とりあえず並行プレイしてみる。

>大帝国
1ターンがわりと短いというか、序盤は特にやれれることも多くない。
システム、つまりどういったところで勝ち負けが決まっていくのかがまだつかめないので面白くなる以前の話。
早速7ターンあたりで隣国に敗北喰らって先行きが怪しい。
アリスのこの手のゲームは「戦国ランス」ぐらいしかまともに攻略してないので、少々手こずりそうである。
(大悪司、鬼畜王ランスは途中で挫折)
シナリオはここまでのところ良くも悪くもなし。
いわゆる第二次大戦を宇宙に持ってきて美少女ゲームの作法でパロった代物なので、わりとなじみのある名前のキャラが出てくるが、実態は妙なデフォルメがかかっていて、まだ内容を判断しづらい。
オリジナリティがないと片付けるのは簡単だが、そこはそれ、いかにもアリスソフトっぽいノリは持ち合わせており、安心感と同時に代わり映えのなさが少しある。

22:45 追記
プレイマニュアルはパソコン上で見られることにようやく気づく。
よくよく見ればパッケージ内のスタートガイドに説明があるのだけど、てっきりゲーム内にあると勘違いしていたので。
スタート>すべてのプログラム>アリスソフト>大帝国>大帝国プレイングマニュアル
で見られる。

まあでも、できればゲーム内から見られるほうが親切だったかなぁ、というのはちょっとした恨み節である。
特に、ゲーム序盤からけっこう難度高いし、何やっていいいのかすぐに分かりにくいゲームだけに。

>穢翼のユースティア
ようやく体験版の範囲を超えた。
ここまでで3時間ぐらい?
ルート選択に関わりそうな選択肢が数箇所。
というか、選択肢はあまり頻繁には出てこない。
基本的に綺麗な絵がある読み物。
文章は安定していて読みやすい。
先が気になる程度には謎の見せ方も上手い。
ルートは誰になるやら分からないが、あるいはまだルート確定の段階にまでは来ていないのかも。
管理人のみが読めるようにする

トラックバックURL
→http://optfs.blog62.fc2.com/tb.php/631-3eb9f8f7