--/--/--(--) --:-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
>ティンクル☆くるせいだーす
ロロット攻略。
アゼル√同様、シナリオ(後半)はかなり良かったです。
イチャイチャ度も申し分ない(笑)。
ただまあ、あんだけイチャイチャして、シナリオ構成的にも盛り上げておきながら、相変わらずイベント絵が少ないのがねぇ…もったいない(^^;;
原画家さんにはもうちょっとがんばって欲しかったところ。

ロロットENDは専用曲あり。
けっこう優遇されてる?(笑)

シナリオが良いってのはやっぱり緊張感があるからで、アゼルとはまたちょっと方向性が違いますが…。
ヒロインが異なるため、アゼルルートはアゼルが主役ですし、ロロットルートはやはりロロットが活躍するのです。
(このへん、きっちりとお話は別に作ってあるのは評価して良いと思います。
リアルートや聖沙ルートではなぜかあんまりそういうことは意識しませんでしたね…ちょっと自分でもつかめてません)
というか、ロロットが成長しすぎでシンの存在感が薄いぐらい(笑)。
発売前の雑誌記事で「ロロットは他のルートではそのままですが、ヒロインだと成長します」とありましたが、まさにその通りでした。
そして、そこに至るには主人公であるシン君がそばにいることが大きい…ああ、そういう意味では存在感はあるのか(笑)。
まあ、アゼルルートにしろ、ロロットルートにしろ、面白く感じると言うことは、この作品の肝はリ・クリエである、ということなのでしょう。
そこを外しては語れない。
リアルートや聖沙ルートがそれを無視しているとは思いませんが、どちらかというとルート内での扱われ方は最優先ではなく…。
リアルートは敵よりも先にイチャイチャが先に立ってますし(ぉ)、聖沙ルートはナナカとの三角関係とツンデレがテーマ、な気がします。

そんな感じで。
さあ、最後はナナカですよ。
ソバこと江戸っ子な幼馴染、作品板見ている限り、意外や意外、けっこうあっさりしてない?(^^;;
…ってことなので、覚悟決めてヒロインルートコンプを目指します。
その後でやれるだけやり込み、かな。
正直隅々まではやりつくせる気はしませんが(苦笑)。
管理人のみが読めるようにする

トラックバックURL
→http://optfs.blog62.fc2.com/tb.php/279-65cacbd0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。