--/--/--(--) --:-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
>「ToHeart2 AnotherDays」
郁乃クリア。
[郁乃Story](=郁乃ルート)はゲーム開始当初はプレイできず、[AnotherDays本編]を誰か1人クリアするとプレイできるようになります。
[このみ&環Story]も同様。

プレイ時間やや長め。
4、5時間程度ですが、ある事情(詳細ネタバレにつき追記で)によりさらに長くなるはず(ぉ
美少女ゲームとしてはわりと珍しい(?)ヒロイン視点の話なので、なかなかそれが新鮮で面白かったです。
ストーリーそのものもなかなかにプレイし応えがありました。

15:41 追記に郁乃の攻略を追記。
以下、ToHeart2 AnotherDays 郁乃Storyのネタバレを含みます。

AnotherDays本編とは時系列が異なり、春に郁乃が学園に編入するところからのスタート。
(若干病院内での回想もあり)
設定も本編と異なり、愛佳ルートの直後ということになってます。
主人公が貴明ではなく郁乃、というヒロイン視点です。

簡単に言うと
 「郁乃が”愛佳の彼氏”である貴明を愛佳にふさわしいか見極める」
という内容。
貴明が小牧家に泊まりにきて、ひと騒動あったり(正直ひと騒動どころではない気もするのですが(ぇ))。
テストとして擬似デートを2回。
そして再び泊まりにきた貴明と…”あること”をするルートもあり。

郁乃はなんだかんだ言って貴明のことを認めてはいます。
ただ、やっぱりものすごく愛佳のことを心配していて慎重になっている面も間違いなくある。
だから、わざわざ擬似デートなんてことをするわけですが。
(そもそも、発端は1回目に貴明が郁乃の部屋に寝ぼけて入ってきて、そのまま愛佳と間違えてエッチを始めそうになったから、です(ぉ)<これは途中で撃退)
でも、そんな名目で始めた擬似デート、そもそも1回だけのはずだったのに、翌日も貴明の誘いに応じて2回目に出かけることに。
それはなんでか、郁乃本人もよくわからないまま、ただ、楽しさを感じているのは事実。
デートの終わり、ツインタワーの連絡通路で貴明に感じていた気持ちをはっきり自覚して、そしてその気持ちを振り切って1人で帰る。
姉の気持ちがようやく分かった。

 「恋をしたから一緒にいたいんじゃない。
 ずっと一緒にいたいという気持ちが恋なんだ。」

貴明のことが好き。
だが、それを伝えることなく、郁乃は身を引く。
姉には幸せになって欲しいから。

…正直、ここで終わっていたら説明不足で救われないところはあってもすごくキレイな幕だったかも(笑)。
でも、現実は続く。
郁乃にも新しい出会いがある。

なかなか切ないお話でしたね。
郁乃視点ということで事細かに彼女の心情が語られるので、彼女が何を考えているのかがよくわかって興味深かったです。
愛佳ルートの”あの桜吹雪”についても、感謝はしているけれど、むしろすまなく思っている面が強い、ということもわかったり。
それに、それに…ああもう、ともかく、郁乃はいい子だってことですよ、一言で(笑)。
それだけに貴明の暴走っぷりがちょっとなぁ(苦笑)。
個人的には[XRATED](ToHeart2 18禁版)をプレイしてなかったもんだから、愛佳の寝取られ感バリバリでしたし(汗
…参りました。

攻略について。
実は3つもルートあり。
(3つとも見ないと、特典の声優さんコメントが聴けません)

選択肢が3つあって、その組み合わせでどれに行くか決まります。
 2x2x2=8通り
ですから、全部チェックしてもそんなに時間はかからないかな。
攻略はしたものの、ちゃんと選択肢チェックしてなかったので(苦笑)、できればまとめておきたいところ。

15:41 追記
<選択肢>
選択肢1 雨宿りをしたバス停で貴明に会って
 バス停を出ていく
 ここは我慢する
選択肢2 擬似デートでやってきた時代村で馬に乗って
 手を離す
 無理無理無理!
選択肢3 水族館で起き上がれなくなって
 とにかく自力で進む
 呼びかけを続ける

<ルートの内容・攻略>(ルートNo.は便宜上、私が自分でつけたもの)
○ ルート1
エッチしかかるが思いとどまる。手術での再入院。同室の男の子がチャット仲間の「バウム」と判明。
 選択肢:選択肢1どちらでも→選択肢2手を離す→選択肢3どちらでも
○ ルート2
寝ぼけて愛佳と間違えた貴明とエッチしてしまう。罪悪感にかられる日々…はしかし、長く続かなかったり(笑)。
 選択肢:選択肢1バス停を出ていく→選択肢2無理無理無理!→選択肢3どちらでも
○ ルート3
エッチなことはなし。いたずらはするが(ぉ)。再入院での同室相手が誰かは語られない(男の子だとはわかる)。
 選択肢:選択肢1ここは我慢する→選択肢2無理無理無理!→選択肢3どちらでも

まとめると、選択肢で重要なのは2>1>3の順で、3は実はどっちを選んでも変わりません。
本道と思われる「バウム」と対面するルート1に行きたいなら、選択肢2で「手を離す」を選ぶひとり立ち志向。
貴明とエッチしちゃうルート2なら、バス停で「バス停を出ていく」でツンを見せておいて、時代村で「無理無理無理!」と貴明に頼るデレ(?)という流れ(ぉ
一番起伏の少なそうなルート3なら、バス停で「ここは我慢する」を選び、時代村でも「無理無理無理!」を選ぶ、というやや消極的な選択肢x2を選べばよい、ということですね。
選択肢の意味は取りやすいのでまとめてみると納得がいくのですが、最初にプレイした時は何が何やら、でした(^^;;

…余談ながら、ネットで検索してみたら攻略はかなりの数ありそう。
ただ、上記のような書き方しているのって珍しいような(^^;;
確実に各ルートにいける選択肢を書いてあるだけ、というところが多かった。
郁乃の場合、選択肢3つめはルート分岐には影響しないこと、ルート1は選択肢2つめのみで決まるということ。
それらを書いているサイトが少ないことがちょっと不思議でした。
実用的ではあるのでしょうけど…。
まあ、難しくなかったから私にも書けただけで、あんまり偉そうなことはいえませんけどね(^^;;

ということで実は郁乃ルートにはエッチシーンがあるのですが、これはたぶんアウトやろ(ぉ
いやまあ、完全にアウトかというとそこまででもない気はします(どっちやねん
たぶん多くのプレイヤーが期待していたものって、貴明本人が相手を郁乃とちゃんとわかって双方合意の下でするエッチ、ってことじゃないかと思うんです。
でも、この郁乃ルートにおけるエッチは貴明が愛佳と”最後まで勘違い”してやっちゃうエッチ(郁乃と気づかないまま)なので。
…あ、やっぱり思い出してきたら腹立ってきた(爆)。
まあ、愛佳ルート直後という設定上、貴明が浮気!? または郁乃に乗り換えるってことになっちゃうので、これはしかたがないかなぁ。
本編のように秋からのスタートで郁乃個別のストーリーというわけには行かなかったのは、製作スタッフが郁乃と愛佳を切り離して考えにくかった、ということなんでしょうね。
郁乃の今後がむしろ見たい、あるいはちゃんと郁乃と恋物語を楽しんでエッチシーンも見てみたい、ということでいっそ、
 「AnotherDays of AnotherDays」
とか(マテ
…貴明なんぞじゃなくて、プレイヤー本人ですしね<まだ言うか

そうそう、忘れてました。
郁乃Stoyはプレイ開始時になぜか名前入力があって、しかもこれが「河野 貴明」ではない。
なんでか、という謎は最後の最後に明らかになります。
上で書いたルート1の最後で判明する「バウム」=最初に入力した名前、つまりプレイヤー本人です。
さすがにびっくりしました(笑)。
最初に入力した名前がそのままグラフィックに表示されるんですよ。
無駄に凝ってますねぇ…(誉
管理人のみが読めるようにする

トラックバックURL
→http://optfs.blog62.fc2.com/tb.php/180-473d1e32
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。