--/--/--(--) --:-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
零の軌跡クリア +碧の軌跡購入

最終戦直前にゲーム内で表示されていたプレイ時間は100時間近く。
もっとも、電源入れたまま寝落ちしてたことが頻繁にあったので、実質はその半分ぐらいかと思います。
それでも長いけれど、その分は十分楽しめました。
久々にオーソドックスなRPGをプレイして充実感があります。
碧の軌跡もこの際買ってしまったので、そのままプレイできますが、さてどうしたものか。
なにしろEnd画面で「to be continued」の文字があったので、確実に続きは「碧の軌跡」で! ということになります。
まあ、実際長い時間のわりにあっさりとしたEndingでしたし。

楽しめたのは、プレイしていてほとんどストレスを感じなかったのがまず大きいと思います。
画面切り替えでのロードもほとんどありませんし、無駄に戦闘も長くないし。
最終戦だけはさすがにちょっとどうかというぐらい敵の攻撃時の演出が長かったですが、あれぐらいならご愛嬌でしょう。
キャラにそれぞれ味があり、しっかりとした土台を作ってあるため存在感がありました。
個性が立っていながらゲーム全体を通したカラーとしてはまとまっている。
そこがいいと思います。
ストーリーは上記のようにひとまずの決着、というところまでながら、とてもテンポよく最後まで引っ張っていってくれました。
期待を外すことがなかった。
敵の造形、終盤の展開、それらは少々古めかしいとも言えるし、定番すぎるとも言えるでしょうけど、私はこういうお話が見たかったので何ら不満はありません。
まあ…熱い物語を見せてくれた半面、ラブな面はかなり抑え目なのでそこら辺は物足りなかったけれども。
明確にそういう雰囲気になるのはIBCでのあのシーンぐらいですから。

プレイ時間の大半を占めるのは接敵することで開始される、移動ありのターンバトル。
この部分がなじめたのでゲームをしていて楽しかった。
シンプルながら演出もけっこう凝っていて、バランスのいい戦闘部分だと思います。
基本的には物理攻撃と魔法(このゲームでは「導力」によって発動する「アーツ」と言います)攻撃を繰り返して技(ゲーム中では「クラフト」)に必要なポイントをため、場合に応じて技を使って決める、というのが常道。
技にはコンビクラフトと呼ばれる、キャラ2人での強力技もあり、これが見ばえもさることながら威力が大きいので、ボス戦では大いに重宝します。

ゲーム中での謎部分(お使い的なところ)はけっこう難しかったです。
3章が特に悩みましたね。
どれだけ街を歩き回ったことか。
ヒントがあまりわかりやすくないし、救済のヒントもないっぽいので、あまりにわからない場合は攻略サイトを見た方がいいかもしれません。
私はどうにかこの部分は自力で攻略できましたが、実績の方はてんで足りてませんねぇ…。
今確認したら12/48で1200P(ノーマルで1度クリアした時点)。
さすがにオールコンプリートする根気はなさそうな気がします。
ノーマルでもけっこう手こずったのに、難度高いモードでクリアできるとはとても思えない。
というか、正直けっこう長いゲームだし、続きも手元にあるしで、せいぜい2周、つまりもう1周が限度でしょうね。
ダンジョンの仕掛けがそこそこ頭使いますが、わりと力押しでどうにかなります。
要は順番どおりにスイッチなりレバーなりを押していけば、いつかクリアできるというものなので。

さて、クリア後特典で何を開放してから次に行きましょうか。

11/20 補足追記。
いわゆる魔法、このゲームではアーツと呼ばれるもの。
これを使うためにはクオーツと呼ばれる各属性を持った結晶回路を導力器(オーブメント)にセットする必要があります。
…って言うても何のことやら、でありますが、つまりは火や水といった属性を持つアイテムを各キャラが持つ魔法用の道具にセットすることで魔法が使えるようになる、ということです。
で、その属性アイテムの組み合わせによって使える魔法の種類が異なる、というわけ。
ゲーム中ではわりに悩んだものの、ノーマルでクリアしてみた感じ、そこまで悩まなくてもクリアはできます。
各キャラに回復魔法を持たせるのは必須として、後は味方強化の補助魔法、それから各属性の攻撃魔法があれば十分戦えると思います。

ちなみに最終戦(お約束の連戦。3連戦ですが実質は2戦目が最終戦で3戦目はイベント的)の感触。
 ロイド:物理攻撃要員。手が足りない時には回復や補助を受け持つ。
 エリィ:技で回復ができるため、魔法で戦いつつ、必要に応じて回復。
 ティオ:魔法攻撃の柱。弱点属性の攻撃魔法を叩き込む。完全防御の技が一つあるため、敵が強力なアーツの構えに入ったタイミングに合わせてその技を使ってダメージをシャットアウトする。
 ランディ:物理攻撃の柱。ロイドとの協力技のダメージが高いため、技のポイントはこれにつぎ込む。
また、アーツは発動に少し時間がかかるため、回復魔法が間に合わない時にはアイテムでの回復を行った方が良いです。
管理人のみが読めるようにする

トラックバックURL
→http://optfs.blog62.fc2.com/tb.php/695-b3518186
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。