--/--/--(--) --:-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
>コンチェルトノート
白雪をクリア。
途中まで適当にやってたら、タマの忠告を無視してBAD ENDになったりとかなり横道に入りまくりました(笑)。
白雪ルートは和奏ルートよりフローチャートが長く、たぶんシナリオ量も長い、かな?
文化祭以後がかなりありますしね。
にしても、なんつーバカップルでしょうか…いいぞ、もっとやれ。
時間が時間なんで簡潔に行きますが、和奏ルートよりも締め方は良かった印象。
定番過ぎる結末ですが、しっくりくる形でした。
文句はありません。
だとしても、”終わりそうになってからが妙に長い”ってのは共通してるんですよね。
そこはこのシナリオライターさんの癖と思ったほうがいいのかもしれません。
重要キャラクターは南条麻里香。
子供のころは白雪と親友だったことがある彼女です。
それと小夜璃さん。
お茶目成分が和奏ルートより多めで大変美味しゅうございました(ぉ
ともかく、終盤でのちょっと重たい部分以外は終始甘々でした。
それと、進矢、お前はちょっとは自重…いや、しなくてもいいかな(爆)。
ここまで漢らしく突っ走る主人公は気持ちがいいです。
エッチなのを隠さないところも(笑)。
結局のところ、問題になった東条家と南条家の問題は深く語られないままでした。
真ルートっぽい莉都ルートで明らかになるのかもしれませんが。
むしろ、そこは省いて正解だったと思います。
詳しく語っていたらさらに長くなってましたし(^^;;
語るべきテーマは白雪と麻里香の友情。
それと進矢との関係。
そこを描けている以上は他は想像の範囲でいい気がしてきました。

白雪にはノーマル(というよりはBADですが)ENDがありました。
確かめてませんが、和奏にもあるのかも…。

蛇足(?)。
シナリオそのものには関係ありませんが、ちょっと誤字が目立ちました(汗
管理人のみが読めるようにする

トラックバックURL
→http://optfs.blog62.fc2.com/tb.php/289-2aea8c50
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。