>コンチェルトノート(あっぷりけ)
フローチャート100%。
CG・シーン回想も埋めました。
あとは選択肢がどっか抜けてるかもしれませんけど…まあ、それはいつか見つかるかもしれませんし、今はコンプしたことにしておきましょう(笑)。
一言、面白かった。

「黒莉都」こと別人格の莉都が出現するのは、扱いとしてはノーマルENDになるルートです。
だいぶ前から分岐するのかと思ってたら終盤でした。
(チャート番号で言えば291。井戸を開けるための鍵が揃っているか、「タマのメモ」があれば莉都グッドルートに行きます。その内どちらもないと、「黒莉都」へのルートに行きます。「タマのメモ」ってどこでゲットできたか、ちょっと思い出せないんですが(^^;;)

別人格というよりは情や思いやりが抜け落ちてしまった莉都、というのが正確かな。
自分が依り代として死のうとした莉都を助けた結果、タマも消え、莉都の中にあった親愛とかそういったものがごっそりとなくなってしまった、というのが黒莉都。
このルートはものすごく短いですが、昔、進矢が莉都と一緒に古井戸に落ちたときのことを説明しているので、見ておくと本来の莉都ルートでの疑問が解けますね。
莉都ルートでは「進矢が昔大きな怪我をして、まともに両手が使えなくなったが、タマが使えるようにした」という文章のみで、それがこの古井戸に落ちたときのことという説明がないので。

黒莉都ルートでのENDでは(でも?)、進矢は落ち込むことなく莉都と一緒に歩いていくことを決めています。
ほんと前向き。
かっこよすぎて涙が出ます。

まあ、黒莉都も莉都だけど、私はやっぱりグッドルートの莉都の方が好きかな(笑)。
最後の、笑顔で進矢の手をとるシーンとか可愛らしすぎる。

そんな感じで。
すごく楽しめたゲームでした。
シナリオの続きがこんなにも気になって、ついついプレイしてしまったのは久々です。

反面、私としても高く評価しているシナリオでも粗は結構目立ちました。
まず、誤字・脱字がかなり多い。
それと、言い回しに不自然なところがある。
説明が足りない部分があるところ。
(意図して書かずにいる部分もあるかとは思いますが、よく行間を読んでいかないと何を言っているのか意味がとりにくい部分がままありました)
全体のプロット、各シナリオの骨格は良く出来ていますし、それぞれのシナリオの締めかたも一定の満足感がありましたが、その辺りが残念なところですね。
メインである莉都ルートでほとんどの疑問点が解決されるつくりなため、他キャラルートだと若干物足りなく感じるところとかも。
とはいえ、それらの不満点を上回る面白さがあったのも事実。

シナリオ以外だと、やはりフローチャートで分岐をたどれる・分岐が目に見えるというのが分かりやすくてよかったですね。
複雑な選択肢でのフラグってないので、ルート分岐自体もわかりやすいですし。
(余談ながら、私はあんまりそういう「膨大な数の選択肢をことごとく正解しないと真ルート的なものにいけない」というゲームはあんまり好きではありません。
ヌルゲーマーと言わば言え。
昔だったらともかくも。
なんだかんだ言って、私も昔はしらみつぶしに選択肢選んで攻略してたこともありますけど、今だと攻略しきる前に飽きちゃうんですよね(爆))

他、BGM・ボーカル曲が良かったです。
特に挿入歌「輝いたまま」は反則でした。
挿入タイミングといい、メロディといい、歌詞といい、パーフェクトでしたね。
あのクライマックスシーンでの使用はまさにグッドジョブ、としか言いようがない。
OP・ED曲も実にこのゲームに合った良い曲でした。
BGMでは「朝日」、「じゃあ俺ツッコミで」、「Lovers」あたりが好きかな。
妙にドラマチックな曲が多いんで盛り上がるシーンは効果抜群です(笑)。

CGは好みが分かれそうなところ。
私は好きですけどね。
それでも、ちょっと不自然な絵があったり、とか表情に違和感があったり、とかいうシーンはあったので、そこは今後に期待です。
表情の違和感とかポーズの違和感、というのがわりとエッチシーンで多く感じられたのですこぶる残念だったんですよ(ぉ
キャラ造形的には好きです。
ただし、他のエントリでも書いたように、白雪の私服とかいくつか「これはないだろ」というようなデザインがあったのも事実で…(^^;;

言い足りない気もしますが、ひとまずこの辺で。
ネタバレ後に読むこと推奨の設定資料集(初回版特典)をまだ読んでないので、それを読んで思うところあったら追記しておこうと思います。
気が早いですが、次回作が楽しみです。

22:37 追記
設定集読み終わりました。
思ったほどネタバレは少ないかな?
でも、星華がタマを見ることが出来ない理由とか説明してあって助かりました。
没になった初期設定がけっこう面白かったです(笑)。
いろんな変遷があった模様。
中にも記述がありましたが、「どこで何が起こるか、わからないものである」って…全くもってそのとおりですね。
管理人のみが読めるようにする

トラックバックURL
→http://optfs.blog62.fc2.com/tb.php/296-145344f4