--/--/--(--) --:-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
>ToHeart2 XRATED
引き続き、ささらルート攻略中。
意外に長い…!
というか、けっこうドロドロっすね(爆)。

ささら・まーりゃん先輩はかなりエキセントリックで正直「ありえねー」なところもありますが、たぶん描こうとしているものは普遍的なものだろう、という気がします。
行間を読め、ってとこですね(笑)。

3:54追記 ささらクリア。以下、追記で。
3/24 9:50 追記に、ささらルートについて書きたいことメモ。
以下、ToHeart2 XRATED ささらルートネタバレを含みます。
いや、長かった。
6時間超えてるんじゃ(^^;;
しかも、なんか予想外に重たくて難解だった気が。
ちょっと時間ないので軽く感想を。
後で追記するということで。

ささらがあそこまでクールで冷酷なのは理由があってのことで、むしろそれは内面の弱さを隠すための仮面でした。
けっこう剥がれるのも早かったですね(^^;;
まあしかし、特殊な事情――が後半になって判明しますが――だけにしかたがないのかどうか(ぉ
むしろ、古代からの(←おおげさ?)普遍的な悩みでもありますしね。

ともあれ、仮面剥がれてからは子供っぽい面が全開になってしまうので、戸惑いつつも愛でるしかしょうがない。
だけど・・・いくらなんでも、貴明の往生際の悪いへたれっぷりにはまーりゃん先輩でなくても怒りのビンタを張りたくなったところです(笑)。
引っ張りすぎでプレイしてるこっちが発狂しそうになりますよ。

クライマックスはなかなか予想外でした。
「AnotherDays」やっているおかげで、ささらが留学するという結末”だけ”は知っていたのですが、どうそこに繋がるものやら最後まであまり想像がつかず。
悪あがきというか、筋を通すのもあそこまでいけば立派、かなぁ・・・?(ぉ

というか、XRATEDだというのに、最後の最後かぁ…(遠い目
いや、十分良いシーンでしたけど。

なかなか考えさせられるシナリオでした。
ちょっと現実離れした部分(多くはまーりゃん先輩がらみ(笑))は割り切って考えた方が、このシナリオの本質は見誤らない、と思います。
何が本質か、って?
それは今まとめていると朝になってしまいそうなので、以下次号!(ぉ
ちゃんと書けるかしらね…(疑問

3/24 9:50
続きを書こうとしましたが寝落ちしてしまったので、書きたいことだけ先にメモしておきます(笑)。
○ ED曲「ありがとう」は何度聴いても良い曲。AnotherDaysの「コスモスのように」もそうだが、歌詞が「青春の日々を振り返る」という内容なのは意図してのものなのだろう。
○ ささらルートは山がいくつかある。
 ・ ささらが忘れようとしていたもの。ささらのために卒業をわざと遅らせていたまーりゃん先輩がついに卒業してしまう。まーりゃん先輩だけの卒業式で、ようやくささらはありったけの思いをまーりゃん先輩に告げることができた。
 ・ 貴明がささらへの思いを自覚してはっきりと告げるまで。貴明が逃げ続けていたおかげでささらが悲しむことに。プレイヤー的にはスク水メイドのささらが見られたり、おいしい面もあり(笑)。
 ・ 両親との問題。貴明とささらが本当に目指しているもの、望んでいるものは何なのか。
 ・ インターミッション的に(ぉ)、かもりんこと笹森花梨の退行催眠実験による大騒ぎあり。
○ ルーシールートと同様に、タマ姉をはじめとした面々(このみ、雄二)が絡んでくる割合が高い。というか、タマ姉が副会長(以下略
○ 雄二の三枚目だけではない面が見られる。三角関係とまではいかず、ささらは雄二をあっさり振るのだが…。親友なればこそ貴明に言える言葉は必聴。雄二の言葉によって、ようやく貴明は前に踏み出す。
(雄二の言葉の中にある「大事なのは一緒にいたいかどうかだけなんだよ!」というセリフ。AnotherDays[郁乃Story]で、郁乃が貴明への恋心を自覚した時のセリフにそのまま繋がりますね)
関連して、幼なじみのこのみも貴明に対して的確なアドバイスをする。「みんなが幸せになるためにはタカくん(=貴明)が幸せにならなきゃいけない」(正直、このみを見直しました(笑))
管理人のみが読めるようにする

トラックバックURL
→http://optfs.blog62.fc2.com/tb.php/183-de2e5a3e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。