--/--/--(--) --:-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
>FORTUNE ARTERIAL
初回版ロットアップしたそうな。(オーガスト公式でのお知らせ)
どこまで売れてんだろ…。

それはさておき、前作「夜明け前より瑠璃色な」は”初回は某キャラのルート限定”という縛りがあったわけですが、どうやら今回はそれはないようです。
ただし、各キャラ攻略した後に例によって”真ルート的なもの”がある可能性はありますね。
初回の攻略は予定通り、きりきり(命名者:かなでさん)こと紅瀬桐葉をめがけて孝平まっしぐら(ぉ
まだ発売して間がないのでネタバレは控えめにしますが、ある程度ゲームを進めるまでは共通ルート、それ以後、各キャラのルートに分かれます。
学院のマップが表示される画面で(発売前に雑誌等では既出…だったはず(笑))キャラのいるところを選択していくことでルートが決定されるようです。
ちなみにルート判別の難度はどう見ても低いです。
そこが狙いのゲームではありませんね。

桐葉ルートは、2chでも予想に上がってたようですが、ある程度予想がつきそうな展開できてますね、今のところ。
わりにラノベやゲームではありふれているといってもいい展開@吸血鬼もの…なので、安心感がある反面、意外性には欠けるかも(^^;;
テキストに関しては十分読めるレベルだと思います。
エロゲーマー的には非常になじむ性質の文章ですね(ナニソレ

0:49 追記
桐葉を無事攻略できましたので、追記で語ります(笑)。
以下、「FORTUNE ARTERIAL」紅瀬桐葉ルートのネタバレを含みます。

プレイ時間は共通ルートが2、3時間、ルート確定してから約4時間というところ。
いったんスタッフロールが出てから、エピローグがやけに長い(笑)。
(スタッフロールが縦書きだったのが新鮮)
というか、けっこう時間が飛ぶのでちょっとばかり面食らいました。
まあ、孝平たちの卒業式までですけど(2年と少し)。

ストーリーそのものは予想の範囲内で終わりましたね。
そういう意味では拍子抜けではあります。
ただまあ、下手に冒険して失敗するよりは良いんじゃなかったかと(^^;;
良い順に言うと
 グラフィック>音楽、システム>演技>シナリオ
かな。
ぶっちゃけすぎ?(ぉ
あ、でも、プレイして満足してないってのとは違いますよ。
グラフィックは萌えエロゲーとしては最高にきれいでしかもエロかったですし、テンプレ的とはいえ桐葉のクールツンデレなところも十分堪能できましたし。
ただまあ、もうちょっとシナリオに関しては高いところを期待していたので、ちょっとばかり肩透かし気味ではあるというだけです。

桐葉の正体そのもの(吸血鬼の従者的存在=眷属)は明らかになって、今後の彼女(と孝平)の進む道ははっきり決まりましたけど、結局のところ、彼女の主(あるじ)が何ものなのかは分かりませんでしたね。
あ、いや、主が瑛里華の母親だろうってことはほぼ確実でしょうけど、なんであそこまで桐葉に辛く当たるのかが分からないまま、ってのが正確か。
なにか理由がありそうなんですけど…。
東儀の兄(征一郎)は瑛里華の母親とどういう関係にあるのかも気になります。
従ってはいるものの、その一方言いたいことは言っているので、完全服従って感じでもありませんでした。
というか、征一郎も眷属ってことは・・・ないかなぁ?(^^;;
その辺は瑛里華ルートあるいは真ルート(?)で明らかになるのでしょう。
…ま、なんとなくわかっちゃいましたけど、桐葉は攻略順的には後の方がよかったキャラなんでしょうね(笑)。
それでも第一印象で好きになっちゃったんだから仕方がない。
プレイして後も、さらに好きだーッ
(ほんのちょっと瑛里華に転びそうになったのは内緒(爆))
…あ、桐葉のルートでちょっと引っかかったのはそれかな。
孝平と桐葉がお互いをどういう理由で好きになったか、って点。
そんなの分析する方が野暮だとは思いますけど、そこら辺はあまりストーリー上では描写がない、と思うので。

クリア後のタイトル画面。
モードが増えます。
 ・CG鑑賞
 ・回想(いわゆるエッチシーン(ぉ))
 ・音楽鑑賞
 ・おまけ

おまけはアフターストーリー集と思われます。
って、ヒロインキャラ5人なのにそれより多い!?
全部オープンできる日が楽しみです。

1:31 さらに追記
おまけの桐葉ストーリープレイ。
時間軸的に、アフターというよりはスタッフロールからエンディングになるまでの間に入る挿入エピソードでした。
○○しプレイとは…マニアックな(ぉ
ラブエロすぎてもう、GJ!

それと、本編でちょっとばかり不満があるとすれば、夏がゲーム期間中にあるにもかかわらず、水着姿が拝めないってことですかね(^^;;
エッチシーンには十分期待していたものがあったと思いますが、それとこれとはまた別というか。
ファンディスクに期待かな?(気が早い
管理人のみが読めるようにする

トラックバックURL
→http://optfs.blog62.fc2.com/tb.php/142-982ace6d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。