--/--/--(--) --:-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011/11/13(日) 19:50 携帯修理とRPGと読書の日々
携帯は無事交換修理完了。
頼んで初めて知ったのですが、交換対応って翌日には届くんですね。
日本企業のサービスは改めてすばらしい。
今どき固定電話がなかったりすると、携帯が唯一の電話である人も多いでしょうから、当然の話なのかも。
最初の交換で届いた電話がなぜか前の携帯カードを読み込まなくて、再度取り寄せることになったというオチはつきました。
ともあれ、旧い機種とはいえ外観がだいぶきれいになったので気持ちが良いです。
もう少しだけお付き合い願いましょう。
零の軌跡はPSPの電池が度々なくなるぐらいにはしっかりハマってプレイ中。
その度にアダプターに繋いで充電しながら継続しております。
当初は街の人々に認められてなかった主人公以下の面々が、結果を残していくことでだんだんと認められていく過程が描かれているのが良いです。
日常的な事件を片付けつつ、裏側にある世界全体の問題にも徐々に踏み込んでいく感じも無理がない。
その辺の新しい事実の見せ方が上手く、どんどん次を見たくなります。
キャラ同士の関係も丁寧に描写がされています。
特にメインキャラの4人は「いいチームだな」というのがよくわかると言いますか。
恋愛部分はかなり進展が遅いのはちょっと残念かな。
主人公の鈍感さとその一方での無自覚な”人たらし”っぷりが歯がゆくも面白い。
操作としては、ややフィールドが広く、移動のショートカットがあまり親切でないために時間がけっこうかかるきらいはありますが、ノーマル難度であれば経験値稼ぎのためにうろつくことはほぼないので、それほど気にはなりません。
本編をただ進めるのみならず、いろいろと試すことでゲームも少し有利になるし、楽しめることが多いので、慌てず騒がず、ゆっくり進めるのがオススメです。
自分がいかに効率偏重になっていたか気づかされるような、そんなゲーム

ヴィクトリアン・ローズ・テーラー、「聖者は薔薇を~」はパメラ編を先に読んだらば、「あ、これって、本編先のほうが良かったかも・・・」とちょっぴり後悔。
そうなるかな、と予想していた流れの一つではあるものの、想像以上に急展開でした。
いや、でもパメラらしい選択でしたね。
いよいよこれは本編の方も読まないことには…というか、もうほぼクライマックスまで来てるので言うまでもありませんが。
管理人のみが読めるようにする

トラックバックURL
→http://optfs.blog62.fc2.com/tb.php/694-f1301b5e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。