--/--/--(--) --:-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「きみといると」1巻表紙

「まいった こんな遠くから一発で山河さんを見つけられるなんて
まるでそこだけパッと光ってるみたいに オレ…やばいよー」
(わかる、わかるぞー(笑))


>「きみといると」1巻(かがみ ふみを、双葉社アクションコミックス、コミックハイ!連載)
「まちまち」でちょっと気になってた作家さんなのですが、まだ読んだことはありませんでした。
で、今回、巡回先でレビュー見て後押しされたので購入。
(巡回先→DAIさん帝国:その身悶えっぷり、お美事にございまする、『きみといると』1巻
いやもう、初々しいったらありゃしない。
略して「初いラブ」とでも名づけましょう(ぉ
癒されます。
だってさ、名前聞くだけで二の足踏んで緊張しまくってるんですよ!?
(この二人、学校が違います)
名前聞けたら聞けたで、その名前を口に出してみて、それだけで赤面して、恥ずかしくなってそのままトイレに駆け込んだりして。
ありえない。
ありえないけど、そんな二人がいてもいいじゃない。
というか、たぶん、学生の頃はこんなものじゃないかなぁ…と遠い日のことをおぼろに思い出しつつ。
ほんと、私も高校生の頃にこんな恋愛してみたかった…っ! とか、ええまあ、自分のことはさておき(爆)。
トイレ借りに入った喫茶店で出会った笑顔のかわいい女の子が気になって…という導入。
(余談ですが、この作品に限っては「可愛い」よりは「かわいい」が合うと思います。もろもろ雰囲気的に。え、どうでもいい? まあ、そう言いなさんな)
設定はベタベタだけれど、これが良いんですよ。
そんなクラシックなネタでも描く人が描けば面白い。
丁寧な描写が気に入りました。
男の子:岩井くんだけじゃなくて、女の子:山河さんの方も細かく描いてあるのが良い。
どっちかというと岩井くん視点中心ですが山河さん側からもある・・・あるよね?(ぉ
相手のことが気になって、だからこそ、ちょっとした態度やしぐさに一喜一憂するんです。
そりゃもう、くどいぐらいに(笑)。
ああでも、こういうのあるのよなぁ…と思うから、いやみには感じない。

山河さんのバイト先が喫茶店というのもポイント高いですが(個人的に)、加えて九州出身というオプションつき(ぉ
時々方言が出るのがバリかわええです。
九州って言っても方言はやっぱりいろいろあるわけですが、推測するに北部九州かな?
かつ、瀬戸内海よりではなく福岡・佐賀近辺っぽいです。
まあ、地元以外の人にとってはどうでもいいかも…(^^;;

そんなわけで、こっぱずかしいぐらいの初々しいラブコメが読みたいそこのあなた!
お勧めです。
スポンサーサイト
2009/05/29(金) 00:59 マルチタスクは苦手で…
最近、WEBラジオを時々聞いています。
いわゆる「音泉」とかそういったヤツですな。
「アマガミ」で言えば詞の中の人とか薫の中の人とかがパーソナリティやってます(笑)。
ゲームメーカーでもゲーム発売前後にファンページ的なラジオやってたりするので、ちょこっとつまみ食いしてみたり。
ラジオのいいところは他のことやりながらでも聞けることですね。
ですから、今だとブログ更新しつつ、ネット見つつ、オンラインゲームやりつつ、マンガ読みつつ…とかそういうことに(ぉ
まあ、どれかに集中した方が結局楽しめるかな、とは思います(笑)。

>ささめきこと その27 あなたがここにいてほしい(コミックアライブ2009年7月号)
しばらく感想さぼってました(^^;;
久々に直球タイトルきましたー!?
ん~、汐との関係に進展が見られないまま2年生に進級して、ちょっと停滞ムードですね。
お互い、自分が相手を好きなことははっきり自覚していながら、相手が自分を(恋愛対象として)好きだとは思えない、というところでハマりこんでしまっています。

冒頭、汐の兄が気遣う言葉を投げかけます。
汐と純夏双方の気持ちにも気づいているっぽいですね。

朋絵があまりにもぎくしゃくしている二人に業を煮やして、汐に働きかけ。
友に(そもそも、汐は朋絵のこともまだ友達とは思ってなかった様子((汗))背を押されて、ようやく汐が純夏に改めて話しかけようとした矢先に…え、新キャラが二人?(後輩)
あ~、こうきますか。
ちょっとグジャグジャになり過ぎやしませんか、という危惧があります。
とはいえ、今回朋絵が動いたことで汐も動くきっかけをもらったのでしょうし、状況が動けば二人の停滞した関係も動く可能性はある・・・のかなぁ?
またまた先が読めなくなってきましたよ。

アニメの方はいよいよキービジュアル初公開!
アライブ読んでてよかった!(←お前は回し者か(笑)
(あ、製作元公式サイトでも見られるようです。→AIC ささめきこと公式サイト
ん~、違和感あんまりなくていい感じですよ。
もともと線が少なめなマンガなので、アニメにはしやすそうな気がします。
まあ、素人目ですけれども。

>栗本薫さんご逝去
なんともこれは言葉がありません。
若かりし頃、ほんとうに若かった頃、グイン・サーガが始まったばかりで。
そりゃもう、むさぼるように読みましたよ。
50巻あたりで求めるものが違ってきて読むのやめましたけれど。
最終巻ぐらいは、というか、最終巻だけは読んでみたかった!
ほんとうに残念です。
今度もきっとガンを克服されるんじゃないかと思ってましたけど…亡くなられるなんて、まだ正直信じられない気持ちがあります。
>「楽園のトリル」#6(藤田麻貴、秋田書店プリンセスコミックス)
感想サボってましたよ!
というか、いまさら気づきましたが、巻数表示が「#」(シャープ)だったのね(笑)。
それはそれとして、今回も良かったです。
なにより、主人公の律がけなげにがんばる姿にはほれ込まざるを得ない。
相棒の篁(とその長兄)には相変わらず振り回されてますが、それでも主導権を握るところもあって、律という人間のパワーには驚くばかりです。
無駄に前向き。
突撃しては空回り。
篁には再三、”アマガミ”加減にいじめられてますが、めげません。
(いや、あれって、怒ってる部分もありますけど、ぶっちゃけイチャついてるよね(ぉ))
そんな無駄な明るさと前向きさ加減が好きだなぁ。
憧れます。

かわいいだけじゃなくて、”かっこいい”が似合う女、鹿谷律(笑)。

…や、肝心なところではへたれてるんですけどね、彼女。

いよいよやってきた、「母へのカミングアウトシナリオ」でも、最初言い出せずに流される始末。
それでもなんとか気持ちを立て直して、母と”ちゃんとケンカ”(ケンカ、ってよりは本音をぶつけ合う話し合い)して、自分の希望を母に認めてもらうに至ります。
そこへの後押し、助けをしたのがやっぱり篁なんだなぁ。
少々都合よすぎな登場ではありましたけど、ラブコメ的にはしごく良いです。
もう一度話してみる、と篁に告げたときに髪をワシワシされてる律とワシワシしてる篁がラブラブすぎて萌えました(笑)。

しかも、不幸体質&巻き込まれ体質な律が、家を飛び出した先で案の定、面倒に巻き込まれているのがまた(^^;;
でも、これがちゃんと母との和解に繋がるきっかけでもあるので、運命としか言えません。
妊婦さんなんですよ。
その彼女に継げる言葉がひどく切なくてね、もう。

「――いいじゃないですか 旦那さんポイッてしちゃいましょ
(中略)
…ずっと そう思っててくださいね
…忘れないで
ずっとずっとそう思い続けてたら
きっと大丈夫ですよ」

自分たちもずっとずっといっしょにいたかったけれど、それは果たせなかったから、そう励ます。

作者1/4スペースでのコメントで「ラストまで」お付き合いいただけたら~という言葉が出てきていますので、終盤に入っていると見てよさそう。
たいていの問題はクリアできてきてますしね。
あとは篁の長兄が認めるかどうか、ってとこですか。
とはいえ、この件も今回でけっこう答えは出ている気もします。
2009/05/18(月) 23:16 戻しました
なんだかカウンターがまともに動作しないので、ひとまずテンプレ戻しました。
テンプレ編集すればいいんですが、そこまで気力がないっす(^^;;

ゲーム(ハードを借りて)遊ばせてもらっている友人から、XBOX360買い替えるので元の方を買わないか、という話。
まあ、いいか、ってことでOKしたものの、今のところ、「THE IDOLM@STER」ぐらいしか遊ぶものが思いつきません(笑)。
なんか洋ゲー専用ハードみたいなイメージがありますが(ぉ)、ちょ~っと探してみますかね。

>DREAM C CLUB(ドリームクラブ)
これがありましたっけ。
正直、これはどうよ? と思いつつもあえてプレイしてみたくなるやばさ加減がありますね(マテ
ん~、まだ発売までには間がありますし、一応検討に入れておきます。
2009/05/16(土) 00:02 たまにはそんなこともある
気分転換的にテンプレ変更してみました。
すぐに戻すかもしれませんけど(ぉ
すさまじく「夜明けなMC」のバナーが浮いてますね(笑)。
元からそうかな?
タイトルにあんまり意味はありません(ぉ
思いつくまま、書いてみたまでです。

日野理恵(ニコニコ動画他)
オタクのはしくれとして、釘宮理恵さんという声優は知ってましたが、特別意識して聴くことはなかったです。
が、ふと上記のキーワードでタグされた動画(WEBラジオドラマ編集系)を聞いてみて、軽く「釘宮病」にかかった模様(笑)。
釘宮さん単体だと、「ツンデレ声優の代名詞」という以上の印象は個人的にないんですけど、日野さんとセットの会話がいちいちニヤニヤさせられるもので、どうしようもないね、この二人は(ぉ
仲良しさんです。
ファンとしては妄想たくましくするのもやむを得ないほどのいちゃつきぶりに聞こえますが、真相はどうなんでしょうね~。
こんだけ掛け合いが盛り上がるってのは二人の相性はいいんでしょうが、それが恋人関係に結びつくのかどうかってことだとまた違う、のかなぁ。

>プロ野球チームをつくろう!ONLINE 2
3チーム並行プレイ中。
全てメジャーになってるので、そうそう勝てません。
① 2ペナ優勝→3ペナプレミア決定(2回目)
後半になって首位と差が詰まってきたので、がんばってたら優勝してしまいました。
うれしいけど、プレミアだと今度はまた苦戦しそうです(^^;;
ちなみに優勝商品カード(☆8)はT下柳でした。
② 3ペナ 後半に入って5位。
混戦なので、あるいは4位は狙えるかも。
ただどちらかというと、勝敗捨てて監督カード狙いで、「采配:大きいのを狙え!」にしています(笑)。
③ 2ペナ 6位で終了
打撃はなかなかのものですが(打率だけはトップでした)、こちらも先発陣が厳しい。
☆7以上の投手がそもそもいないので、代わりに中継ぎ以降にコストを割けますが、それでもこのゲームの仕様上、先発に優秀なのがいた方が勝ちやすいんですよねぇ…。

>ヴィクトリアン・ローズ・テーラー 恋のドレスと宵の明け星
まだまともに読んでません(^^;;
流し読みしてみた感じ、甘いところもありつつちょっとほろ苦いところもあるような・・・。
クリスとシャーロックの仲が進展していくにつれて、やっぱり以前とは違った悩みが出てくるのはいたし方がないですね。
あとがきがその辺り、なかなか示唆にとんだものでした。
例のコバルトでのマンガの感想もちょこっとありましたね(笑)。
青木先生も楽しんでいるようです。
クリスに負けじと、シャーリーって呼んでいますけど、これは作者特権、かなぁ(笑)。
>Pia♥キャロットへようこそ!!4
ようやく制服コンテスト開始。
待ってました。
原画担当の一人は制服コンテストのサンプル絵を描いている有子瑶一さんの可能性大。
かわいらしい絵を描かれる人ですね。
良いんじゃないでしょうか。
これまでのシリーズの雰囲気ともなじむ感じ。

何はともあれ、投票!
電撃G'sと電撃姫でも告知があるようで、(官製)ハガキで投票できるようです。
G’sは買ったからぜひ出しておくことにしましょう。
私は第一印象ではフェザータイプかな?
すっきりしていて、デザインに特徴があるのが良いです。
有子さんのコメントにある「某お店」ってやっぱりあのパン屋さんのことでしょうねぇ…(笑)。

メインヒロインはこのコンテストのサンプルページにいる子でしょう、おそらく。
ツインテール幼なじみ系?
ツンデレではなさそうな雰囲気。
どこまでも憶測ですが(笑)。
今だからこそ、できる妄想は果てしない。
>アマガミ
予定通りはるかと逢を平行して進め、どちらもスキでの☆点灯までもっていったところでビビリが入りました(^^;;
というより、もう1回BEST見たくなった、という方が強いのかも。
はるか先輩の方を選択して、もう一度クリスマスデートを見ました。
何度見てもやっぱり強烈なイベント続きですねぇ…。

ただまあ、正真正銘の1回目ははるかしか攻略してなかったので油断してましたが。
逢も平行してスキだと(☆アイコン選択してない状態でも)、噂の「逢がワゴンセールを見て~」というイベント(←なんのこっちゃという説明ですが、わかる人にはわかる(^^;;)は起こるんですな。
これはこれで罪悪感が…。

ともあれ、いいものはいい。
「男殺しの天然女王」がはるかのキャッチコピーです。
改めてその通りだなぁ、と。
無邪気でなんだか抜けているところもあって、あぶなっかしいんだけど、はるかだからいいか、と思ってしまうような天然での愛嬌は反則ですらあります。

はるかと逢のGOODとBADを見る前に、逢のBESTももう一度堪能しておこうかと思います。
Wikiでの人気投票でも二強の二人ですが、つくづくこの二人を最初にプレイしたのは必然だとしか思えてなりません(笑)。
どの子もトータルでかわいいんだけど。
クリスマスイベントの強烈さにおいては他の追随を許さない感があります。
>アマガミ
よりにもよってシステムデータ破損、という最大級のバグに遭遇したため、しばらくショックでプレイできませんでした。
まあ、それは半分ぐらい本当。
新しいメモカを通販で注文したので時間かかったのと、単純にプレイ時間が確保しづらかったというのが理由です(^^;;
まっさらなメモカで一からプレイすることにしましょう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。