「君に届け」episode38のネタバレ含みます。注意!
また、今回掲載のepisode38までが9/11発売の9巻に収録されるとのこと。
・・・10巻でラスト?(予想


別冊マーガレット 2009年8月号表紙 「君に届け」限定復活
写真はケータイで撮ってみました。
遅まきながら、データ転送のUSBケーブルを買ったので、試し撮りです(笑)。
撮影距離はけっこう近い(30cmぐらい?)のですが、接写モードではなく、通常モードの方がきれいに撮れました。
フィギュアとかだと接写の方が良かったりしますので、なかなか判断が難しいところ。


(風早)「憧れていたのは きっと俺のほうだ」

(爽子)「風早君が 誰を好きでももういい!」


>「君に届け」episode38(椎名軽穂、集英社、別冊マーガレット連載中)
いやもう、じっくり待つつもりではありましたが、たとえ1号でも読めるのならむろんそれはとても嬉しいことです。
(正式に連載再開は次の次、10月号からとのこと)
う~ん、あえてネタバレせずに書こうとしているものの、難しいですね(^^;;
本人同士は翌日ばったり会いましたが、まともに会話にはならずにスルー(あああ
で、外野がとりあえずうるさいです(ぉ
龍が珍しく爽子に一言かけてまして、

「……俺が言うのもなんだけど 多分 あんた 言葉足らず」

全くだ(苦笑)

クライマックスにして、最大の難関に直面している爽子と風早です。
今までは、お互い誤解と言っちゃあなんだけど、ある種本音を目いっぱい出さずにいたのが結果的にスムーズな関係を保てていたわけですけど…。
改めて、久々に見てみたらけっこうな修羅場になっているんですよね~。
お互い好きなのに、相手がそこまで好きだとは思ってない、というのがなんとも。

でも、そんな話の中にも笑える部分をしっかり入れてくるのが、さすがに椎名先生、上手い。
文化祭での黒魔術カフェの爽子のハマりっぷりは笑うしかないでしょ(笑)。

いや、しかしね、ここであの初詣のおみくじを持ってきますか(^^;;
仕込が長すぎるよ!(ぉ
ああ、しかもなんつー引きですか。
ついに吹っ切れた爽子が教室で一人いる風早のもとへ急ぐ。

(爽子)「伝えたい 私の気持ち 全部
………届いてほしい
届け 届け
……届け……」

とんでもなく長い2ヶ月になりそうです。

さすがにここまできて決着を外すことはないと思いますが。
邪魔が入ったりとかね(^^;;
今回の立役者は良くも悪くもケントくんですか。
ほんと、引っ掻き回してくれちゃって(笑)。
でも、爽子が考えて考えて、おそらく心の奥底ではわかっていたことであろう、「風早に対して自分が壁を作っていたんじゃないか」ってことを指摘したのはグッジョブでした。
管理人のみが読めるようにする

トラックバックURL
→http://optfs.blog62.fc2.com/tb.php/406-404c6ab5