マリア様がみてる 実写映画 前売り券他

実写映画鑑賞、第二弾。(→映画公式サイト
キャストの見た目、舞台となる学園の雰囲気、音楽、どれもかなり良かったです。
ただ、いかんせん、演技が酷かった。
残念ながら、悪い実写映画の例ですね。
原作小説1巻分を上映時間103分ということで、かなり尺には余裕があった感じ。
原作にあるたいていのイベントは入れ込んでありました。
(アニメ版だと3話で約60~70分という所でしょうからその差を考えてもらえば想像がつくのでは、と思います)

入りの部分は、インパクトのある「祥子が祐巳を呼び止めてタイを直すシーン」ではなく、いつもの登校風景でした。
同じような登校風景を見せておいて、2回目に「お待ちなさい」とくる脚本。
当たり前の日常から突然のハプニング、というのを表現したいのかな、と思いました。

全体の流れ、個々のシーンのセリフもほとんどアレンジは少なく、原作どおりのつくりに徹していたのは評価したいと思います。
かなり歴史のある学園、というのを強調するためか、原作から想像するよりもずいぶんと古めかしい校舎、教室、机。
よく探してきたものだ、とか妙な感想を持ってしまったりもしました。
(クレジット見ると、ロケ地は茨城と長野のようです)
薔薇の館のみならず、いろんな場面で床を踏む音がかなり響いていたのが印象的。
あえてそうしているのでしょうね。
生々しいというか、臨場感はありました。
音楽は雰囲気に合っていて良いものだったし、音楽なしの部分も効果的。

キャストの見た目はかなり原作のテイストに近いと思います。
そりゃ、あのきれいな原作イラスト、原作小説での描写が少々非現実的なところはあるにせよ、そこから想像される現実のキャストとしてはかなり良いセンじゃないでしょうか。
特にいいと思ったのは紅薔薇さま(蓉子)、白薔薇さま(聖)、祥子あたりかな。

……が、どうにも演技が心もとないので台無しです。
抑揚がないし、役になりきれてないし、テンションの幅もないし、言ってみれば台本の下読みしてるような感じは正直どうにかならなかったんでしょうか。
祥子は気位高くて自信家で、それが故の笑顔の明るさ、華やかさ、といった面があると思うのですが、単に不機嫌なだけに見えました。
祐巳は祐巳で百面相というよりは戸惑いの表情ばかりが目に付いたような。
キャストの多くは見た目はかなりいけてるのに、かなりもったいないですね。
俳優はやはり演技力あってのものというのが反面教師としてわかってしまった映画でした。

唯一、自然な演技で良かったのはお芝居用の衣装合わせのシーンかな。
シンデレラの衣装を着た祐巳に薔薇さま方がふざけてじゃれついて、それを見た祥子が少し怒るのですが、逆にその場が笑いに包まれる、というシーンで、ここは変に力が入らずに自然な感じでできていたと思います。

簡単に言うと、この映画には明るさや生き生きとした感じが足りなかったんですよね。
原作はたしかにシリアスなシーンもあるけれど、基本的には前向きで素直な女の子である祐巳の性格そのままにコメディが基本線だと思うのです。
ですがそういう雰囲気はあまりなかった。
ちょっと特殊な女子校という設定を意識しすぎて、雰囲気作りで構えすぎちゃった所もあるんじゃないかな、と推測しています。

追記。
そういえば、本編開始前にひびき先生のイラスト(?)、アニメ版声優のお二人(福沢祐巳/植田佳奈、小笠原祥子/伊藤美紀)での寸劇がありました。
「マリア様のたしなみ」というタイトルで劇場でのマナーについて注意を促す、という内容で、さすがに演技はしっかりしたものでした。
(同様の仕様での寸劇が、実写映画公式サイトでも3本見られます。こっちは映画の宣伝)
だからこそ、よけいに本編中での俳優さんの演技を見て聞いて落差を感じたのかもしれません。
--------------------------------------------------------------
ちなみに、先週土曜日からなので公開直後、九州・中国・四国では1館だけというのにえらく客の入りは悪かったです。
平日の朝っぱらということを考えても…。
---------------------------------------------------------
2010/11/14 追記
前売り券特典の「シークレット・エピソード・ブック」こと「マリア様がみてる ARE YOU READY ?」の感想も書いておきます。
16Pなのでごく短い短編で、原作1巻の1ヶ月前、体育祭でのエピソード。
1巻で祐巳が蔦子さんと話していた時に話題になった、祥子さまとのツーショット写真(鉛筆サイズ)が撮られた経緯についても触れられています。
さすがにここまで30冊以上この物語を書いてこられただけあって、文章は安定していますね。
1巻の段階だとけっこう話し言葉なども手探りな感じ(お嬢様言葉が過剰な印象)があったものですがそういうこともなく。
ボリュームはないですが、本編開幕前の祐巳と祥子が見られる、というだけで読む価値はあると思います。
前売り券特典に留めずに、その内本編の文庫にどれかおまけで付けたりしないでしょうかね。
(一応、特典付き前売り券は追加販売されているようです)
正直、こんなことを申し上げたくはないのですが、あまり実写映画そのものはオススメ出来ないので。
管理人のみが読めるようにする

トラックバックURL
→http://optfs.blog62.fc2.com/tb.php/571-f91b4762