後での意味ありげなセリフが非常に気になります。
諦めなければいけないもの、ってなんなんだろう。
管理人のみが読めるようにする

トラックバックURL
→http://optfs.blog62.fc2.com/tb.php/841-515cdeb5