2011/08/07(日) 21:44 PSPの稼働状況
本体購入して10日ほどたちまして、実のところ、体験版の「零の軌跡」が一番プレイ時間長いんじゃないかという意外な状況。

タクティクスオウガは思ったよりリハビリに時間がかかっている気がします。
15年ぶりの再構築にあたって新しい要素が多少加わってはいますが基本同じ内容なので、それってつまり今の自分が過去の自分に負けているということに他ならない。
こんな難しいゲームをよくあの頃の自分は熱中してプレイできていたものだなぁ、と早くも弱気になりつつあります。
今より時間があり余っていたとはいえ。
2本目はモンスターハンター3rdを買いました。
どっちかというとゲーマーとしての義務からプレイしてみようかという感じですね。
昔は国民的ゲームといえば据え置き機のRPGでしたが、今はこれのように通信対戦もしくは協力プレイができるゲームが幅広く受け入れられていると思います。
売り上げ本数というよりも購入層の幅の広さという点で勝っている印象。
何よりこれだけ数(売り上げ)が出て、「みんながやっている」というのは安心感とそして(ゲーマーとしては)プレッシャーがあるわけです。
ゲーム本来の楽しみもさることながら、誰かと一緒にプレイすることが楽しいんですよね。
人とのつながりの道具として機能している面がかなりあると思いますし。
余談ながら、先日プレイしたエロゲの「LOVELY×CATION」にゲーセンから家庭用ゲームまで達人級の腕前のゲームオタクのヒロインがいるのですが、ゲーム内の描写から想像するにやはり彼女がプレイしていたのはこのモンハンらしきゲームでした。
まあ、彼女はエロゲ以外はオールラウンドなのでゲーセンのシューティングから格闘までこなすわけですが…って話がそれました。
ゲーム仲間の友人と今日プレイしてみて感じたのは、現実に顔をつき合わせて(ゲーム機を持ち寄って)のPSOみたいだ、ってこと。
細かいクエストを数人の仲間とクリアしていくところが似ていると思いました。
MMOみたいに延々とやる感じではないので、時間を区切ってプレイしやすいのはいいですね。

前述の「零の軌跡」は続編の「碧(あお)の軌跡」が9月に出るので、それまでにはプレイしておきたいな、と思っています。
私にとってこういうちょっと古めかしいRPGの方がたぶん性に合っているのでしょう。
既に9月は購入予定が2本あって(ワルキューレロマンツェイヅナ斬審剣ともにリンク先18禁注意)ちょ~~っと予算が厳しいものがあるので、場合によってはどれかを後回しにしないといけないかも。
管理人のみが読めるようにする

トラックバックURL
→http://optfs.blog62.fc2.com/tb.php/677-a6e991cc