>ドリームクラブ
2人目、理保攻略成功。
このキャラはメーカーの過去のゲームでも登場していて、つまりメーカーお抱えのヴァーチャルアイドルであるようです。
 →公式サイト「絶対双葉主義」
設定上は「出演する映画の役作りのため」ということになってます。
やや天然で、明るく素直でスポーツも得意、グラマー、とこれまた魅力的なキャラ。

現役アイドルだけあって(?)、カラオケモードではけっこう難しい。
2つ以上のボタンをかなり間隔近い中で正確に押さなきゃならないことが多いため、この手のゲーム得意でなければ、パーフェクト狙うよりもどっちかに絞った方がいいですね(^^;;
(両方狙ってボタン押し間違えてシンクロ度が下がるよりも、どちらかのボタン押してポイント稼いだ方が得策<押さない場合、ポイント増加もしない代わりに減りもしないため)

イベント進行はわりと早い段階からいい仲になりつつ、意外と夏過ぎ~初秋までかかりました。
ん~、季節デートが秋にも一つあることを考えると、いっそ遅らせてもよかったかなぁ、と思いますが、エンディングが早く見たかったのでそのまま進めてしまいました(笑)。
話の柱としては
 ①プロデューサーにセクハラされている&交際を迫られている
 ②妹(名前は真琴。その内、別のゲームで出てきたりするんでしょうか(←妄想))が詐欺に引っかかって借金
という二つの問題を解決すること。
②はわりとすぐに解決。
ドリームクラブでは借金返済のために働いていた、という側面があったため、一度辞めようとしますが、主人公の存在により思いとどまります。
罪な男ですね(笑)。
①が最後まで尾を引きますが、エンディング直前で断ることを主人公に宣言、そのままエピローグになだれ込みます。
①と②のイベント進行が並行しているため、ちょっと流れがギクシャクしてる感じはあったのが残念かな。
個人的な意見とすれば、①を見せておきつつ、②を一連のイベントでしっかり解決してから①にまた戻ってそのままクライマックス、でいいと思います。
や、本編も実際大枠ではそうだったはずですが(若干記憶があいまい(ぉ))、ちょっとイベントのつながりが不自然な感じだった気が。
まあ、トータルとしては、いいシナリオだったかな。
アイドルと恋人関係に、というのは定番ではあるけれど、やっぱり一つの「ドリーム」ですよね~<ちょっと上手いこと言ったつもり(爆)

さてさて、早くもカラオケモードに秋、いや飽きが来つつあるのが不安ですが(ぉ)、3人目は発明娘こと”みお”にアタックしてみようかと思います。
…ん? やっぱり巨乳?(今気づいたかのように
管理人のみが読めるようにする

トラックバックURL
→http://optfs.blog62.fc2.com/tb.php/429-529c4e41