2007/08/31(金) 22:59 悪い魔法使いと水着のパン職人
フィギュア2体到着。
>焼きたて!! ジャぱん 梓川月乃 1/8(アニプレックスxアルターxハピネット)
>涼宮ハルヒの憂鬱 長門有希 1/8 (マックスファクトリー)
とはいえ、強引にでも撮影しないと、またぞろ時間なくてずるずると行きかねないですねぇ…(^^;;
あ、出来の方は両者とも問題ないかと思います。
月乃の顔がちょっと色白すぎ、ってくらいでしょうかね。

写真追加(23:51)
アニプレックス水着月乃 マックス長門同スケールですが、若干長門の方が大きく見えます。頭が大きい気がしますね。ちょっと暗くなってしまいましたorz

月乃全景月乃アップ
この写真では”色白さ加減”があんまりわかりませんね(^^;; 実際はもうちょっと身体部分と顔の肌色に差がある感じです。お顔はかわいくできてますし、この少し腰をひねり気味に髪をかき上げてるポーズがもう、男の子(←?)としては相当たまりませんよ(爆)

長門全景長門アップ
魔法使いのローブが真っ黒なので光量調整がムズカシー。本来は帽子かぶってますが、今回上からの光源1つで顔がおもいっきり影になってしまうので外してます。わずかに微笑んでる表情がナイス。眼鏡がなぜか2つついてましたが、ものは同じっぽかったです。かなり小さくて壊れやすそうなので、スペアでしょうかね?<というか、早速一つ壊しました(ぉ

光量が足りないのでISOあまり小さく出来ず。
ズームするとCaplio唯一の弱点である画質の粗さがちょっと出てしまいますね。
ん、でも、撮影はタ・ノ・シ・イ(壊

久しぶりに(?)フィギュア予約。
>シュラキ・トリニティBOX-03 シャル(レッドxグッドスマイルカンパニー)
フィギュアとドラマCDとブックレットのセット。
何か原作があってそのキャラクターをフィギュア化するというのではなく、オリジナルの「シュラキ」という世界観におけるキャラクターをフィギュア化していく、ということのようですね。
キャラ属性的には第一弾から
 和(日本)→中華(中国)→洋(ヨーロッパ
ときていて、私はその”洋”で初めて手を出したわけですが(笑)。
だってねぇ、金髪ツンデレ(たぶん)なんですもの(ぉ
…といいますかね、このシリーズ、生産に手間がかかるのか予約数がえらく少ないので、気づいたら予約が終わってるということが2度続いていまして。
しかたがないので、昨日は通販予約解禁の0時前からPCの前にいて張ってました(笑)。
どうにか予約1件取れましたが、0時になったら案の定笑えるぐらいサーバが重くなってましたし。
もちょっと生産数は増やした方が良いんじゃという気がします。
事情はあるのでしょうが。

…このシリーズ、わざわざセット売りにする意味が現段階ではまだ実感できないです。
正直フィギュアだけならもう少し安くならないかなぁ、とか私も思ってますし(^^;;
ま、実際に物を見て聞いて読んでみたらまた違う感想もありそうですね。
>パンヤ
BGMをオフにして、別のCDを流していました。
これがけっこう両極端というか、今までの経験上どっちにも転ぶことがあります。
今回は良い方でした。
どうにかISの自己ベストを1更新して-27。
パンヤSS セシリア IS11H 今度はトマで今度は正しくトマで(笑)。追い風だとかなり寄りますね。11yぐらいだった筈。で、イーグル。



パンヤSS セシリア IS12H アルバ成功(ショートチップ)続いて12Hでアルバ成功。グリーンには乗らなかったのですが、近めからチップできました。



あいにくチップがその1回だったのですが、ほぼノーミスで回れましたし、良しとしましょう。
復帰してから初めてメダル取れましたし(銀)。
前半CDの方に気をとられていて、危うく時間足りなくなるところでした(^^;;
逆に後半になるまで緊張しなくて良かったということでしょうね。

©2004 Ntreev Soft Co.,Ltd. All Rights Reserved. Exclusive License ©2004 HanbitSoft, Inc., All rights reserved. ©2004 Gamepot Inc., All rights reserved.
それはやっぱり私が自分自身の継続性に自信が持てないからですね(爆)。
まあ、それはさておき、
パンヤ
例によってIS。
相棒ティッキーもセーラーに衣替えしてちょっとテンション上がりましたよ!
パンヤSS セシリア  IS9Hアルバ9Hもアルバ。ここまでは大きなミスはなし。
が、そういう時にこそポカが潜んでいるもので…。



パンヤSS セシリア IS11H なんでそこでスパイクショットを打つかな?11Hはかなりの打ちおろしで、ある程度の飛距離ある状態でダブルパワーショットだと1オンできます(他にもやり方はあるのでしょうけど)。で、問題はトマじゃないと雪の家(?)に当たるってことです。わかっちゃいたのに、なぜかキー入力が→↓(スパイク)に。なにやってんだか…。

結局自己タイのー26でした。他のホールで大きなミスがなかっただけにもったいなかったですね~。
参加した大会は30人で6位圏内が-28。
(トップが-39と別次元でした…ほとんどチップしてるんじゃないでしょうか)
まだまだがんばっていかないとメダルすらおぼつきませんよ~。
もうちょっとだけ攻略続けてみましょー。

©2004 Ntreev Soft Co.,Ltd. All Rights Reserved. Exclusive License ©2004 HanbitSoft, Inc., All rights reserved. ©2004 Gamepot Inc., All rights reserved.

>同人誌
ほぼ全部届いたかな?
ぼちぼち見ています。
なかなかじっくり見るにはねぇ…私も夏休みがホシイデス
けっこう適当に(ぉ)買ったように見えて、実のところおおむね満足のいく買い物ができてるかと思います。
マリみて関連は前から買っている作家さんもいますしね。
安心感。
「天使のいない12月」で1冊だけ買ったのをチラ読みしてます。
絵は上手いですね~。
話も期待できそうかな?
そもそもこのゲームの同人自体を見ることが少ないので貴重です、ほんとに。
私にとっては未だに(美少女ゲームという範疇において)トップにずっとい続けている作品なので、こうして扱ってくれることはすごくうれしいです。
(そういえばその次ぐらいに好きな「パルフェ」もあんまり同人向きでないのか、少ない気がしますね(^^;;。
まあ、マイナー好きの宿命ってことで(?))
>パンヤ
じぞうさん、はしむさん、ユウ-カジマさんとラウンド。
少しはリハビリしてたおかげであんまり恥ずかしいところは見せなくてすみました(^^;;
ずっとやりこんでいる方はやっぱりいろいろと違いましたねぇ…。
だいぶ勉強になりましたm(_ _)m
ありがとうございました。

IS→ICの順に2ラウンドしました。
パンヤSS セシリア 07PP水着
ガチャレアの副産物でパンマスが余ってるのでPPが貯まるのが早いです。セシリアのPP水着買えたのでゲット。


パンヤSS エリカレア水着 IC10H パワートマホークで1オンアゲ6mでしたが、パワートマホークでどうにか壁に当てて、IC10Hの1オン。まあ、30y以上あるLP外したのは致し方ない…かな(^^;;



©2004 Ntreev Soft Co.,Ltd. All Rights Reserved. Exclusive License ©2004 HanbitSoft, Inc., All rights reserved. ©2004 Gamepot Inc., All rights reserved.
2007/08/24(金) 22:56 新管理画面?
FC2ブログがリニューアルしたらしいです。
コードを全部書き直した為、表示速度が向上した、とのこと。
管理画面もリニューアルしています。
…とはいえ、パッと見はあんまり変わらんような(ぉ
2007/08/23(木) 20:39 ジャンル調査(購入分)
一段楽したので、コミケ72向け同人誌で買ったものをジャンル分けしてみました。
通販注文分がほとんどなので、まだ届いてないのもありますけど(ぉ
写真晒すのはほどほどにしておこうかと思います…その内に。

1 冊数
 22冊
…ってやっぱり意外に多いじゃないの(爆)

2 ジャンル
 マリア様がみてる   7
 ToHeart2       3
 オリジナル      2
 涼宮ハルヒ      2
 イラスト集      2
 合同         1
 Fate         1
 フリクリ       1
 シスタープリンセス  1
 ハヤテのごとく!   1
 天使のいない12月   1
なんかあんまり前と傾向が変わってませんね(笑)。
最近の流行は追いきれてないですからねぇ、特にアニメ。

いつぞやの春コミ(コミケスペシャル4)での収穫も参考にリンクしておきます。
 →日記42 2005年03月24日の記事(Optimist's Room)
2007/08/20(月) 23:08 少し復活
盆の忙しさから抜けて少し体力回復した気がします。
やっぱり時間に余裕がないとねぇ…ヽ( ´ー`)丿

>パンヤ
IS、続いて-25で更新。
それでもまだミスがあるので、まだまだ伸ばせるのは間違いないですね。
やはりショートカットをどう成功させるかという話になります。
パンヤSS IS 12Hショートカット
例えば12H。
高いところにある氷の通路に乗っけることができれば、あとは転がってグリーンオンが望めます。
1パットならアルバ!
私のセシリアでの装備だと1W=260yでさらにトマかけて届きました。
もう少し距離短くても届くのかどうかはこれからいろいろ試してみようかと思います。

©2004 Ntreev Soft Co.,Ltd. All Rights Reserved. Exclusive License ©2004 HanbitSoft, Inc., All rights reserved. ©2004 Gamepot Inc., All rights reserved.

>コミケ72通販
ま、通販で買える範囲とはいえ、だいぶ選択肢が広くなった感じですね。
…そんな昔っから通販で買ってたりするわけでもありませんが。
…いや、ホントに(笑)。
結局売り切れてなかったもの全部(ぉ)注文してたら、意外に額が膨らんでしまったような…。
来月の支払いがががが。
2007/08/19(日) 23:13 終了気味?
今日も遅くに帰ってきて、ちょっとばかり通販サイトでコミケ72の同人誌を見ていましたらば。
既にというか、さすがにというか、あらかた目ぼしいのは売り切れてますね(^^;;
これはまあ会場でも同じことですから…ハハハ(乾
今月はだいぶ昨日の時点で使いすぎてますので、お金使わなくて良かった、ということにしましょう。

あ、ちなみに、昨日店頭で見たのと通販で見たのと合わせての印象としては、多いのは
 なのは、コードギアス、グレンラガン、らき☆すた、ハルヒ、Fate
あたりでしょうかね。
マリみても意外にまだまだ多くてうれしい⇔出費も増える(爆)
女性向けではおお振りが妙に目につきます…旬ですものねぇ(^^;;

>パンヤ
昨日の数ラウンドでISは-24が出てしまいました。
分かる範囲で4つはミスったので、-28以上はいけそうです。
そもそも、参加した大会では普通に-30がいらっしゃいましたので(笑)。
>スカっとゴルフ パンヤ
5ヶ月ぶりの起動。
もはや超どころではない浦島状態で何が何やら、ですが。
とりあえず水着(ぉ
レア引いてみるのは基本でしょ。
当然セシリアおねえさまのが目的なのに、出たのは最後でした。
お約束(涙)
 クー→アリン→エリカ→セシリア
の順でした。
リアルマネーでいくら掛かったかって?
”今回は”意外に早かったです。
少し出やすくしているのかな?
後でスクリーンショットをアップしてみる予定。
ヴィクトリアン・ローズ・テーラー あなたに眠る花の香(青木祐子、集英社コバルト文庫)
初の短編集、の8巻目。
コバルト本誌に掲載された短編4本と描き下ろしが1本。
短編な分、話にメリハリがきいていて色鮮やか、という印象。
いつもの長編も、じっくりと話をつむいでいく感じ、焦らされる感じがそれはそれとして好きなのですが。
いずれにしろ、ますますこの物語が好きになれる1冊。

では順に。
○ 恋のドレスとプリンセスリボン
一言で「リルはいい子だ」で片付けられそうでもあるお話(ぉ
まだこのシリーズ始まったばかりの頃であるせいか、なんとなく全体に初々しいです。
あきさんの絵にしても、キャラクターの雰囲気や人間関係にしても。
作者もあとがきで書かれているように、この話に限らずいろいろと(どこにポイントを置くのか)悩みながら書いているのでしょう。

○ 黄色い花の法則(ルール)
個人的にはこれが一番好きかな。
分かりやすいのが好きなんですよ(笑)。
私なんぞでも容易にオチは読めるのに、この読後感の良さといったらどうですか。
すばらしい。
行き違ってしまっていたけれど、ようやくお互いの想いを知ることのできた二人がもう幸せすぎます。
ラストシーンの会話、テンポが良くて、かつちょっとずつひねりのあるセリフの応酬で、良いですねぇ。

○ さびしがりやの王子
時系列としては「開幕のベルを鳴らして」直後のお話で、キースとカリナが出てきます。
あいかわらずキースはいけすかない言動が目につきますが…実はわけがあって、という救いはあり。
とはいえ、半分は本性なんでしょうし(^^;;
ま、カリナに本当の所は握られているようですから、カップルとしてのバランスは取れているのでしょう。
ゲストヒロインのエルも素敵な女の子ですし、彼女がキースを好きになって、その結果は…? というお話自体も面白いのですが、どちらかというと裏で進行しているパメラとイアン、クリスとシャーロックの関係の方が気になってしまいました(笑)。
けっこう早い段階からイアン先生はがんばっているんですねぇ。
意外。
クリスとシャーロックはいつもながらじれったい。
お互いのことを想っているからこそ、なんだかすれ違ってる感じがもう…(悶
「薔薇色」でエルのドレスを引き受けるかどうかを話している時がまさにそれです。
シャーロックはクリスの仕事が増えてなかなか会えないのが残念。
クリスはシャーロックが「かなうはずのない恋をしている」ことを否定しているようで悲しくなってしまう。
(実のところ、シャーロックはクリスに会いたいからこそ、仕事を受けないでいて欲しい、と思っているわけです(^^;;
クリスにそれを言葉に出して伝えればいいのにねぇ、と読者としては思いつつ、ただそれが貴族としてのシャーロックのありようでもあるのだろう、と納得もしつつ。)
それと、最後の一行は好きだなぁ。

「外は寒く、星がまたたいていた。長くて素敵な冬の夜だ。」(P139)

あまりこのシリーズでそういう感覚を持ったことはないのですが(ぇ)、この一行にはシビれました

○ あなたに眠る花の香
短編集のタイトルになっているお話。
主役は「恋のドレス」でもあり、実は「花の香」でもあるのかな、という印象。
というか…だ、だ、騙されました(笑)。
この短編にはちょっとした仕掛けがあって、それがラスト近くになって明らかになるわけですが、見事に引っかかりましたねぇ。
ん、でも、パメラと一緒に墓地に行ったミルトンは本当のところ「どっち」なんだろう? とかまだちょっと不思議さを残しつつ。
ドレスとはまた違った要素でお話が創れそうな「花の香」。
今後ダイアナが本編に再登場したりするんでしょうか…楽しみです。

○ 扉をあけるマリア
書き下ろしで、クリスとパメラの出会いを描いたお話。
本編でもある程度匂わせてはいたものの、実際の所少しばかり生々しいパメラの過去、でありまして(汗)。
あとがきで書いているように、本編でちらっと関係のある話が出てきたためにタイミングとしてはちょうどいいです。
まさに読者としても読みたいお話ではあるんですよね。
読みたかったし、読み応えもあったけれど、少々シビアではあるので読むときはご覚悟を(苦笑)。
もちろん今のパメラとクリスがあるのですから、上手くいくのだろうとは分かっていつつも、最後の最後までドキドキしました。
この後さらに、店を二人で開いてなんとか軌道に乗せるまでがんばって、シャーロックと出会う前にそれまで2年、ですか。
その2年の内のどこかをのぞいてみたい気もします。

以前の記事へのリンク
 → 「ヴィクトリアン・ローズ・テーラー 恋のドレスと運命の輪」の感想
2007/08/07(火) 23:12 お掃除の時間です
ハードディスクがまた満杯に近づいてきたので整理中。
残りが極端に少なくなってくるとパソコンの動作が目に見えて遅くなるので、それが目安ですね(苦笑)。
ほんと、120GBもあるのにいつの間にか一杯になっているんですよね…そんなにゲームも出来ていないというのに。
いやまあ、インストだけしてるってのがけっこう数だけはあるにしても。

恋ドレ短編集、3本目を読み中。
ここまでの感触はすこぶる良いです。
それぞれ毛色が違っている感じでそこがまた面白い。
作者もあとがきで書かれてますが、たしかに短編集向きの題材なのかもしれません。
2007/08/02(木) 23:40 コバルト文庫8月の新刊
今回は3冊購入しました。
① ヴィクトリアン・ローズ・テーラー あなたに眠る花の香(短編集)
② 君に届け(小説版)
③ カレン坂高校 可憐放送部


① 恋ドレ短編集はしっかり読みたいので、時間のない今はぼちぼち流し読み中です。
それでもちょこっとだけ。
「表紙がGOOD!」
あきさん、こういう絵も描けるんですねぇ。
今まではクリスと誰か(というかほとんどシャーロックでパメラが1回だけ)の二人というパターンのみだったのが、短編集ということでいつもの縛りがないのか、クリス、シャーロック、パメラ、リルと4人います。
リルとパメラの笑顔がもう和みます…一人仏頂面のシャーロックがいかにも”らしい”ですし(笑)。

③ 「カレン坂」は原案・イラストが「マリみて」のイラストを描かれているひびき玲音さんということで一も二もなく。
内容はど、ど、どうなんでしょう…?(ぉ
マリみてっぽい雰囲気もありそうですけど、こちらは共学ですし、あとがき見たところでは意外や意外、サスペンスでジェットコースター

② 一通り読んだのは「君に届け」小説版。
コミック1巻と2巻の内容を文庫本1冊に収めています。
小説化されたこと自体は素直にうれしい。
しかし・・・!
これは正直期待はずれでした。
そりゃもうコミックは何度も読み直しているお気に入りだけに、評価が辛くなるのは致しかたないとしても。
簡単に言うとこの小説は「ただストーリーをなぞっただけ」なのです。
原作では見事に表現されている、各シーンにおける”タメ”、登場人物の感情や表情、言葉のメリハリといったものが悲しいぐらいに抜け落ちている印象。
原作のテキスト(主に心情描写)が秀逸なだけによけいに…。
原作を忠実に追おうとしているのはわかりますが、それでいてけっこうスキップしている箇所もありますし。
う~ん、小説化ってのも難しいものですね。
著者の力量が垣間見えるのはむしろあとがきの方かもしれません。
これは本編よりはずっと胸にくるものがありましたよ。
著者自身のことを書いているからでしょうか。
だとしたら、本編の方はまだ「君に届け」という作品をしっかり自分の中に取り込めていないんじゃないのかなぁ、と思いました。