--/--/--(--) --:-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
>聖痕のクェイサー #3「求めし者たち」 解禁版(ディレクターズカット版)
いつものように規制版との違いメインで進めます。
 →#3「求めし者たち」 規制版(放送版)の感想はこちら
規制板の段階でそこまで見えない場面がなかったことから予想はついていたように、ここまでの回では一番おとなしめ。
それでも地味にやらかしてるシーンは随所にありました(笑)。
冒頭は規制板ではOPダイジェストの後に来ていたサーシャが燈の胸を”探求”するシーン
やってることは胸もみしだいて乳吸おうとしている(これはギリギリ未遂)というハレンチ行為(しかも寝ている相手に!)なんですが、本人はこれで大マジメだから性質が悪い。
眠ってはいても、胸揉まれて乳首押し込まれてなんだか感じてしまってるっぽい燈の声が何気にクるものがありますね(うわぁ
このシーンの分、放送版よりも1分程度本編が短くなってたと思われます。
訂正。時間は24:07で同じですね。

続いてOPの後、悪夢(辛い思い出の夢)にうなされて起きたサーシャとまふゆ・燈のシーン。
ここはほとんど変わらないんですが、真冬の下着(薄緑のパンツ←お気に入り?)が見えたり、燈の

「(ファースト…)おっぱい」(カッコ内は規制板でもセリフあり)
「おっぱい出ちゃったのかな?」(前の回の戦闘時にマグネシウムにソーマを吸われた件)

というセリフが実はあったことが判明。
ただ「おっぱい」という言葉は他のシーンでは使ってることがあるので、シチュエーションと使い方によってアウトという基準があるようです。
このシーンにおいてもまふゆがサーシャに対して「いくらなんでもおっぱいに偏執的すぎるでしょ」と言っていて、このセリフは規制版でもありました。
正直よくわかりません(笑)。

プールで美由梨が餌食に。
規制版では窓ガラスが映ってたシーンでサーシャに乳鑑定されます(わしづかみされて揉まれる)。
いや、美百合さん実はけっこうなグラマーボディで胸も立派なものをお持ちなのに、「だらしない乳」で切り捨てるあたりサーシャの紳士っぷりはとどまるところを知りません(ぉ

まふゆと燈のお風呂シーン、まふゆ好きとしては一番期待していたのですがこれが今回の残念ポイント。
お湯はそのままピンクの泡だらけだし、お風呂から上がっても乳首に泡が頑強に残ってるとかどういうことですか(笑)。
いけません、いけませんよ~、解禁版でハッチャけなくてどうしますか←落ち着け
お肌の露出はそんなこんなでがっかりでしたが、燈にサーシャのことを聞かれて照れているまふゆが今日もかわいい。
しかしまあ、サーシャの視線が実はある高さ固定で動いていたのをみなさんお気づきでしょうか?
まふゆと燈の胸の高さに固定されてるんですよ(笑)。
美しいうら若き乙女二人が胸を隠して”ある箇所”隠さず、という状態にも関わらず胸しか見ないとは実に首尾一貫した変態ぶりですね(ぉ
追記。
乳首の泡はなぜか燈の方はないですね。
メインヒロインだけにまふゆの乳首は焦らす作戦か?(笑)

夜中抜け出したサーシャがやはりテレサと密会してソーマ補給。
ここが今回では一番エロかったかな。
テレサ役茅原さんの熱演がエクセレント!
またサーシャが意外にも悪ノリしてないか? という面も見られました。
乳首甘噛みしたり、いつもの左乳のみならず二人とも膝立ちの姿勢から押し倒して右の乳まで吸うとか。

「乳首の色を合わせてやる」

とかほざいてました(ぉ)。
しかも表情が珍しく悪い子になってる。
あんたが吸いたいだけなんちゃうか、と。
でも年相応にエロいことに興味あるのは実は健全なことですね。
「探求」とか言ってないでストレートに「吸わせろ」でもいいような…でもそれじゃサーシャらしくないか(笑)。
まあ、その前にテレサが

「何かありましたか? 吸い方が前より優しい…」

とか言っちゃったのがそれを誘発したとも言えます。
右乳吸われる前に「いや…」と拒否の言葉は発していたものの、あれって実は激しく吸って欲しいっていう高等な誘い文句なんじゃ?(ぉ
恥ずかしいのは恥ずかしいらしい(2話でまふゆの質問に答えてます)のですが、サーシャに対してはパートナーとしてだけでなく異性としても好意は持っているのでしょうし。
またこれを見ていたまふゆの心中のセリフ「(サーシャとテレサが)吸ったり吸われたりの関係なんだものね…」も実はカットされてたんですねぇ…その必要あるのかな?(笑)。
どっちにしても、のぞきが見つかって怒られてるまふゆ(と燈)が相変わらずサーシャと夫婦漫才的に言い合っているのが微笑ましくていいですね。
二人とも素直じゃないんだから(笑)。

船上でのカーチャとママ(と名前をつけてるクェイサーとしての使い魔みたいな存在)のシーンはおそらく変更なし。
兵士の首が飛んだりしますが、直接にはほとんど見えないままでしたね。
まあ、これはこれで文句ありません(笑)。

更衣室でのカーチャと華とのシーン。
すわ胸でもはだけてキスしたりしたのかと思ってたら、肩口でした。
ちょっと残念(ぉ
キスマークの描写はカットされてたみたいだけど。
またセリフが細かくカットされてまして

「この変態!!」
「(このお姉ちゃんがカーチャに)いやらしいことしようとするの」

とかは規制版ではなかったですね。
特に「この変態!!」(大事なことだから2回(ryはやばい(笑)。
Mな人にはたまらんセリフじゃないでしょうか。
ノーマルな私でもゾクッときましたよ(ぉ
二面性ある役を平野さんが好演しています。
(「君届」でもくるみを上手く演じてましたねぇ…)
そして日笠さん演じる華の壊れっぷりが短い場面なのに既にはんぱない。
日頃はボーイッシュで口の悪いいじめっ子な彼女に突如目覚めた同性のかわいい女の子への恋愛感情(というより本能的な性的欲望)。
やりすぎとも思えるぐらいの熱演、まさにハラショー!
来週あるだろう、本気の壊れっぷりに期待しましょう。
最後のシーンではやっぱり”見えません”でした(笑)。
そこに見えるは”ブラックホール”のみ。
さすがにアレやっちゃうとまずいでしょうね…。

* 一応書いておくと、華の性癖そのものは現段階では変態とまでは言えないと思います。
珍しくはあるけれど。
同性を好きになっちゃってもいいじゃない。
ただ同級生の女の子に対してはこれまで何の関心もなかったのだとしたら、それは幼い女の子に対してだけ好意があるということでちょっとアブないのか…。
まあ、それがこの作品の本題ではないのでこれ以上は控えます。

やっぱり大好きだなぁ、このアニメ。
エロへのこだわりとバカバカしい設定のお話を真剣に描こうとする情熱、そしてものすごく大マジメなんだけどどこかズレてる主人公サーシャが面白かわいくて愛しい、そんな作品です。

そうそう、アニメワン配信版限定の予告(規制版・解禁版共通)はまふゆ好きとしてはたまりませんでした。
サーシャに対しての一人芝居でお小言を1分近くしゃべるので至福の時です。
(したがって予告という意味では音声は役に立たず(笑))
あんだけ始終角突き合わせていても本当は好きなんだろうなぁ、サーシャのこと。
世話焼き女房が板についてます。
料理上手だし、お掃除洗濯はしっかりしているっぽいし、生活態度のチェックも行き届いてるし、いい子ですよねぇ。
管理人のみが読めるようにする

トラックバックURL
→http://optfs.blog62.fc2.com/tb.php/477-7cad4a60
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。