>たまこラブストーリー 一之瀬六樹(いちのせむつき)、KAエスマ文庫
ところどころで見られる文章表現の拙さや映画との相違、突っ込みどころは多々あるものの、満足度は高い。
それはたぶん、映画では見えてなかった部分が描かれているからでしょう。
まあ、映画自体はあれで足りないものはないと思っているので、あえて裏の部分を見られたことに対する喜びと言いましょうか。
そんなわけで、映画そのままノベライズではなく、映画では描かれてなかった部分に目が向けられている作品。
特にチョイに関してはこの小説版オリジナルのお話です。
みどり、たまこ、チョイの3人の中編で構成されていて、それをさらに分けて交互に入れ込んでいる構成。
もちろん映画観ていることが前提にはなりますね。
盛大にネタバレですし。
そして、表紙・口絵・挿し絵、そしてカバー外した下のイラストまで全て堀口さんの手になるもので、いやもうさすがとしか言えない表現力の高さ。
これを見るだけでもほんとに買う価値はあると思います。
どの話も印象深いんですが、しいて挙げるならオリジナルであるチョイの話かな。
「チョイラブストーリー」的なもの、という予告は聞いてましたが、まさかあそこまでやるとは。
いや、これ、映画のBD特典アニメでやりませんかね(無茶言うな
(テレビ)アニメ・映画ともあからさまではなくともチョイが王子に惚れているだろうことは見てとれましが、もうね。
これは期待どおりどころか期待以上でした。
デラの通信機能を使って、たまこたちからの応援メッセージを送られた下りもつながりが感じられてグッド。
ちょっとだけ映画ラストシーンからの後の雰囲気をおしはかることができますし。

ヒロインであるところのたまこは実は一番印象が薄いかもしれません。
とはいえ、これは映画で彼女の葛藤を十分見せられている部分が大きいからかな。
たまこがどういう状態だったのかはあの映像で雄弁に語られているわけですから。
具体的な心情描写がなくてもね。
ただ、補完、とも違うか、あえて映像では出していなかった部分を描いている分、興味深いというのが今の気持ちとしては正確かな。

そしてみどりですよ。
もともと、映画ではみどりはものすごく切ない役回りで、みどりの立場で観るとたまらないものがありました。
それがこの小説版を読むことでさらに悪化、いやいや、こう描いてくれましたか、と。
映画の裏での部分でみどりがどういう思いだったのかをよくつかんでくれており、形にして見せてくれました。
特にあの朝でのシーンとか。
あえて描かないことが映画ではよかったと思いますが、実際に描くとそうなるだろうな、と感じられます。

いろいろ雑多というか、会話は冗長なところが目立ちますし、逆にあってほしいシーンはなかったりして、小説単体としてはうまくまとまってないとは正直思います。
ただ、やはりアニメ・映画を観てからだと満足度が高く、そういったマイナスを差し引いても読んでみたかいのある小説版でした。
管理人のみが読めるようにする

トラックバックURL
→http://optfs.blog62.fc2.com/tb.php/826-7ff325af