前回がやや小休止な感じでしたが、またしても動きあり。
というか、純夏は相変わらず打たれ弱いなぁ。
それだけ汐の存在が彼女にとって大事だということだけれど。
冒頭に汐の祖母が足を痛めているらしい描写あり。
んん? そんな伏線あったっけ?
汐を訪ねてきた時は特に怪我しているような様子はなかった筈です。
いきなり持ってきたとしたら、ちょっとらしくない話の振り方ではありますね。
汐があまり躊躇なく「祖母の所に戻るかも」という話を持ち出したのもあまり解せないというか。

ただ、お互い依存しすぎな関係をある程度克服していくことは必要だと思います。
お互いを大事にすること、大事な存在であることを誰にも隠さないこととは別にね。
ひと頃は自分の感情を押さえ込むあまりに自分で暗い絶望の淵にはまり込んでいた汐ですが、ここにきてあきらかに純夏よりも精神的には先んじていますね。
一人で生徒会会長としてがんばっている所がそう。
ここから純夏が汐だけに頼らず、かといって過剰に強がりもせず、汐を大事にしながら自立していく道を進んで欲しいと思います。

余談ながら、汐が天然の魅力をふりまいて生徒会役員たちがKOされていたのは笑いました。
あれはたしかに高校生男女には強烈でしょう。

夏休み①ということは、例によって何話かこのエピソードでかかりそうです。
じっくり見守っていきましょう。

------------------------------
19:45 追記
同じアライブ掲載作品なのでついでに書きます。
早くにゲットした方からの情報で聞いてましたが、想像以上でした。
あそこまでの凄惨な描写をするとは思い切りましたね。
原作者の方も「よくやってくれた。原作者なのに落ち込んだ」というニュアンスのコメントをブログに書かれていましたが、まさにそういう感じです。
 →山田版『聖剣の刀鍛冶』第21話と拍手お返事
ここまでの描写をあえてすることで主人公の敵のあり方が否が応にも伝わってきます。
説得力ありすぎ。
ここからどうやって立ち直るんだろ…。
画力には元々注目している作品ですが、お話もこれは目が離せなくなってきました。
管理人のみが読めるようにする

トラックバックURL
→http://optfs.blog62.fc2.com/tb.php/598-7dccc613