--/--/--(--) --:-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/10/31(日) 23:29 近所の本屋利用のススメ?
前職では注文自分ですれば済んでいたわけですが、いざ離れてみると目当ての本がないときにどこで買うのか、というのはけっこう悩むポイントではあります。
我が家は街にはそこそこ近いものの、それでもちょっとだけ距離があるので、本だけ買うために出るというのは実は少し面倒だったりします。
福岡の大きめの本屋は基本的に街中にあり、それ以外の場所ではなかなか品揃えという意味では厳しいのです。
もしくは通販、とはいうものの、毎度数冊の本のためにダンボールがたまっていくのもどうなのよ、というところ。

ただ、最近は最寄の私鉄駅内にある小さい本屋で買うことが増えました。
雑誌定期購読が毎月2冊。
欲しい本で店に入らないものは注文して買います。
場合によっては予約もします…する予定。

(* ちなみに、本屋店員経験者からの意見として、本屋で注文する時は土・日・祝日は避けて平日の方が良く、時間は夕方より前が良いです。
なぜなら、出版社は平日でもけっこう早めに閉めることが多く(特に大手)、土・日も休みのところが多いからです。
本屋は土・日関係なく開いているのですが、出版社への在庫確認&注文はその場合週明けになってしまう可能性が大)

最近は私が働いていた頃よりは注文してから届くのも少しは早くなった気がします。
その本屋が取引のある問屋によっても多少変わってくるとは思いますが。
小さい本屋のいい所は、入り口入って買い物して出てくるまでがすぐに終わる、ということですね。
自転車止めた場所からも歩く距離がほとんどないですし(駅の駐輪場利用)。
なんじゃそれ、と思うかもしれませんが、これらは意外と侮れません。
天神や博多(福岡の中心街)の大きい本屋だと、駐輪場自体がけっこう目的の本屋から離れていてそこから少し歩く必要があり、さらに店の中に入っても中が広いから歩く距離が長い。
目的(買う本)が決まっている場合はその距離が意外と心理的に障壁である、ということに最近気づきました。
…まあ、目的決めずにいろいろ本を見て回るのもまた別の楽しみではあるのだけど。

そんなわけで、本の買い方の選択肢として「近所の本屋で注文」というのも意外とありかもよ、というお話。
もちろん、本屋自体も改革の必要はあるでしょう。
特に、注文した本が届くまでの時間の短縮化はもっと推し進めた方が良いと個人的には思います。(全国的に)
出版社も土・日であっても開けて欲しいですね。
管理人のみが読めるようにする

トラックバックURL
→http://optfs.blog62.fc2.com/tb.php/567-c258d463
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。