--/--/--(--) --:-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あいかわらず更新のペースが上がりませんが、まあ義務で書くわけではないので。
とはいえ、多少は意識して書くようにしないとそのままになりそうです。

今回は、氷菓のオーディオコメンタリー、”艦これ”はじめました、RDG再読、というあたりで。
>氷菓 全22話 11巻
原作をよく活かしつつ、独自の解釈とシーンも加えているいいアニメ化だと思います。
絵もきれいで良い。
全巻購入マラソンは達成したものの、見るのを中断していたので、やおら頭から見直しています。
また、オーディオコメンタリーを聴いてみたらこれがかなり面白かった。
声優さんではなく、監督の武本康弘さん、シリーズ構成の賀東招二さんが担当で、色気はカケラもない。
ですが、この作品を作った核になるお二人のお話なので、内容も非常に興味深いし、男性二人ならではの気安さというか、言いたい放題なところが楽しい。
何より原作をどう映像化するか、考えて苦心されたんだな、というところがわかってうれしい。

>艦これ
DMMx角川ゲームス、という、こう言っちゃなんですが意外な組み合わせ。
しかも、旧日本海軍の艦船を擬人化(美少女キャラ化)するという、イロモノっぽいアイデア。
正直あまり興味なかったものの、iPhoneでいろいろとソシャゲ試していることもあって、試しにプレイしてみたら予想外に良い感じです。
キャラがかわいらしいのがまず良いわけですが、それだけではなく、あまりしゃかりきにキャラ集めて強化して、というゲームでないのがいいかな、と。
いわゆるガシャ(ガチャ)がありませんし、課金してレアカード、というよくあるシステムもない。
一般的なソシャゲでの行動力にあたる燃料と弾薬は時間ごとに自動補充で、ある程度プレイしたら放置して、しばらくしたらまたプレイする、という実に地味というか、まったりしたゲームという印象。
いやまあ、一般のゲームも行動力は自動回復なんですが、このゲームの場合、燃料弾薬を課金してまで調達しようとは思わないんですよね。
さてなぜだろう?
ただし、ダメージ喰らいすぎて耐久力0になってしまうと沈没してそのまま復活できないので、そこはシビアです。
幸い今のところ全員生き残っていますから、なんとかこのまま続けていきたい。
やっと重巡・水上機母艦が出てきたぐらいなので、まだまだ先は長い。

>RDG 全6巻
6巻は文庫化されてなかったので、久々に単行本を買いました。
ラストはちょいとさわやかすぎるというか、まだまだ描けそうな感じだけれども、あれはあれできれいな終わり方。
1巻から泉水子を見ていると、精神面で非常に成長が見えたのがやはりうれしかった。
そんなわけで、もう一度頭から再読中です。
管理人のみが読めるようにする

トラックバックURL
→http://optfs.blog62.fc2.com/tb.php/794-8d590bbf
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。