>FORTUNE ARTERIAL
かなでさん、クリア。
よくわかりませんが、3人目にクリアしたのはたぶん桐葉と瑛里華を除けば好きなキャラだということなんでしょうね(笑)。

時刻が時刻なんであまり長くはかけそうにないですが、一応追記に移ります。
以下、かなでルートのネタバレを含みます。

① 妹の陽菜との関係
② 穂坂ケヤキ

がかなでルートのポイントですね。

① 仲良し姉妹ですが、実のところ隠していた部分があった、ということで。
昔々は険悪だったこともあって、でも、一度本音をぶつけあって言いたいこと言えるようになったつもりだったけど、本当に大切な部分で本音を伝えきれてなかった、ということですね。
姉妹ということでシンプルかつ基本なプロットですが、丁寧なシナリオだったと思います。
相変わらず意外性はないのだけれど(^^;;

② 最後の最後でネタバレ。
伝説の正体はオマエだったか、伊織!(笑)
まあ、それはそれとして、寮生が大切にしているものを守ろうとしたかなでの姿には心揺さぶられましたね。
とはいえ、それは根っこのところでは前寮長から託されたことを自分の代で終わらせたくない、というエゴだった、ということにもしっかりかなでは気づいていた。
そんな所もきっちり描いているところに好印象

そんなシリアスなテーマが適度に緊張感を与えている一方で、普段はあきれるぐらい元気なかなでが恋人としては照れ照れになっていてしおらしい、というギャップには素直に萌え。
堪能しました。
声もやばいね(笑)。
エロゲ声優さんとしてはあまり見ない名前ですが…新人さんか、単に私が無知なだけかな<たぶん後者

ここまでの2ルートと同様に、スタッフロールの後のエピローグの締めはやはり卒業式。
かなでが唯一の上級生なんで、かなでの卒業式になりますが。
この卒業式でもそうですが、人目はばかることなくイチャイチャしてる2人とそれを暖かく見守る周囲、という構図が特にかなでルートでは顕著。
陽菜がルートの性格上、2人の関係を誰よりも知ってますしねぇ…致し方ないかな(笑)。

陽菜ルートではこれの裏返し的になるかどうか…そのままかなでさんが身を引いちゃうかなぁ?
ただ、それだとかなでにちょっと罪悪感が(ぉ
…じゃなくって、かなでルートの意味がない気もしますので、かなでの気持ちはちゃんと陽菜と孝平の両方が分かった上でそれでも、という形になりますかね。
また、それと別に「昔、陽菜が孝平を助けた」というのがどういうことなのか、という点がキーになりそうです。
かなでルートではそれについては全く触れられてませんでしたので。
管理人のみが読めるようにする

トラックバックURL
→http://optfs.blog62.fc2.com/tb.php/154-2e26c250