--/--/--(--) --:-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先月休みだったので2ヶ月ぶりのささめきこと。
まさかの風間兄の話で寄り道ですが面白かった。
ああ、もう、好きだなぁ…このマンガ読めて生きてて良かったと本気で思います。
カラー扉絵は純夏・汐の結婚式衣装です。
モーニングとウェディングドレスがよく似合ってます…純夏の夢ですね。
既に気持ちは通じ合ってるけど、こんな光景を現実のものとするにはもうしばらくの年月は必要でしょう。

本編進めるのかと思いきや、ライター兼少女小説家である風間の兄のお話でした。
結婚式で昔の彼女さんと会うという意味で扉絵の服のチョイス(結婚式の衣装)だったとわかります。
本編がかなりいいところまできているのにサブキャラ話というのは人によっては拒否感があると思います。
でも、まず読んでみて判断して欲しい。
それぐらい、いきなり挟んだ話にしてはすんなり読めてちょっと期待させてドキドキさせて最後に落とす(くすりと笑えるという意味で)という見事なショートエピソード。
風間兄の先輩はこの話で初めて出てきた人ですが(おそらく言及すらこれまで無い)、唐突に出てきた的な違和感が無いんだよなぁ…ひいき目入ってますけどッ(笑)
ようやくひと頃の落ち込みようから回復した妹汐、それを支えていたのはなによりも兄。
彼の人となりをよく表していて、人物像にしっかりと肉付けがされました。
さらにこの作品への思い入れが深まること必定です。

…というか、かっこよすぎでしょ彼(笑)。
元彼女をちゃんとフォローして。
それでいて、あそこまで気を持たせておいて一人で帰しますか!?(驚
妹大事な兄の信念はぶれないなぁ。
てっきり流されるかと思ったし、それでもいいと思ったんだけど。
まあ、主役二人純夏と汐の話がきっちり方がついて、お話がたたまれる段階になったらこの二人についてはちゃんとフォローが入ると思います、いや切実に希望。
それまでの間でも時々は顔を出してちょっかいを出して欲しいものです。
ほんと、いきなり出てきたにしてはいいキャラすぎますよ。
関西弁でお嬢様だけど豪快で強気で実は素直になれなくて泣き虫とか、このままで終わらせたらもったいない。

汐がウルトラマンのお面を部屋の壁にかけてましたが、あれってその3で出てきたものか、それとも前回でお店で見かけたものでしょうか…。
いずれにしても、汐にとっては思い出の一品であることは間違いない。
あの時は純夏の想いも知らず自分でもまったく意識はしていなかったけれど、仮面越しとはいえキスしたことは事実でそれは今思い起こせば大事なものですね。
仮面越しでないキスをいつか。
汐の晴れやかな顔を見ればそれは遠いようで意外にすぐその日は来そうにも思えます。

2010/03/14 訂正。
2010年2月号の話数番号が「その35」と雑誌に書いてありましたが「その34」が正しいですね。
誤植のようです。
 →5巻最後が「その30」で2009年11月号が「その31」、2010年3月号のみ休載。
 その30 2009年10月号
 その31 2009年11月号
 その32 2009年12月号
 その33 2010年01月号
 その34 2010年02月号
 (休載) 2010年03月号
 その35 2010年04月号 ←この記事はここ
管理人のみが読めるようにする

トラックバックURL
→http://optfs.blog62.fc2.com/tb.php/509-9968267a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。