--/--/--(--) --:-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/03/17(月) 21:11 「悩殺ジャンキー」Vol.78の感想
9/19 追記 ちょっとわかりにくかったので、前振りの文章と感想を分けました。

のっけからネタバレしていくと思います。
注意!(ぉ
全くそれまで読んでなくても、途中の1話だけ読んで感想が書けるかどうか、レッツチャレンジ!

「空夢ノート」のりるさんが強烈にお勧めされていたので読んでみました。
”読みたくなる感想”ってのはこういうものだ! と思います(^^)



「オレはテメーが 好きなんだよ バーカ!!」
「わかったか!!」

(あまりといえばあんまりな・・・でも大好きです(爆))

>「悩殺ジャンキー」Vol.78(「花とゆめ」2008年7号掲載)
実のところ、絵がそこまで好きなタイプではないので読んだことがありませんでした。
それで読んで面白いのかどうか?
結論。
それでも面白いと言えると思います。
そこまでの話の過程がわからないので、思い入れとかそういうものは持ちようがないのですけど。
…でも、これは正直ちゃんと最初から読んでみたかったなぁ、という思いも当然あります(^^;;
歌で言えば「サビ」の部分でしょうからね。
相手役の男の子から主人公(ヒロイン)への告白シーンなんて!

これは途中から読んだせいもありますが、最初どっちが主人公かよくわからなくて、おまけに(作品の性格上仕方ないとはいえ)性別もよく分からなくてちょっと読むのに苦労しました(苦笑)。
キャラクターの名前もあんまり性別関係ない感じですしね。
 主人公():蕪木 那伽(かぶらぎ なか)。呼び名は「ナカ」。
 相手役():梶原 海(かじわら うみ)。呼び名は「ウミ」(女モデル時)または「海」(男モデル時)。
ナカは設定上、緊張するとかなりの極悪ヅラになるようですが、この話見る限り、普通に恋する女の子としての顔しかないですね。
ちょっとオバカっぽくて(ぉ
可愛いじゃないですか。
これ、最初はもちょっととっつきにくかったりしたんでしょうかね…最初から読んで(ry

海の方はかなり元気がいいというか直情型というか。
特にナカに対しては遠慮がないです。
ほとんど下僕扱い(笑)。
そういう2人が惚れたはれたの関係になっていくんですから、その過程を見ていくのは楽しかったことでしょうね…最初(ry

絵について。
わりとデフォルメきいていて、(設定上そうである以上に)細身に描かれたキャラクター。
リアルではないけれども、かっこよければイインデスヨ(笑)。
また、うろたえた時とかの極端な口の表現とか面白くて好きですねぇ。

今回の話がまさにそうだったんですが、「ありのまま」で「本気」でいること。
その”強さ”にこちらも当てられます。
思いの強さそのままにハイテンションで突っ走る!
ああ、たしかに「独特の疾走感」がありますね。

告白シーン、良かったです。
口論の勢いでそのまま告白するこういう流れ、実を言うと大好きです(笑)。

そんな感じで、読んでみたかいはありました。
…ほんのちょっとの後悔を抱えつつ(自業自得
管理人のみが読めるようにする

トラックバックURL
→http://optfs.blog62.fc2.com/tb.php/174-5fe757b5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。