2007/11/29(木) 01:54 「君に届け」5巻の感想

「…よかったの?」
「何が?」
「俺も会いたいとか言わなくて」
 <妙にツボだったので引用(笑)

>「君に届け」5巻 (作者:椎名軽穂、別冊マーガレットで連載中)
episode17から20まで。
初回版の特典は「爽子こんにちはスタンプ」。
時期が時期だけに年賀状にはもってこい?
表紙は「(どう見ても)目立ちたがり」で「邪魔したがり」のピンが主役の爽子と風早を押しのけて居座っています(笑)。
いや~、うっとうしい。
ですが、この人の場合はそれでもあんまり憎めないところがなんとも。
あやねとは本当に進展するのか否か。
個人的にはわざわざくっつけなくても、とは思いますけど(^^;;
まあ、作中で全然進行してない関係を現時点でどうこういっても不毛かなぁ…。

さて、別マでの連載もしっかりと読んでいるので、単行本で再読してどう感じたのか、ってところを書いていこうかと思います。
連載時の感想は既にその時に書いてますしね。
 →「君に届け」episode17の感想(HP内。2007/04/12の記事)
 →「君に届け」episode18の感想
 →「君に届け」episode19の感想
 →「君に届け」episode20の感想
 →「君に届け」episode22の感想
 →「君に届け」episode24の感想

一応ネタバレなので(&長くなったので)以下は追記に書きます。
2007/11/24(土) 03:06 ポスター張り替え
>FORTUNE ARTERIAL(オーガスト)
「TGスーパープレリュード FORTUNE ARTERIAL」にヒロインの一人、陽奈(はるな)のポスターがついていたので、自室の壁に貼ってあるポスターを整理して貼る場所をつくりました。
たまには模様替え(それは模様替えというのかは置いといて)もしないと。
ポスターの絵は15歳以上お断り、ぐらいのちょっとえっちぃ代物なので(?)晒すのはやめておきます(爆)。
これも来月1/25予定ということで予約始まっているので、どこで予約するか悩むところです。
それもまた楽しみの一つ。
個人的には桐葉(きりは)、ですがさてプレイしたらどうなるでしょうかね。
2007/11/22(木) 23:45 何はともあれ
なぜ紙袋がダンボール内に?「世界でいちばんNG(ダメ)な恋」パッケージ+ドラマ入り主題歌CD

>「世界でいちばんNG(ダメ)な恋」
オフィシャル通販で発売日に到着。
帰宅が遅かったので、ようやく開けてインストしようかというところです。
まあ、体調もあんまり良くないし、無理はせずに少しプレイしたら休もうかと思いますが(^^;;
残念ではあるものの、朝から頭痛が酷いわ、唇のハタは荒れてるわで、正直厳しいです。
あ、ちなみに、左の写真はなぜかダンボール内にクロネコの紙袋でさらに包装してあったので、面白がって撮りました(ぉ
緩衝材入れるよりそっちの方が手っ取り早かったんでしょうかね。

他にもいろいろ買いこんではいるので、ぼちぼち消化していこうかと思います。
例えば「コバルト」12月号、ふだんは買いませんが、表紙がこれ↓ですからね(笑)。
「コバルト」2007年12月号 クリス&シャーロック表紙

いやもう、何このいかにも「今月の新婚さん」みたいな落ち着きぶり(マテ
やっぱりこの二人はお似合いですよね。
…ぜひ幸せになって欲しいものです。
せっかく買ったので、「恋ドレ」の短編だけでも読んでおきたいところ。
2007/11/21(水) 19:03 全く…
しつこい勧誘電話が2度もかかってきて欝ですよ。どうも。

まあ、そんなことはさておき。
久々に休みでした。
昨日まで遠くから友人が来ていたのに、ちょうど帰った翌日に休みとは間が悪いことです。

11月といえばコレ!?
>天使のいない12月
(あ、今気づきましたが、紹介ページのレイアウトが以前の横長から縦に変わってますね。
こっちの方がそりゃまあ、見やすい)
去年もそんなこと言ってプレイしていたような気がしますが(^^;;(2006/11/18の日記)
(…あ、パンヤも夏に行ったっきりでさっぱりですし(爆))
雪緒目標でプレイしたつもりが、エンディングは明日菜さんでした。
でも、どんなエンディングでも、何度見ても良いワァ…信者ですから仕方がないんです。
このゲームってフラグがあんまり分かりやすくないんで、未だに私はよく把握してません(笑)。
まあ、選択肢何度かロードしなおせばいいんで、真剣に困るというほどではないのです。
どこら辺が良いのかって説明が難しいし、好き嫌いも両極端に分かれるゲームではありますが、個人的には大好きです。
メッセージ的には「ただ生きろ」とか「そこに在れ」とかそういう感覚でしょうかね、端的に言って。
明日菜さんのエンディングではそういう印象。

再プレイしたきっかけは、夏頃に私が買った「天使のいない12月」同人誌作者の方が冬コミも「天使のいない12月」の本を出されるということなので、予習しておこうかと(笑)。
万が一にもイベントには行けそうにありませんが、通販にはたぶん委託される…ことを期待して。
 →「Like a mint」 (サークル「UMBRA」(若月さなさん))
>リトルバスターズ!
ふとパッケージ開けてみて、「棗恭介風来記」なんてものがあったことを思い出しました。
それとアレンジ音楽CDも。
で、「棗恭介風来記」の方は妙な名前ついてますが、要はスタッフによるガイド本です。
ただあまりネタバレ度は高くありません。
けっこうな厚みがあるわりに、版権イラストが多くてうれしい、「恭介の一問一答」が逐一載っている、とそういう仕様ですね(笑)。

以下、唯湖ルートネタバレを含むので、追記へ。
TVアニメ ハヤテのごとく! 公式BOX 限定版

>TVアニメ ハヤテのごとく! 公式BOX 限定版
正直な話、これ買っちゃったら後戻りできねぇよなぁ…とは思いつつ。
…まだアニメちゃんと見たことないんですけどね、実は(ぉ
内容は
・アニメのガイドブック(104P)
・白皇学院校章の襟章ピンズ(三千院ナギ様使用美品)…って未使用なら名前に意味は(ry
・白皇学院学校指定Tシャツ(「桂 ヒナギク」の名前入り、別布で「桂」ゼッケン付属)

問題は3番目ですよね、どう見ても(笑)。
TシャツのサイズはMサイズ=ヒナギクの身長161cmに対応、ということなので平均的な男の子だとちょっと小さすぎますね。
…私は四捨五入しないと160cmいかない人なので、十分許容範囲内なんですけど。
いやいや、着ませんよ!? もちろん(爆)

ガイドブックもアニメのネタバレ恐くて読めませんしね。
これじゃ何のために買ったのやら。
早いところ、観ておきたいものです。
2007/11/18(日) 02:27 風邪引いて治りかけ
喉風邪かな。
ちょっとここ3日ほど風邪っぽいです。
まあ、風邪薬飲んでなるべく寝るようにしていたら治ってきたっぽいので、とりあえずはひと安心。
どっちかってぇと、更新なんぞせずに早く寝ろって話ですか(笑)。

「リトルバスターズ!」が片付いたので、どうにか「世界でいちばんNG(ダメ)な恋」には間に合いそう。
ぎりぎり、マスターアップしたようですし(笑)。
これで阻むものはなし…っ!
そう気合入れるほどのもんでも、いや、あるのか?<どっちやねん
いろいろと他にも候補はあったものの、それ以外のゲームは様子見ってことで<主に予算的な理由で(苦笑)
…まあ、「ピリオド」Littlewitch)とかも気になっているんですが(笑)。
体験版プレイしたら、これが面白そうなんですよ!
ここのゲームは「Quartett!」プレイしたきりですが、ずっと気にはしているので。
(→参考:HP内「Quartett!」レビュー
2007/11/14(水) 01:32 「君に届け」episode24の感想
別冊マーガレット 2007年12月号表紙

>「君に届け」第24話(作者:椎名軽穂、別冊マーガレットで連載中)
先月はまたしても書けずじまいでした(汗)。
またしても表紙の爽子&風早カップル!(拍手)
いよいよ5巻も今月発売ですよ。
5巻の表紙はピンがメインとは…恐れ入りました(笑)<今月の雑誌表紙にも告知イラストあり(上の方)
福岡だと22日には発売されないので、感想は2日後に。
ともあれ、楽しみです。
続きは追記で~。
以前の記事へのリンク
 →「君に届け」episode18の感想
 →
「君に届け」episode19の感想
 →「君に届け」episode20の感想
 →「君に届け」episode22の感想
>リトルバスターズ!
なんてこった・・・。
プレイ前の印象ではどうにも惹かれるものを感じなかったので最後に回したわけですが、なんつうものを見せてくれやがるんでしょうか。
驚かされてばかりですね。
なんかもう、よくわからないけれど、考えさせられる部分が多くて。
>リトルバスターズ!
4人目、クドをクリア。
しかしまあ、個別ルートに入って雰囲気変わりすぎ!
のどかな学園生活から(それでも実力テストの下りはけっこうシリアスな面があったのですが)、いきなりあそこまで話が飛ぶとは…。
相当な力技なんじゃないでしょうかね、これは(笑)。
ファンタジーというかミラクルというか・・・あんまりこれ以上話せませんが。

野球は初勝利。
どうやらクリア回数に応じて理樹と鈴の能力が底上げされるようなので、だんだん楽になりますね。
ピッチャー(=鈴)が打たれず、4番(=理樹)が仕事をするようになる可能性が上がりますので。

しかたがない、ネタバレ度高そうな要素は追記で書くことにします。
>リトルバスターズ!
はい、どんどんいきますよー。
姐御こと唯湖をクリア。
既読スキップ使いまくったのでスイスイ進みます。
まあ、個別ルート入ってからはじっくり読みますが。
野球は良い勝負して結局ドロー。
うん、謙吾加入済みで練習目一杯やれば勝てそうですね。

唯湖ルート、ずいぶんと意外な方向に進みました。
「普段は誰も気にしていないお昼の放送」って要素は共通ルートからあるのですが、それがああなるとは…。
ただ、あれでエンディングだと後日談を見たくてかなり消化不良なんですけれども(^^;;
晴れの日のデー(ry を見てみたいものです。
とはいえ、常にクールで完璧な唯湖が顔を赤くしてうろたえるというのを見られるだけでもかなり美味しいルート。
イチャイチャしてるところはなかなかたまらんものがありましたので(←うわ、頭の悪そうな文章(爆))、ぜひあの先があることを願います。
想像していくのが楽しいとは言っても。

3人進めて、今のところクリアしたのは
 葉留佳→小毬→唯湖
攻略予定としては
 クド→鈴→美魚
あたり?
ただ、メインと思われる鈴は最後に回した方が良い気もします。

なんというか、既にもうハマりこんでいますね。
個別ルートに関してはシナリオの出来が良いってことでしょうか。
それって共通ルートの出来がいまいちってこと?(ぉ
>リトルバスターズ!
3回目、小毬をクリア。
いつも笑顔が印象的なぽわぽわ娘ですが、何もないわけではありませんでした。
…でも、忘れられない悲しみがあっても、きっとこれからもっとたくさんのステキなことを探していけるはず。
ごく普遍的な話で、ひねりもなにもない分、ズドンときますねぇ…。
思いましたけど、少し理樹君を見直したかな(笑)。
必要な時には動ける人間のようです。

音楽については聴けば聴くほど「神がかってやがる」としか言いようがありませんね(笑)。
BGMだけでなく、OP/ED曲のどっちも良いですし。
…ED曲「Alicemagic」についてはイントロがメインなんじゃ、とか言うのはもしかして禁句ですか?(マテ
(というか、この曲、ノリのよさとか妙にアリスソフトっぽいテイストを感じるのですが…よく見たら曲のタイトルに「アリス」って入ってますし。偶然かつ気のせいかなぁ?(笑))
そういえばボーカルはSugar+Spiceでもメインボーカルと思われるRITAさんですねぇ。
うれしいめぐり合わせです。

野球は3回目にしてようやく接戦に持ち込んで2-4
(1、2回目は大敗続きでした)
謙吾が初参加したのが大きいですね。
彼の参加フラグがまだ分かってないのがアレですけど。
それはさておき、謙吾はトータルで能力が高く、パワーも高い。
何よりちゃんと9人いるのでポジションが全部埋まってるわけですし(笑)。
バッティング練習でもうちょっとコンボをつなげられるようになったら勝ち目もありそうです。
>リトルバスターズ!(Key)
2回プレイしました。
時間は合計で10時間ぐらい?
Keyのゲームは他に「CLANNAD」をオールクリアしたのみですが、それと比べるとちょっと現時点での評価は低いかもしれません。
(参考→HP内「CLANNAD」レビュー
理由はいくつかあります。

・主人公含め、仲間たちの言動が少々現実感に乏しい
高校生としてはちょっと子供っぽ過ぎないか? というのが率直に言ってありますね。
まあ、私自身がだいぶその辺の年代からは離れてしまったんで、こんなものかもしれない、とも思いますけど(^^;;
遊びは遊びとして真剣に取り組むっていう”理解”で果たして良いのかしら(笑)。

・主人公の存在感がない
人によって捉え方に差はあると思いますが、個人的にはこの子には感情移入が今一つしにくい気がします。
変でオバカでテンション高いメンバーが多数を占める中で、ずいぶんと普通でおとなしくて冷静な彼。
あ、外見的には美少年の部類、のようです(主に唯湖から弄られている所をみる限り(笑))。
っと、それはそれとして、昔からの付き合いの仲間内で彼だけが妙に普通なんで、なんか浮いているように思えるのです。
文中では恭介をはじめとした面々に振り回されるのが「楽しい」という感情が明記されているのだけど、本当に楽しんでいるのかなぁ…? とちょっと思ってしまって(^^;;
その辺の感覚、シナリオを進めていく中でまた変わってくるといいのですけど。

・共通ルートと個別ルートのギャップ
2回プレイして、内訳は
 ①鈴 ただしスタッフロールは見れず。ルート完了してない?
 ②葉留佳 スタッフロールあり。

共通ルートでは女の子がからむ選択肢がいくつかあって、その中でルートが決定されるようです。
ただ、共通ルートではどの女の子を意識しているか、という言動があまりない主人公。
それが個別ルートに入ってから、ちょっと唐突に距離が近くなる、といいますか。
プレイした中では葉留佳の時は(親しくなる過程に)まだそんなに違和感なかったのですが。
鈴の場合は、有り体に言って「個別ルートになったから付き合う」みたいな感じがあってですね(^^;;
ホントに理樹(主人公)は鈴のことが好きなのか? という。
まあ、ルート完了せずに終了してしまったので、ちゃんと鈴ルートを見たらまた印象は変わるのかも。

・ヒロインにまともなのがいない(ぉ
まあ、Key作品でそれを言ったらおしめえよ、という気もします(マテ
特徴をそれぞれ一言で表現するなら、
 小毬:ほわほわ
 鈴:猫
 葉留佳:オバカ
 クド:わふー
 唯湖:おねーさん
 美魚:日傘

…あんまり説明になってませんね、我ながら(笑)。
まあ、これらは表面的なキャラクターであって、個別をプレイしてみるとまた違った面が分かってくるのですが。
葉留佳は特に強烈でありましたし。
どちらかといえば小毬がわりと普通?
とはいえ、「アホの子」には違いないし(ヒドイ

そんな感じで。
でもまあ、なんだかんだ言ってゲームとしては投げ出さずにプレイしてしまっているわけで、全キャラをクリアしたら絶賛している可能性もありそうです(他人事のように

・記事タイトルについて
 コンフィグ>その他の設定>本プログラムの動作を遅くして、他のプログラムがスムーズに動作するようにする
という設定があります。
これにチェックを入れると環境によっては野球部分の難度がやたらと上がります。
具体的に言うと「動作がカクカクになってプレイしづらい」
3回目のプレイ時にようやく気づいた私もたいがいですが(苦笑)。
スムーズに動かないボールにバットを振るタイミングが合わなくてどれだけ苦労したことか(爆)。
なので、この設定はうかつにオンにしない方がいいです。
2007/11/03(土) 23:44 まだ諦めるには早い…?
>ToHeart2 AnotherDays 延期
 12/14→今冬
に変更。
いや、しかし、まだ来年になったと決まったわけではないので、往生際悪く年末発売を願っておこうと思います(^^;;
スタッフの皆さんにはがんばってほしい。

0:24 追記
>リトルバスターズ!(Key)
長いこと積んでいましたが、このソフト発売がない谷間に(超失礼)取り出してプレイ開始。
昨日3時間ほど進めた感想としては
 「主人公の仲間の言動が子供っぽい」(ぇ
批判としてはこういう論調をわりに見かけるわけですが…CLANNADでは個人的にはあまり感じなかったことだけにちょっとね(^^;;
とはいえ、まだ評価を下すには早いかな、と思います。
もうちょっとプレイしてみるつもり。
オールクリアすることに意味がある=最終シナリオは良い、という話も聞きますし。
そういう意味ではCLANNADのアレ(アレです、アレ(爆))と似たようなものなんでしょうか。

システム部分や音楽についてはなんら不安を感じることはなく。
まあ、バトル部分や野球部分は新しく作ったものだけにちょっと物足りなさもあるわけですが、基本的なゲームシステムはさすがにしっかりしてます。
さらに音楽は本当にすばらしい。
なんでこうも音楽だけで心が洗われるようなんだろう…。

キャラ的には、子供っぽい面子には正直どうもなぁ、というのが先に立ちますので・・・姐御こと来ヶ谷唯湖(くるがやゆいこ)あたりが好みかな?
ふてぶてしいというか、セクハラ大魔王というか(笑)。
2007/11/02(金) 18:14 あと3週間
ということで、フリーエリアの応援広告を「Sugar+Spice」から「世界でいちばんNG(ダメ)な恋」へ切り替えました。
キャラはメインの美都子。

12月の期待作、「ToHeart2 AnotherDays」も先月から情報が出だしたのでなんとか年末には間に合いそう?
前回も延長したあげくにギリギリ年末(12/28)発売だったので、今回もLeafならなんとかしてくれると信じましょう(^^;;

チュアブルソフト公式のトップ絵が変更。
歌、こうしてみるとビジュアル的には申し分ない美少女なんですが・・・。
なにゆえ不人気・・・はさておき、毎月トップ絵は変わるようですね。
楽しみ。
それと、「チュアブルノート。」(スタッフ日記)で衝撃の発表。
「Sugar+Spice」のシナリオを書かれていた師がない弟子さんと森崎亮人さんがそろって卒業(=退社)されるとのこと。
まあ、今後も外注で製作にはかかわるようなのでほっとしています。
まじめな話、「Sugar+Spice」のメインライターである森崎さんをチュアブルソフトは大事にしていくべきかと思います。
…おせっかいな言い分ではありますけど。

22:37 追記
ブログタイトルの背景を久しぶりに変更。
画像はメイドセイバーさんの横顔。
友人に送ったメールについでに送りつけたら、そのことでなんか変なスイッチが入ったらしく、写真撮り直してゴソゴソと加工してました(笑)。
あまり縦長にしたくなかったので、トリミングしたらちょっと物足りない感じですが良しとしましょう。
左が元画像(圧縮はかけてます)で、右がタイトルに使用している画像です。
タイトル画像 メイドセイバー元画像 400x300タイトル画像 メイドセイバー横顔 400x180
先月の記事数は21と本格開始した5月に並びました。
やれば出来るもので。
「Sugar+Spice」というハマりネタがあったことが大きいですね。
マルチENDなのでプレイ回数もプレイ時間も掛かる分、書きたいことも自然に増えますし。
”まとめ”が書ければ書いておきたいですが…微妙に虚脱感というか達成しちゃった感でそのままになりそうな気がしています(笑)。
とりあえず今月もがんばって書けるといいな、と。
22日の「世界でいちばんNG(ダメ)な恋」までにゲーム以外のレビューをできるだけ上げて貯金をつくっておくのが勝利への鍵。
あ、チュアブルソフトに「Sugar+Spice」のアンケートハガキ送っておかないとなぁ…。