s-356.jpg
横須賀中央駅前歩道橋から。
観光スポットはだいたい2km圏内ぐらいで、歩き回るにはちょうどいい大きさの町でした。
s-315.jpgs-318.jpgs-322.jpg
ペリー上陸記念碑。
朝から小雨が降る中をまずは久里浜へ。
公園内に記念館もありました。
そして、やはり海。
ペリーがここに来たのはそんなに昔のことでもないんですよね。
ほんの150年前。
そんな地を訪ねてみるのも旅行の時ならでは。

s-334.jpgs-346.jpgs-349.jpg
続いて浦賀に移動して、愛宕山公園。
はい、艦これの愛宕さんとは関係がありません(由来は京都の愛宕山)が、この際行ってみるかー、という。
前日に続いてのハイキング。
これまたけっこう山登りで、日頃足をあんまり使わない身には少々こたえました。
でも、晴れてたらなかなかの眺めだったと思います。
上り途中にお社。
山頂までに中島三郎助の招魂碑や咸臨丸出航の碑、与謝野鉄幹・晶子夫妻の歌碑があります。

s-353.jpg
浦賀ドック。
今は公開されてないそうです。
バスで浦賀駅に移動中に撮影。

ここから横須賀に別れを告げ、横浜に移動。

s-410.jpg
それでまあ、やってきたらいきなり街ですね。
ビルが高い、人が多い、雨は強くなってくる。(最後のは関係ない)
横須賀はわりとこじんまりとしていて、福岡から来た人間からするとちょうどいい感じだったんですが、ちょっとばかり人並みと街並みにあてられました。

s-425.jpgs-434.jpg
あまり時間もなかったので、目標は絞りました。
練習帆船日本丸と、そのそばのみなと博物館を見学。
ここまできたら徹底的に船と港にこだわってみようというところ。
まあ、意図しなくても横浜もそういう町ですね。
雨が強くて、あんまり日本丸の甲板部分が見られなかったのは残念でしたが、日本丸の船内、それから博物館は予想以上に見るところが多かったです。
横浜自体はかなり新しい都市であるというのは初めてちゃんと理解しました。
また、博物館で面白いなと思ったのは、職員の方が来訪者に対してエリアごとに分担して無料ガイドをしてくれることです。
勉強になりました。
(ガイド不要の場合はそのように伝えればいいと思います)

この後で中華街にでも行ってみるかと思ってましたが、意外にここで時間を使ったので、ご飯食べてからそのまま宿泊地へ移動することに。

s-448.jpg
風我亭 十六穀米の黒カレー
旅行に来て三度目のカレー。
あっさり風味で美味しかった。
十六穀米ということで色が独特ですが、カレーに合った粒粒な感じでくせのない味。

さて、遅めの昼もとったし、早めに宿泊地に向かうかというところでこの旅行最大のアクシデント。
ICカードが見当たらない。
幸い、駅事務所に届けられていて事なきを得ました。
前もってわりと多めにチャージしていたので、なくしたらけっこう痛かったところでした。

まあ、カードは見つかっても、その後がまた大変だったんですが。
平日の夕方に山手線に乗るってことを頭に置いてなかったので、だいぶきつかったですね。

なんとかたどり着いて、この日は東京の親せきの家に一泊。

思ったより長くなりましたので、4日目も分けて書くことにします。
管理人のみが読めるようにする

トラックバックURL
→http://optfs.blog62.fc2.com/tb.php/812-eaacedfc