--/--/--(--) --:-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
PSVita UMDPassport適用のフォトカノ

早速プレイしてみました。
肝心の処理速度ですが、期待していたほどは待ち時間が短縮されていません。
体感としてはPSP版の半分よりもちょっと上、60%ぐらいまでかな。
だいぶ短くなっているとは思うんですが、いかんせん元がかかり過ぎなので、これでもテンポの悪さはあまり改善されてないです。
残念。
画質はこれまたそこそこ上がった感じかな。
パッと見てそこまで劇的に変わった感じにはなりません。
それでも発色がいいので色合いが鮮やかになって、なおかつクッキリ見えるようにはなったかな~、という印象。
そうそう、PSVitaにはこういった、PSPからの移行の場合に応じた画面オプションがあります。
(→PSVita公式「PS Vitaで"PSP"規格ソフトウェアを遊ぶ際、バイリニアフィルタリングを使用するには?」
画面を長めにタッチすることでオプション画面が開くので、お好みで「バイリニアフィルタリング」と「カラースペース」を選んでみると多少見え方が良くなるかも。
…しっかし、タッチパネルでオプション開くってのは正直わかりにくいやね。
直接画面見えている箇所で変更できるから、わかれば非常に使い勝手がいいのだけど。

追記。
音質はかなり上がりますね。
PSVitaの方がかなり音に広がりがあって、音も細かく聞こえるので心地よいです。
管理人のみが読めるようにする

トラックバックURL
→http://optfs.blog62.fc2.com/tb.php/735-941fa4a8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。