--/--/--(--) --:-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/05/29(金) 00:59 マルチタスクは苦手で…
最近、WEBラジオを時々聞いています。
いわゆる「音泉」とかそういったヤツですな。
「アマガミ」で言えば詞の中の人とか薫の中の人とかがパーソナリティやってます(笑)。
ゲームメーカーでもゲーム発売前後にファンページ的なラジオやってたりするので、ちょこっとつまみ食いしてみたり。
ラジオのいいところは他のことやりながらでも聞けることですね。
ですから、今だとブログ更新しつつ、ネット見つつ、オンラインゲームやりつつ、マンガ読みつつ…とかそういうことに(ぉ
まあ、どれかに集中した方が結局楽しめるかな、とは思います(笑)。

>ささめきこと その27 あなたがここにいてほしい(コミックアライブ2009年7月号)
しばらく感想さぼってました(^^;;
久々に直球タイトルきましたー!?
ん~、汐との関係に進展が見られないまま2年生に進級して、ちょっと停滞ムードですね。
お互い、自分が相手を好きなことははっきり自覚していながら、相手が自分を(恋愛対象として)好きだとは思えない、というところでハマりこんでしまっています。

冒頭、汐の兄が気遣う言葉を投げかけます。
汐と純夏双方の気持ちにも気づいているっぽいですね。

朋絵があまりにもぎくしゃくしている二人に業を煮やして、汐に働きかけ。
友に(そもそも、汐は朋絵のこともまだ友達とは思ってなかった様子((汗))背を押されて、ようやく汐が純夏に改めて話しかけようとした矢先に…え、新キャラが二人?(後輩)
あ~、こうきますか。
ちょっとグジャグジャになり過ぎやしませんか、という危惧があります。
とはいえ、今回朋絵が動いたことで汐も動くきっかけをもらったのでしょうし、状況が動けば二人の停滞した関係も動く可能性はある・・・のかなぁ?
またまた先が読めなくなってきましたよ。

アニメの方はいよいよキービジュアル初公開!
アライブ読んでてよかった!(←お前は回し者か(笑)
(あ、製作元公式サイトでも見られるようです。→AIC ささめきこと公式サイト
ん~、違和感あんまりなくていい感じですよ。
もともと線が少なめなマンガなので、アニメにはしやすそうな気がします。
まあ、素人目ですけれども。

>栗本薫さんご逝去
なんともこれは言葉がありません。
若かりし頃、ほんとうに若かった頃、グイン・サーガが始まったばかりで。
そりゃもう、むさぼるように読みましたよ。
50巻あたりで求めるものが違ってきて読むのやめましたけれど。
最終巻ぐらいは、というか、最終巻だけは読んでみたかった!
ほんとうに残念です。
今度もきっとガンを克服されるんじゃないかと思ってましたけど…亡くなられるなんて、まだ正直信じられない気持ちがあります。
管理人のみが読めるようにする

トラックバックURL
→http://optfs.blog62.fc2.com/tb.php/394-76669753
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。