2008/03/13(木) 00:13 寝違えた…(;´Д⊂)
なんか昨日自転車ですっ転んだ際に寝違えたみたい(^^;;
朝起きても治ってないし。
右側と上側に回りません。
右は向かなければいいとして、困るのが上側。
私はアレルギー性結膜炎なので1日3回ほど目薬をさすのですが、これが意外に困ります。
まあ、その内治るでしょう、たぶん。

>密かな趣味が全公開--Amazonのウィッシュリスト、改め「ほしい物リスト」に注意?
これ、2chかいわいではそこそこ騒ぎになってますね。
自分のチェックしたものがネットの不特定多数に公開されている状態になっていて、しかもAmazonのアカウントを本名にしている人が多かったってのは…たしかに困るでしょう(^^;;

先に対処法を書いておくと
 ・必要なければ「ほしいものリスト」自体を作らない、または削除する
 ・ほしいものリストの設定を「非公開」にする
 ・アカウントが本名の場合、それ以外に変更する
 ・アマゾンから他のサイトに移動する場合、かならずログアウト(=サインインの画面を見る)

という辺りでしょうか。

このリスト、元々の意味合いとしては「欲しいものを公開して友人や家族などに知らせるためのもの」ということのようです。
 →Amazonのほしいものリストの上の方にその趣旨の説明あり。
ただ、私もそうですが、日本での使用者の多くにとっては「ちょっと気になるものをメモしておくためのリスト」って意味合いが強かったんじゃないでしょうかね。

しかも、この「ほしいものリスト」の作成は
 ① リストを新規に作成するという手順ではなく、個々の商品のページにある「ほしいものリストに追加する」というボタンを1クリックするだけで自動的にリストが作成される
というのがイヤラシイ(^^;;

さらに、リストを作った時点では
 ② リストは「公開」という設定(初期設定)
なのです。
これは元々の意味合いからそうなっているようですが・・・(海外ではその様な使われ方が一般的?)
作った後で一度リストを見る機会があれば「公開」という設定があることの注意書きがあることに気づけます。
ただ、これも最初から注意書きがちゃんとあったかは疑わしい、かも(猜疑心

で、欲しいものリストを作った時点では
 ③ リスト作成者の名前=Amazonのアカウント
です。
結果として、アマゾンのアカウントを本名にしている場合、図らずも本名がネットに流れてしまう、ということになったわけですね。

…私の場合、アマゾンはそれなりに使用してますが、幸いこの「本名が晒される」ことには早い段階で気づいていたので非公開にしてました(^^;;
今はリストそのものは消してます。
ただし、検証するためにテスト用のリストは作ってみたりしてます。
それに、最近はそれぞれ専門の通販サイトを利用することが多いので、あまりアマゾンは使ってなかったんですよね…。
(同人用とかフィギュア用とかゲームソフト用とか(ぉ))
アマゾンの履歴はまあ残ってますけれども、いろいろと(笑)。

あと、細かくは書きませんが、他の問題点として
 ・アマゾンは一般的にいうところの「ログアウト」の操作が分かりにくい
  →ログイン=サインインですが、ログアウトも「もしあなたが○○さんではない場合、サインインしてください」=サインイン…アレレ?
 ・「自分のほしいものリストをメールで他の人に送れる機能」を悪用して、本名とメールアドレスを送信させるトラップが存在
といったことがあるようです。

この記事を書いている時点(3/13 0:07)では、ほしいものリスト自体は使えますが、
 ・ほしいものサーチ(名前やメールアドレスでのほしいものリスト検索)
 ・友だちにほしいものリストについて知らせる(ほしいものリストをメールで送信する機能)

は既に使えなくなっています。
とりあえずの措置として停止したのかな?
管理人のみが読めるようにする

トラックバックURL
→http://optfs.blog62.fc2.com/tb.php/170-18d7b9f3