--/--/--(--) --:-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「本当に大切な人は、ただ側にいてくれるだけでいいんだってば」


>「マリア様がみてる リトルホラーズ」(今野緒雪、イラスト:ひびき玲音、集英社コバルト文庫)
一度、「了」として完結の後、思ったよりも早く再開しました。
祐巳たちが3年生(つまり薔薇さまになっている)、乃梨子たちがつぼみ、菜々がつぼみの妹、という山百合会幹部です。
今回は短編集で、例によって、短編5編が山百合会幹部以外の一般生徒の話で、その間をつなぐ”のりしろ”部分が祐巳たちのお話。

最初に一言。
騙された!←すごくいい笑顔で(爆)
短編部分はややミステリー的なホラー、というくくりで、タイトル話の「リトルホラーズ」(のりしろ部分)はいつものドタバタです。
各短編にキーワードを絡めてつながっていって、最後にサプライズ(そのまま字の通り)があります。
ああ、乃梨子も気づかなかったぐらいですから、私が気づかなくってもいい・・・んじゃないかな(そうか?
きれいに騙されました。
気持ちいいぐらいに。
上手いなぁ。
ミスリードは一人二人、とある部屋から人が消えていく、すこし怖さを感じる部分でしょう。
そっちに目が行っていると、その裏で進行している”あること”に気づかないんだなぁ。
ま、これは気づく人もいるかもしれませんけど、騙された方が楽しい気がします<負け惜しみ?

本格的に山百合会幹部の一員として登場した菜々が、思ったよりもすんなり作品世界になじんでいることにほっとしました。
さらにその上で”アレ”ですもんねぇ…やっぱりマリみてには、というか今野先生にはいつも驚かされます。
嬉しいのと驚きと両方。

しかし、最初から知っている人間としては祐巳や由乃や志摩子が3年生というのはなんとも感慨深くもあり、ちょっとまだ慣れない感じもあり(^^;;
今回、残念ながら志摩子さんはちょっと影が薄かったかな。
なぜかポニーテールで登場した理由は最後でわかりました。
菜々視点で基本的に話が進むので、由乃と黄薔薇姉妹が今回は主役かな。
存在感・貫禄という意味では祐巳が上だけど<ひいき目入ってます(笑)

短編x5はあとがきによれば

「いなくなっちゃった人」で「これという着地点がない話」

です。
その通り、はっきりと結末(謎解き)がある話ではないですね。
最後の話はオチなし、と言っても良いし(ぉ<ちょっとこの話は面白みにかけるかも
全体にどこか物悲しく、不思議な感覚がするお話。
今までもわりとこういう雰囲気のお話は多くて、それを今回、1巻分通してみた、って感じですかね。
個人的には2番目の「ハンカチ拾い」が好きかな。
「嫌な気持ち」をいつしか前向きな「いい気持ち」に置き換える、という流れがいい。
管理人のみが読めるようにする

トラックバックURL
→http://optfs.blog62.fc2.com/tb.php/407-f1737a3e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。