外伝4つをクリアして、さらにもう一つオープンした外伝をクリアした後で終章を再クリア。
かなりネタばれが強いので詳細は追記で書きますが、本編の補完・救い的な意味が大きいですね。
合計5人仲間になるものの、この終盤も終盤ではあまりユニットとして使う機会はほぼないわけで。
終章は初回と同じくあっさりとクリア。
無限湧きっぽいので、相手しているとキリがないのです。
ちゃちゃっと敵将倒して終わるのが楽。
改めて再クリアして、いいゲームだと感じました。
当初の敵からさらに黒幕が出てきて、さらに…という流れはお約束過ぎる嫌いはありますが、引っ張り過ぎず最後までテンポよく進められるのが良かった。
寄り道もできるし、しなくてもいい、という自由度の高さが好きですね。
ステージ突入しても、いったん全体マップに戻ることもできるので、多少苦戦するな、と思えば経験値稼いでから、ということも可能で、非常にプレイがしやすかったです。

最後の外伝で仲間になる5人については、本編で救われないところがあるキャラばかりなので、プレイヤー側が選んで救いを持たせられることは良いと思います。
ロードの人とペガサスの人はキャラ性能的にもかなり優秀ですが、この後がすぐ最終戦のため、それまで育てていたキャラをさしおいて出撃させるのはためらわれます。

クリアするまで勘違いしていたことがあって、クリア後に2回目のプレイで引き継げるのは名声値だけですね。
てっきりステータスとか装備まで引き継げるかと思っていたら違っていて、そこだけは誤算でした。
なので、ハード・カジュアルで2回目を始めたものの、若干モチベーション下がり気味ではありますが、ひとまずいけるところまでは進めてみようと思います。
管理人のみが読めるようにする

トラックバックURL
→http://optfs.blog62.fc2.com/tb.php/762-37021fd7