--/--/--(--) --:-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
>リトルバスターズ!
鈴ルート終了。
ってことで以下は追記で(早っ
以下、リトルバスターズ!の重要なネタバレを含みます。

鈴ルートはどちらかというと、その後の「refrain」へ繋がるための布石というか連絡通路というか、そういう感じでした。
話的に全然救いようがありませんしねぇ…(´・ω・`)

で、refrainって何のことかと思っていたら(あまり事前情報は見てなかったのでよく知らなかったのです)、つまりはやり直し!?
ただし、状況的には鈴ルートを経過した上で時間軸を戻したようなことになっています。
鈴は精神的に幼くなってしまって、今はずいぶん年下の子供たちと一緒の学校生活。
リトルバスターズの面々では理樹としか一緒に過ごせていない。
恭介に至ってはすっかり殻に閉じこもってしまって、理樹たちと過ごすこともなくなってしまっている。
「refrain」に入る前に鈴の身に何があったのか知っているようなのだが、理樹がそれについて尋ねても答えようとしない。
ここからどうやって幸せな未来へ繋げるんでしょうか・・・。
まあ、いくらなんでも(鈴ルートへ入る前の時点で考えて)これではあっさりしすぎかなぁ、とは思ってましたが、ずいぶんと先は長そうですね。
腰をすえて挑みたいと思います。

一つだけ明らかなのは、これは直枝理樹が主人公の物語だということですね。
彼が今までのように恭介をはじめとした誰かについていくのではなく、自分で動いていかなければ事態は良い方向には動いていかない。
同時に、彼が独りだけでどうにかするのではなく、リトルバスターズの面々全て(鈴も恭介も含めて)を巻き込んで動かして、全員が本当の笑顔になれるようにする必要がある。
そんな解答、あるのか?
管理人のみが読めるようにする

トラックバックURL
→http://optfs.blog62.fc2.com/tb.php/106-c1eceb10
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。