(リンク先18禁注意)

ダウンロード版をプレイ。(→公式サイト
すぐにプレイできるのはいいけれど、逆に言えばストップがかかりにくいわけで…いやはや、恐ろしい。
まあ、面白いので後悔は「あんまり」してません。
そもそも廉価版(スペシャルプライス版)があるので、値段ならそっちの方が半額で済みます。
ボリュームは意外とあるのでまあよしとしましょうか。

設定がまず個人的に好みです。
「バイオ」かなり好きですし、「HOTD」のアニメとマンガにはハマってますし。
そういった世界観をエロゲー風味にするとこうなる、という感じ。
そして、それだけでもないと思います。

グラフィックはイベントCGにかなり良いものが多い。
反面、立ち絵は出来不出来の差が激しいですね。
なんかバランスが悪いのがちらほら。

ゲームシステムはわりとわかりやすい選択肢でのマルチエンド。
選択肢の数はちょうどよく、様々な可能性を見られるのでいろいろと試したくなります。
そこで障害になるのが、なぜか時間制限のある選択肢。
常にではなく、状況的に緊迫している時に出現します。
このようにした意図はわかるのですが、正直不要だと思います。
結局のところ、選択肢をいろいろ試して全部の分岐を見てみたいのが人情で、そうなってくると時間制限のある選択肢で直前セーブができなくて、検討する余裕もない、というのはストレスにしかならないからです。

攻略は思ったよりあっさりトゥルーにいけました。
運が良かったのか、あるいはそこまで難度高くないのか。
ノーマルとの違いは「焦ってヒロインの誰かとくっつかないこと」のようです。
真ヒロインは義妹。
自分の好みとしてはマル子先輩しかありませんが。

ひとまずあまり分岐を試さずにクリア優先で進めたので、残りの分岐はロードからいろいろと試してみます。
個人的には面白い作品だと思います。
ただ、ダウンロード版の値段設定は少々高いかもしれません。

------------------
2011/01/06 追記
シナリオについて。
テキストにややおぼつかなさがあります。
ただ、異常な状況の中での人々の混乱、人間の本性がむき出しになる様子、主人公たちの生き様、そういったものは描けていると思います。
単純に推敲不足なのか、文章執筆の修練が足りないのか、文章の流れが悪く感じる箇所があるので、そこは今後の課題でしょう。
管理人のみが読めるようにする

トラックバックURL
→http://optfs.blog62.fc2.com/tb.php/601-450fd568