>ToHeart2AnotherDays
ちゃること、山田ミチルクリア。
や~、かわいかったですね。
もちょっとイチャイチャ分が欲しかったですけれども(^^;;
まあ、もんじゃ焼きの店で延々と「あーん」やりっこしたり、どこがイチャイチャしてないのよ、とかいう感じですけど、やっぱりちゃんと想いが通じてからもっとラブラブしたかったなぁ、というのがありまして(笑)。

詳細は追記にて。
以下、ToHeart2AnotherDays ちゃるルートのネタバレを含みます。

攻略については悩むこともなし。
よっちルート
 →よっちルートの記事参照(追記部分の最初に攻略)
と同じように進み、ちゃると雄二のお見合い代理でよっちと会った後に、よっちかちゃるのどちらかを選ぶ選択肢でちゃるを選べばOKです。
(ここでよっちを選べばよっちルート)

隠すほどもなく、ストーリー序盤でちゃるの家がカタギじゃないことはわかります。
ヤクザ屋さんではなくテキ屋さんらしいですが(^^;;
代理立てたことでなかったことになった筈のちゃるの嫁入り話が、雄二のポカで復活します(雄二…
雄二がちゃると会うということになった時に貴明がそれを阻止。
(この時点では演技で)ちゃるを好きなんだ、と伝えて雄二を引かせます。
が、それは本当に演技だけだったのか…? という内容ですね。
まあ、あらすじうだうだ書いても感想になりませんので省略(笑)。
大体予想通りの結末だった気がします。
その分、ちょっとインパクトは薄かったかな。
祭で貴明をやけに気に入った、威厳のある爺さん=ちゃるの祖父、ってのもバレバレでしたしね(笑)。

でもまあ、お互い遠慮しつつもなんか控えめに楽しんじゃっているところが初々しくて良かったかな。
ちゃるは口数少なくてクールではあるものの、行動そのものはけっこう大胆なんですよね。
身体でのスキンシップに抵抗がない。
特にエッチシーンとかはもう…。
同人誌即売会(コミパ)に出ているだけあって(?)、エッチな言葉言うのに照れがなくて語彙が豊富だし(爆)。

ヘッキーこと貴明はよっちルートに比べるとちょっとヘタレが目立った気もします。
最後の行動力はありましたけどね。
そこまでがちょっと流されすぎのような…(^^;;

けっこう貧乏くじ、というか辛い役目だったのはタマ姉。
(貴明は鈍いから気づいてませんが)あからさまに好意を見せつつも、最後には貴明の気持ちを理解して、後押しをする、という役どころがもう。
クライマックスで、メッセージボード代わりのスケッチブックに「GO! タカ坊!!」って言葉をどんな思いで書いたのかと思うと…。
いや、しかし、あの演劇のラストシーン、アドリブ多すぎ以前に劇としては破綻してますよね(爆)。
ロクさん、殴りこんできてるし(笑)。

そんな感じで。
クールなようで実は大胆な愛情表現にギャップを感じて素直に萌えるが良い、です(笑)。

さてさて、好みの子からプレイしちゃっているもんだから、そろそろモチベーションが下がってきているようないないような(ぉ
…まあ、楽しみの”このたま”は後にとっているとしても<ホント
管理人のみが読めるようにする

トラックバックURL
→http://optfs.blog62.fc2.com/tb.php/181-7b008b9f