前回がやや小休止な感じでしたが、またしても動きあり。
というか、純夏は相変わらず打たれ弱いなぁ。
それだけ汐の存在が彼女にとって大事だということだけれど。
2010/12/31(金) 18:27 あと6時間
もう大晦日とは正直信じられません。
ともあれ、今年も終わりです。
年のスタートとしてはかなり酷い精神状態だったのですが、9月からぼちぼちリハビリして、やっと復帰への足がかりができたかな、というところ。
あんまり楽観できないけれども。
なんとか希望を持てるように自分自身しっかりしていかないとな、と思います。
今年一年、サイトを訪問いただきありがとうございました。
来年もよろしくお願いします。

明日は更新…するかな?
未定です。
初詣行くには少々天候が不安なことになってますから。
→福岡の天気情報
情緒あるというには無理があるぐらい、福岡としては大雪の部類。
明日の朝が大変なことになりそうです。

昨日はクリスマスらしいことをほんの少し。
ケーキもチキンもないけれど、少し豪華な食事をして、プレゼント渡したり。
去年も含め、ここ数年私自身あんまり祝うような精神状態でなかったので、久しぶりにこういうクリスマスを過ごした気がします。
1年に1回そんな日があってもいい。
しかし、これでまた太りそうな…食べても太らないと思ってたけど、年とるというのはこういうことか。

そういえば、クリスマス・カードを先日買いに行った時に、時節柄えらく人が多かったです。
天神の、その手のものを求めてる人が一番集まりそうな文具屋に行ったのは事実だけど、あそこまで多いとは思いませんでした。
あんまり並ぶのは好きじゃないのに、なんかこれも記念か、とか思って並んで買いましたよ。
教訓としては、プレゼントもそうだけど、ある程度前もって買っておくのが良いということですね。

クリスマスに読んでいたのは「ヴィクトリアン・ローズ・テーラー 聖夜の迷宮」でした。
図ったようにタイムリーですね。
穢翼のユースティア TGプレリュード

>穢翼のユースティア(オーガスト)
恒例のロム付きムック。
本の方はそこまで目新しい情報はないです。
ヒロインキャラの3サイズがわかるぐらいかな。
収録コンテンツも体験版以外はあまりめぼしいのがありませんが、キャラのテーマ音楽が聞けるのはいいですね。
今回も音楽は期待できそうです。

体験版は思いのほかボリュームあり。
650MB程度で、音声スキップせずに一通りプレイして2時間と少し、というところ。
プロローグの後、オープニングムービーが流れて、その後少しだけ先までプレイできます。

意外なぐらい雰囲気は暗くて救いようがない世界観ですねぇ…。
ただ、べっかんこうさんの絵は根本的に明るさがあるので、かなり合ってないような。
相変わらずきれいな絵なのだけど。
まあ、暗くなりすぎないという意味ではいいのかもしれません。
シナリオ・テキストはいつものオーガストで、毒も派手さもないけれど、堅実で大きな粗は見当たりません。
好みはどうしてもあるでしょうが、個人的には好きなブランドであり、好きなタイプのシナリオなので体験版の範囲は面白かったですし、本編も楽しみになりました。
キャラはやっぱり”自称嫁”のエリスが好きかな。
ベタ惚れなのに素直じゃなくて意地悪してくる感じがたまりません。
2010/12/23(木) 01:44 飲みで太る?
珍しく酒の席が続いたのだけど、なんか太ってるような。
やっぱりおいしいものを食べると太るのね。
要は単純に食べる量が多くなるからでしょう。
酒はほとんど呑まない人なので、そっちのカロリーはあまり関係ないはず。
今の仕事がほとんど動かないですしねぇ・・・。

ゲームは先週買ったのをプレイ中。
訳あってソフト名は書きませんが。
かなり当たりです。
攻略難度は高め、ゲーム部分はほどほどに面白く、エロ部分は期待通り。
主人公がやけにかっこいいのがツボかな。
大マジメにバカやってる人ですね、おおざっぱにかつ好意的に書くと。
フィクションでしかありえないけれど、だからこそ面白い。
最終ルートようやく攻略。
ゲーム全体で見ると、CGが良かったのが最大の収穫。
思いのほか、ストーリーも良かったです。
これで最後かと思ったところで次に続く…?
まさかの展開です。
いや、面白くなってきました。
挿入歌の使い方が上手い。
2010/12/15(水) 08:05 早寝早起き
12時前に就寝が珍しくなくて健康的なのはいいのだけど、おかげでさっぱりゲームとかマンガとかの消化が進みません。
おかしいなぁ、ちょっと前まで2時3時が当たり前だったのに。
まあ、悪いことじゃない。

失われた未来を求めて、おそらく最終シナリオになるので、ある程度頭クリアにして準備してからプレイしたいんですよね。
大事にしたい。
これはゲームだろうがアニメだろうが同じ感覚ですね。
ともかく始めてしまえば意外と最後までプレイできたりするものではありますし、感想もプレイしたその時にどんなにつたなく思えても、思っていることのほとんど書けてない気がしても書いておくことが正解であったりしますけれども。

それを終わらせたら次どうしようかなぁ。
一応購入予定はありまして、ただ、レビューするかは未定。
内容的にちょっと上げるかどうか検討が必要な気がしています。
たとえフィクションであってもね。
2010/12/13(月) 21:08 ブログの文章に飾りは必要か?
最近、思うところあってあえて「(笑)」とか「(爆)」とか「(^^;;」とかそういうのを使わずにいます。
ものは試しと始めてみたら意外となくても書けるものだな、と思いますね。
あった方が文章としては柔らかくなると思うし、テンションを表現するには手っ取り早くて効果的だとは思うのですが、それをなくした状態でどう表現できるかというチャレンジ。
実際は自分で思うほどはあんまり変わってなくて、自己満足かもしれないけど。

それと、今は敬体に戻していますが、常体で書いてみる、というのも試していました。
その方がストレートに感想を書けると思います。
どうも敬体だとつい取り繕っちゃうというか、おとなしくなりがちなので、感想を素直に表現するためには常体という形から入ることで少しやりやすくなるんじゃないかと思ったわけです。
これも実際言うほど変わっているのかは自分では判断つかないところなので、手探りではありますね。
現在は敬体ベースで、時々常体混ざり、というあまり行儀は良くない書き方になっています。
なんかその方が書きやすいので。
敬体で抑え目に書きつつ、ストレートに感想を述べたい所では常体を使う、とかそういう感じ。
言ってみればこれも以前の「(笑)」とかに当たるものなのかも知れません。
話の根幹に関わるキャラだけに、プロローグ以外は飛ばさずに見てみました。
ゆいの正体はだいたい想像がついてましたからあまり驚きはないですが、いやでも、かわいいなぁ。
こういう系統のキャラは大好きです。
スタッフロール後の、あるキャラの変貌がかなりインパクトありました。
本ルートで宙ぶらりんになっていた恋の行方も決着。
何度目のセリフかわかりませんが、これまた甘々でした。
いじめられても可愛がられてもうれしそうにしてるから、もうたまりません。
順調に消化中。
1プレイが短いので勢い込んでやろうと思わずともやれるのがいいですね。
毒舌な先輩は”弱点”が可愛いすぎる。
基本的には佳織anotherルートと同じと考えていいのかな。
結ばれる相手が異なるとしても。
本ルート以上に甘々でした。
ツンデレ娘がデレるとかわいいですね。
定番は強いなぁ。
謎がだいぶ見えてきました。
佳織ルートのもう一つの可能性であるところのanotherルートをクリア。
ヒロインごとにルートが2つずつあるという理解でいいのかな。
共通が多く分岐は終盤になってからなので、そこまでは変化がないのがちょっと退屈ではありますが、やはり幸せな未来へ繋がる道を見られたことのうれしさが勝る。
…とはやはりいかないですね。
心に苦いものを残しつつも、どうにかこうにか一応のクリア、かな。
最後の選択肢を間違えた先にあるだろうバッドエンドだけまだ確認してませんが。
だいたい納得のいく形の終わり方であったと思います。
まずはメインヒロインと思われる佳織をクリア。
とは言っても、これがプロローグで本番はこれからという感じです。
話が全然見えてきてませんし、ハッピーエンドでもありませんから。
りるさんが、テンプレ変更して月別アーカイブをコンパクトにしてたので、私も触発されてプラグインを検索してみました。
(いつも刺激になってます。ありがとうございます<私信)
プルダウン式のものを追加して、だいぶ短くなりました。
さすがに実質3年半もやっていれば長くなりますからちょうど良かったです。
改めて見るとこの記事入れて560記事ですか。
けっこうあるものです。
月平均が出るプラグインなのが面白いところで、現時点で12記事/月。
まあ、体感と大幅な差はないですね。
3日に1回書く、というのが前のHPでのスタイルでもありますし。
これからもこのぐらいのペースでぼちぼちいくことでしょう。
時々、テンションの上下によって記事のペースもアップダウンがありますが。
2010/12/07(火) 05:01 人間デブリ 感想2
面白くなってきました。
ようやく主人公側から反撃開始。
もう一山二山確実にあるでしょうけど。
2010/12/06(月) 08:04 人間デブリ 感想1
少し再開。
真相はだいたい見えてきたので、あとは動機かな。
もっと奥にまだ何かあるのかどうか。