>ドリームクラブ
再プレイでどうにか玲香ハッピーエンドを見ることができました。
わりと必要フラグ(必須イベント)が多く、時間が必要なため、攻略は早手回しにしていかないと間に合わないですね。
あ~、ともあれ玲香はいいキャラです。
気さくに話せてノリもいい反面、恋愛に関しては初心っぽいのが、ある種アコギでベタだなぁ、と思いつつもぐっときます(笑)。
ドリームクラブが1年で会員期限が切れることについては、特にエンディング迎えても何かわかるわけでもなかったです。
単純に時間制限、というわけでもないんじゃないかな~、と疑っています(^^;;

ピュアであることが「ドリームクラブ」会員へ選ばれる条件、という点から私は桂正和のマンガ「電影少女」に出てくるレンタルビデオ屋「GOKURAKU」を連想しました。
たぶん何らかのモチーフにはしてるんじゃないかなぁ。
偶然という可能性ももちろんありますけど。

ゲームプレイに関してはだいぶ慣れてきました。
まあ、これは難しすぎるよりはいいんじゃないでしょうか。
危惧としては、ゲーム性にバリエーションがそこまで多くはないことから、ちょっと飽きが早いかもしれないな、ということ。
一通り(8キャラ+隠しが2キャラ)クリアするまでは楽しめそうだけど…あるいは途中で息切れするやも(^^;;

2人目は「ブレイク寸前のグラビアアイドル」こと、理保で始めてみました。
理由はなんだろう・・・なんとなくだけど、やっぱりスタイル?(ぉ
玲香も性格は別としてスタイルはいいですしね~。
どうもそういう好みで選んでいる気がします。
声がゴトゥーザ様こと後藤邑子さんなので、どうしてもみくる(@涼宮ハルヒ)に聞こえてしまいます(笑)。
特徴ある声ですよねぇ…。
管理人のみが読めるようにする

トラックバックURL
→http://optfs.blog62.fc2.com/tb.php/428-730021ef