--/--/--(--) --:-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
外伝4つをクリアして、さらにもう一つオープンした外伝をクリアした後で終章を再クリア。
かなりネタばれが強いので詳細は追記で書きますが、本編の補完・救い的な意味が大きいですね。
合計5人仲間になるものの、この終盤も終盤ではあまりユニットとして使う機会はほぼないわけで。
終章は初回と同じくあっさりとクリア。
無限湧きっぽいので、相手しているとキリがないのです。
ちゃちゃっと敵将倒して終わるのが楽。
... 続きを読む
スポンサーサイト
2ヶ月以上の長かった戦いが終わりました。
プレイ時間は寝落ちしていた分がかなりあるので、クリア直前の141時間という数字はあてになりませんが、たぶん60時間以上はかかっているはず。
最初のうちは、かなりやり直しを繰り返しましたし。
終章が実は一番簡単だったかもしれない。
ノーマル難度とはいえ最後の戦いということでしっかり準備していったので、まあありがちといえばありがちですね。
ともあれ、久々に”ゲームが楽しい!”と思えたことが何よりうれしい。
インタフェース・システムがすごく使いやすく、プレイのしやすさが半端ないのも驚き。
S-RPG(公式ジャンルは「ロールプレイングシミュレーション」)に興味がある人なら、かなり間口が広くて楽しめるので、これのために3DS買ってもいいぐらいだと思います。
ようやく20章までやってきました。
しっかりレベル上げしているおかげで19章までは楽勝ムードですがどうなることやら。
LV30がリミットのキャラをクラスチェンジするか迷ったものの、そのまま置いておくのもつまらないしもったいないので、いっせいにクラスチェンジ。
同じマムクートでもキャラによって微妙にチェンジできるクラスが違うのも面白い。
マムクートとタグエルは他のクラスにチェンジすると武器の熟練度がいきなり最低ランクのEからというのが、ちょっとこの終盤になってからでは痛いところではあります。
ペルソナ4G

初代は結局最後までプレイしなかった気がしますが、ともあれペルソナ4Gを買ってまいりました。
主人公の名前は自分で決めるんですね。
本名プレイは避けて、アニメ版の主人公名にして始めてみました。
プレイは快適で、まだ序盤なので話に引き込まれるというところまでは行かないものの、テンポがいいので進めるのが苦になりません。
まあ、トータルでプレイするとかなり長くなるということを聞いていますが…ぼちぼちプレイして1度はクリアしておきたいですね。
LV20に到達したキャラが続々とクラスチェンジ。
ワクワクしますな。
ひとまず1回目なので、どのキャラも今までのクラスの属性と似通ったものを選択。
いろいろ遊ぶのは次からにしましょう。
また、LV20になってもクラスチェンジしないキャラも一部います。
村人、マムクート、タグエルなどで、これらは特殊なクラスのようです。
1ヶ月以上ぶりに最後のキャラ、桃子先生をクリア。
まあ、ストーリーLとHの両方ルートを見ていないキャラがまだいますが、ひとまずコンプということで。
後半は作業プレイになったところはどうしてもありますが、全般としてどのキャラのストーリーも良かったので楽しめました。
さらに進めて14章。
11章で一区切りがついて、12章から第2部開始という感じです。
一戦一戦がだいぶ大変になってきたけれど、それもまた楽しい。
他のゲームがあんまり手につきません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。