--/--/--(--) --:-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
>ささめきこと その32 鼓動(コミックアライブ2009年12月号掲載)
一週回って元に戻ったような感じ。
骨折した風間のことを蒼井さんからのメールで聞いた純夏が汐のところに全速力で駆けつけた――という入りだったので、これは決着か!? と思ってたら違いました(^^;;
ん~、ま、戻ったようで進んでいる部分もあるんだと思います。
大きいのは、汐が純夏への依存心を自覚して反省して、これを克服しようと動き出したことですね。
そのあたり、気にかけてアドバイスを送っていた朋絵も一安心。
結果的には空回りではあるけれど、彼女の気遣いはやっぱり尊いものです。
が、汐との会話の流れでうっかり「純夏が汐に恋心をもっている」(=実は汐と純夏は両想い)ということをバラしてしまいました(笑)。
まだ純夏は告白に至ってなかったのに(汐のところに駆けつけた時は、怪我がたいしたことないことに安心して、結局告白には至らず)。
ん~、でもこの場合、朋絵に悪気がないのは汐にも分かっていることですしね。
この後に純夏と会ってさすがにちょっとギクシャクはしているものの、お弁当で「あ~ん」を純夏に要求したりして、悪く転ぶ心配はなさそうです(笑)。
純夏が走っている一連のシーンで双方のモノローグが入り、どちらも
 「もう嘘はイヤ!」(汐)
 「もうウソは嫌!」(純夏)
と心情を明らかにしました。
(まあ、それを相手に告げずに今回は終わったわけですけど(苦笑))
二人とも自分に嘘をつかないという覚悟を決めたので、表情が明るい。
やっぱり笑顔が一番です。
それがここのところずっと見られなくて悲しかったですから。
これからどういう風に話をまとめるか、注目ですね。
告白は「中身は中二男子」(アニメスタッフからの純夏評、らしい<ささめきらじお)な純夏からかな。
というか、そこはなんとか決めて欲しい(笑)。

やはり、今回の見所は”純夏全力疾走!”
その間の二人の心情描写も良かったです。

そういえばアニメもAT-Xで視聴しているのですが(地上波とは1週間遅れ)、原作漫画にある心情描写がカットされているのが、ちょっと残念。
(これはアニメ独自の演出なのでしょう。あえて絵(表情や声)で表現しようとしているのだと思います)
絵は大きな違和感もないし、シナリオの作りも悪くないのですが、気持ちの描写が物足りない。

ともあれ、いい最終回でした(違
管理人のみが読めるようにする

トラックバックURL
→http://optfs.blog62.fc2.com/tb.php/450-6e5a099e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。