携帯→iPhone N705i→iPhone5

だいぶ放置してたら、いつの間にか広告出るほど(1ヶ月更新なし)になっていました。
ここのところ毎回言っているような気もしますが、本やゲームに触れてないわけではなく、こっちに記事を書かないようになってきていることの方が問題なんですよね。
まあ、そのへんはぼちぼち考えるとしまして。
まず、今月から携帯をiPhone5に換えました。
キャリアも10年以上使っていたdocomoからauへ。
今年の初めに端末交換までして使っていた携帯にはただ、おつかれさま、と言いたい。
iPhoneにしたことにはいろいろ理由はあるんですが、やはり使いやすそうだったのが大きい。
実際触ってみて、その予測は間違ってなかったと思います。
レスポンスが良いというのは重要ですね。
そして、個人的に持ち歩く端末はコンパクトなことに意味があると思っているので、大きすぎないのがいい。
まあ、年のせいか老眼気味になってきたので、その意味では辛いんですけど。
若者よ、今こそ言えます、眼は大事にしましょう。

RDG 1-6巻
>RDG レッドデータガール 全6巻(→読書メーターに感想
小説では久々にがっつり読んだのがこれ。
1巻読んだ時点では今ひとつピンとこなくて、次第に面白くなっていった感じ。
主人公の泉水子が当初はまわりに流されるまま受動的だったのが、精神的に成長して運命を自ら変えていくところがよかったです。
その成長は彼女の心情がその都度詳しく描写されることで実感できるし、非常に共感できるところが多かった。
守り手(というのも本来違うのでしょうが)となる男の子とのラブな部分も初々しくてほほえましい。
少女漫画っぽいという感想をそこそこ見かけましたが、たしかにそうだなぁ。
いつの間にか名前呼びを許しているツンデレ少年最高ですよ。
この二人は恋人というよりも、いい伴侶になりそう、というイメージ。

ふたりの恋愛書架 ホリミヤ
それからコミック。
ラブコメ2本。
>ふたりの恋愛書架 1巻(ヤマザキコレ、芳文社、まんがタイムきららフォワード連載)
意外なところにいた傑作。
これを面陳にしていた、とらのあな福岡店グッジョブ!
年上美人の本屋店主というとつい「ビブリア古書堂」を思い出しますが、漫画と小説の違いもあって、もう少しコミカルでほわっとした感じ。
そもそも女性の方が恋愛に対して積極的ですしね。
男の子がスタート時点で中三なので法律上は無理とはいえ、「ほとんど結婚」あるいは「半同棲」…いやもう、甘いというか羨ましい。
とはいえ、1巻ではひとまずのプロローグという印象で、さすがにこのままのんびりとした空気のままではないかなぁ。
でも、個人的にはそのままでプリーズ。
お互いを必要としているところ、必要とされているところが嫌味なく描かれているところがいいです。
抱えているものは決して軽くはないだろうけど、それを全てさらけ出す必要は果たしてあるのかどうか。
とはいえ、ケンカするほど仲がいいという領域にはまだないので、もうちょっとお互いを知っていく必要はあるでしょうね。
この二人なら、たぶんケンカも糧としていけそうだから。

>ホリミヤ 3巻まで刊行(原作:HERO、作画:萩原ダイスケ、スクウェア・エニックス、月間Gファンタジー連載)
ポエムっぽい煽り文が天才的ですね。
ToHeartのコミック版にも似たような雰囲気のがありましたが、書かれたのは同じ方かしら。
それはさておき、これまたニヤニヤせざるを得ない雰囲気でひたすら突き進む作品。
3巻になって、ようやくお互いに告白した、というところで仲の進展具合といったらスローもいいところですが、それでも読ませるのは、この二人の距離感の描き方が上手いからだと思います。
まわりのキャラも主張しすぎず、適度な存在感があって良い。
絵も安定していてきれいで読みやすいです。

拡散性ミリオンアーサー
ソーシャルゲームは1端末1ゲーム、が適量だと思います。
iPhoneは選別中でいろいろ試し中。
PC:リング☆ドリーム(サクセス)
PSVita:拡散性ミリオンアーサー(スクウェア・エニックス)
iPhone:先生! 次はバトルの時間です。(サイバーエージェント)
これまでのゲームとはプレイの感覚がだいぶ違いますね。
特にスマホでのプレイとなるとそこまで情報量が載せられないし、プレイ時間も細切れで短時間になるため、ルールが細かすぎるのは逆にマイナスです。
となると、プレイのしやすさがたぶん最重要かなぁ。
あとは短期間というか短いサイクルでも見返りがあること。
それからキャラが魅力的なこと。
文章が多く盛り込めない以上、グラフィックの要素が大きいですが、短いセリフの中にも印象に残るものがあればそれはそれで貢献度は高いと思います。
まあでも、やっぱりある程度はキャラグラフィックは統一してかつレベルの高いものがいいなぁ。
…そんなわけで、PCゲームの「LOVELY×CATION2」とPSVitaの「フォトカノ Kiss」は全く進んでないです。
管理人のみが読めるようにする

トラックバックURL
→http://optfs.blog62.fc2.com/tb.php/793-3831f2a4