「傷物語」、「偽物語」上
「偽」の下巻の写真撮ってなかったので、ついでに撮影。

>傷物語(西尾維新、講談社BOX)
堪能しました。
なんというか、満足度は一番高いかもしれません。
間違いなく、他の物語も面白いのだけど。
自分でもよくわかりませんが、バトルが多かったことが理由でもないでしょうし…。
化物語と偽物語に至る出発点だからかな、やっぱり。
そこが語られたことでいろいろ腑に落ちたので、すごくすっきりした感じがあって、それが読後の満足感に繋がっているんだと思う。

羽川翼、ただものではないところをこれまでも見せてくれてましたが、今回は完全にヒロインです。
底知れないですね。
もちろん、これは阿良々木暦とキスショット・アセロラオリオン・ハートアンダーブレードのお話です。
ただ、暦に感情移入して読むと、翼の強さ・優しさが否応なく身にしみるので、存在感が半端ない。
「化」でのヒロインは戦場ヶ原ひたぎですが、裏(ヒロイン)は羽川翼じゃないか…なんてことだ。
脈絡もなく連想したのはPCゲーム「パルフェ」での里伽子の立ち位置かな(ぇー
この「傷」において暦はこれだけ翼にフラグ立てまくっといて、「化」でひたぎになびいちゃったのは正直ひどいよ!(笑)
そう思わざるを得ない”翼大爆発”(←なんか違うけど、勢い勢い(ぉ))の巻でした。

ストーリーに関しては、これまででもっともどんでん返しがすさまじかった。
というか、初手で暦は間違っているんですよね。
それが最後の最後でわかるという。
でも、ああいう行動に出ちゃうのが暦が暦であるゆえんでもあるんでしょうから…なんとも言えない。

”超着やせする”あるいは”隠れ巨乳”の翼ですが、そういう意味でも期待通りの大活躍でした(ぉ
や、しょうがないじゃない、男の子ですから←開き直ったよ!
アニメでは冒頭にもってきていた翼との遭遇シーン(つまりパンモロシーン)がこの「傷」の中にある、ということもわかりました。
凝ってるなぁ…どう見ても「傷」までアニメ化する前提ですわな。
もちろん熱望しております。
話戻して、体育倉庫で「胸触らせてください」→「触りなさい」のシーンとか。
基本バトルものでシリアスなのに、そんなシーンがところどころあるから困る。
いや、嘘、うれしいです!(爆)

ほんとにね、翼がどれだけ強い子かということがよくわかるお話でした。
自分のため、とは言ってるけど、それだけじゃできないでしょ…。

「化」だと忍と名前が変わっている伝説の吸血鬼、キスショットは主役のはずが妙に影が薄かったような・・・気のせい?(^^;;
とはいえ、彼女と暦の関係がやっと実感できたかな。
これを経ての「化」なので、そりゃまあ、憎しみも愛情もいろいろごたまぜにはなるよねぇ・・・と。
ただのドーナツ好きな元吸血鬼ってわけじゃない、と(ぉ

改めて、この「物語」シリーズ5冊、一気に駆け抜けて読んでしまったので、達成感もあるけど反面ちょっともったいないかな~、という思いも少し。
ただ、それでも、こうやって本をたくさん読めたのはだいぶ救いになったかな(^^;;
正直、あんまり物心両面でいい状態ではないのですが…一服の癒しになった気がします。

これを踏まえると、来年書かれる翼の話はやはりゴールデンウィークの事件ですかね~。
真宵の方がちょっとまだ想像つかないのだけど。
でも、そうか、なんでまだこの世にとどまっているのかって理由語りがあるはずですから、それかな?

3/17 0:29追記
「化」の第一話見ていて気づいたのだけど、この冒頭部分は「傷」のかなり短いダイジェスト、です。
「化」原作だけ読んでいると当然ながら気づかないんですよね、これ・・・。
「化」アニメ本編で出てこないから、むしろ「意味がわからない」、ってのが正確か。
いや~、ますます「傷」がアニメで動いているところが見たくなりました。
管理人のみが読めるようにする

トラックバックURL
→http://optfs.blog62.fc2.com/tb.php/420-5022517d