--/--/--(--) --:-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
久々の純夏と汐の謎通信が面白かった。
二人の絆の強さを表すものでもあり、なおかつコミカルさに貢献しているというのが上手いというか、この作品を端的に象徴しているというか、そんな感じ。
... 続きを読む
スポンサーサイト
無事ワシントンを落としてガメリカ制圧。
今回のプレイでは日本化を進めていたためか、直後に選挙を実施して日本化か独立か選ぶってのは意外な展開でした。
次は最後のエイリス。
 技術=新しい艦船を開発するのに必要
 資源=開発した艦船を造るのに必要
このゲームには国力を表すパラメータが上の二つあって、星域(国)ごとに決まっており、占領して治安を回復することで星域の技術と資源を加えることができます。
序盤は技術が足りなくてあまり開発ができなかったのですが、ここにきてむしろ資源の方が足りなくなっているような。
1回開発すればあとは造船するだけということと、意外と新しい艦船でなくても戦えるので開発が必須でないから、でしょうね。
ガメリカ攻略の際の分岐はロードしなおして試してみたところ、条件がわかりました。
どっちか悩みどころですが、敵ながら好感の持てるダグラス、キャロルにとって良い結果になりそうな方を選びたいかな。
一応ネタバレなので続きに書きます。
2011/05/25(水) 20:57 人気投票…だと
>穢翼のユースティア 人気投票予定
30日から開始して10日間の決戦。
でも、バナー切り替えちゃったよ!
ん~、今から戻すのも間が抜けてるのでしませんが。
バナーは一つと決めているけど、例外的に10日だけ2つにしてもいいかな?
個人的にはリシアにいい所まで行ってほしい。
世間的には誰が人気なんでしょう…フィオネ、エリスあたりかなぁ。
性格に意外性のある聖女さまがけっこう上に来そうな気もします。
オーガストで鉄板の幼なじみは今回いないし、メインヒロインはいまいち存在感に欠けるので、なかなか読みづらいですね。
2011/05/25(水) 01:24 大帝国 感想6:ソビエト占領
ようやく全領土を占領。
意外と最後の戦いがあっけなかったりして。
戦力が整っているせいはあるのだけど。
「極寒」という、攻撃力半減の気候条件もあるのだけど、提督で冬将軍出現。
「極寒」の影響受けずにレーザー攻撃威力2倍という固定スキル持ち。
まあ、ソビエト落としてからだとあんまり使いどころはない気もしますが、可愛いからいいか。
チェリノブまで奪取したところでワープゲートが使えなくなるイベント発生。
RPGでいうところの「橋落ち」イベント?
ゲート再開後にモスクワに侵攻してなんとか攻略できたものの、カテーリンはおらずに戦争継続。
当てが外れました。
まあでも、この感じなら順々に落とせそう。
ガメリカ・エイリス・ソビエトの三国相手にディフェンスだけなら大丈夫という状況は変わらず。
イベントチェックのために攻めずにターン進めてみたら、特にターン進行によって状況に変化がなさそう。
しばらく戦力増強してから攻め込んだほうが良さそうです。
現状だと占領は出来ても全部の敵を倒しきれない、となると資源などのボーナスがもらえないんですよね。
それはもったいない。

進路・星域数を考えるとソビエトを先に倒すかな?
その後でガメリカ→エイリスと行くのが良さそうに見えます。
複数の星域と繋がる場合守りが難しくなるので、いっそ攻めるならその先に一気に行ける戦力揃えてから。
現在最前線は
 ガメリカ:USJ
 エイリス:アラビア
とどっちもその条件に当てはまる、となれば慎重に行きたい。
しかもかなり支配地域の両端が離れてきていて、いちいち戦闘ごとに主力を往復させているわけにもいかないため、ガメリカ・エイリスどっちかをまた集中的に攻めることになりそう。
二面作戦できればいいけど、微妙に戦力が足りないのよね…。

キャラはガメリカの魔女フリスがなかなか可愛い。
ものすごくベタなツンデレ。
戦国ランスで言うところの香姫にあたるのが帝ちゃん。
こういうけなげで、でも明るさと素直さを持ち合わせている娘はいいですね。
序盤で彼女の提案に賛成するか反対するかで、大きく展開が変わります。
ストーリー上もですが、むしろゲームの進め方への影響が大きい。
2011/05/13(金) 19:14 さて、いよいよ宇宙征服に
といいつつ、なかなか進まなかったりしますが、大帝国。
やっと戦い方と国力の上げ方はつかめてきたので、ぼちぼちペースを上げていけそうです。
最序盤はともかくも、ガメリカ・エイリス相手だと弱点をつく必要があり、それに必要な戦力を整えてから侵攻することになります。
5/11に大規模なパッチがアップされてえらく遊びやすくなりました。
 →公式サポートページ
まさかの偵察機能実装が大きい。
いや、これなんで最初から入れなかったかな?
アリスソフトらしくもない。

穢翼のユースティアはコンプできたので、例によってしっかりとしたつくりの設定資料集(初回限定版特典)を見てニヤニヤしております。
設定集はおなじみの特典で毎度作りなれているのでしょうが、にしても丁寧に作ってあるしボリュームあるし、コメントもしっかり入ってるし、言うことありませんな。
…で、ファンディスクはいつですか?

ブログの次の応援バナーにしようかと思っていた「ワルキューレ・ロマンツェ」(Ricotta)が3ヵ月延期。(6/24→9/30)
元々しばらく音沙汰なくてここにきてようやく発売されそうになってたので一安心だったのですが、まだ気が早かったようです。
いかにもエロゲらしいトンデモ設定と綺麗なグラフィックで楽しみにしていたので残念。

こうなると、来月の「Rewrite」(Key)でしょうかね。
応援するからには必ず買うことが前提なので、下手なゲームを掲げるわけにもいかないのです。
昔に比べるとコンプする率が下がってますしねぇ…。
嘆かわしい。
ティアをクリアー。
おまけ含めて全て見ました。
作品としては評価していますが、個人的には求めていたものではなかった部分があるので手放しでは好きと言えないかな。
気になっていたボリュームは十分すぎるほどありました。
序盤は何とか乗り切れました。
ガメリカとの開戦は避けられないのはわかったので、ガメリカとエイリスは自動的に相手をしないとならない、と。
1ターンごとにやり直してても効率が悪そうなので28ターンも進めてみたら、ある程度は戦い方や今後のイベント進行順が見えてきました。
2011/05/09(月) 07:58 ちょっと一休み
穢翼のユースティアは最終章と思われるティア攻略を残すのみ。
一気にやるのも乙ですが、ちょっとだけ間をおいてから楽しみたい。
ここまでの感触は総じて良いのだけど、最終章だけ拍子抜けみたいな感想をちらほら見るので、少し気になります。
そうそう、おまけでエピソードがあって判明したけれど、ルキウスは副官を気にかけてなかったわけではなく、でも手は出すつもりはないようです。
カイムとリシアよりはよっぽど障害なさそうなカップルなのにもったいない。
いい共働き夫婦になりそうなのにね~。

大帝国は攻略し直し。
ゲームフォルダ内にあるマニュアルと攻略サイトを見ながら進めます。
セーブ&ロードゲー、とどっかで見ましたがまあたしかにそうなりそうな雰囲気。
ランダム要素があまりないのと、一戦しないと敵の情報が全く見られない、というのがあってそうならざるを得ないのです。
中帝国→ガメリカ→エイリス→その他、と倒していくことになりそうですが、10ターンも行かないうちにけっこうピンチになるような…歯ごたえあるのはいいと思うか、難しすぎると思うか、かなり意見が分かれそうな印象。
リシアをクリア。
プレイする前はあまり好みではなかったのですが、かなり印象が変わりました。
強くある時と甘える時のギャップがかわいいです。
聖女様クリア。
話に意外性はあるものの、かなりあっさり風味なのは少々物足りない。
ただ、ある理由で2度おいしい。
なんとかフィオネもクリア。
最後の最後の選択肢で間違っていたとは…。
当初の予定通り、エリスクリアー。
途中でフィオネルートに入ったかと思いましたが、あるいは共通ルートだったのか、どっかで選択肢間違えたか。
とりあえず並行プレイしてみる。

>大帝国
1ターンがわりと短いというか、序盤は特にやれれることも多くない。
システム、つまりどういったところで勝ち負けが決まっていくのかがまだつかめないので面白くなる以前の話。
早速7ターンあたりで隣国に敗北喰らって先行きが怪しい。
アリスのこの手のゲームは「戦国ランス」ぐらいしかまともに攻略してないので、少々手こずりそうである。
(大悪司、鬼畜王ランスは途中で挫折)
シナリオはここまでのところ良くも悪くもなし。
いわゆる第二次大戦を宇宙に持ってきて美少女ゲームの作法でパロった代物なので、わりとなじみのある名前のキャラが出てくるが、実態は妙なデフォルメがかかっていて、まだ内容を判断しづらい。
オリジナリティがないと片付けるのは簡単だが、そこはそれ、いかにもアリスソフトっぽいノリは持ち合わせており、安心感と同時に代わり映えのなさが少しある。

22:45 追記
プレイマニュアルはパソコン上で見られることにようやく気づく。
よくよく見ればパッケージ内のスタートガイドに説明があるのだけど、てっきりゲーム内にあると勘違いしていたので。
スタート>すべてのプログラム>アリスソフト>大帝国>大帝国プレイングマニュアル
で見られる。

まあでも、できればゲーム内から見られるほうが親切だったかなぁ、というのはちょっとした恨み節である。
特に、ゲーム序盤からけっこう難度高いし、何やっていいいのかすぐに分かりにくいゲームだけに。

>穢翼のユースティア
ようやく体験版の範囲を超えた。
ここまでで3時間ぐらい?
ルート選択に関わりそうな選択肢が数箇所。
というか、選択肢はあまり頻繁には出てこない。
基本的に綺麗な絵がある読み物。
文章は安定していて読みやすい。
先が気になる程度には謎の見せ方も上手い。
ルートは誰になるやら分からないが、あるいはまだルート確定の段階にまでは来ていないのかも。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。