>ヴィクトリアン・ローズ・テーラー 恋のドレスと運命の輪(青木祐子、集英社コバルト文庫)
いよいよ7巻目。
初めて発売日に買えました。
読むのはどうにかこうにか1日遅れで完了。
車(自動車)での旅の話。
「明日への切符」の時にも思いましたが、別の土地への移動が作品中にあると先に何があるのか読めなくてドキドキしますね。
この時代、車がまだ一般的ではないために車の移動自体が危なっかしいことも加味されてよけいに。
(優秀なメカニックがいないと旅先で立ち往生しかねないなんて…現代では想像もつきませんね)

…まあ、そんなことは実はどうでもいいんです(ぉ
7巻目にして、ついに、ついに!
クリスから直接”あることを肯定する言葉”(←ぼかしまくりですがお察しください(^^;;)を聞けるなんて思いませんでした。
とはいえ…シャーロックとクリスとの距離が近づけば近づくほど、間の壁はより高く意識されてしまいますね。
二人にとって幸せな未来の形があると良いのですけど。

正直な話、今回のゲストであるラリーとサーシアについてはあまり印象に残りませんでした。
話の落としどころも妥当ではあって、だが緊張感をともなうものではなかった、というか…。
シャーロックに感化されたか、あまりにもフランクで直接的なラリーには「アメリカ人ってやつぁ…」と思わざるを得なかったですし(マテ
悪気はないのは十分分かってますが。

また、作品中における「恋のドレス」がらみの部分(貢献度というか効能…? う、なんか上手い表現が思いつきません)はどうもここ2巻ほど、薄れている気がします。
もっとも、シャーロックによる調査、それからサーシア&キャサリン姉妹によって「闇のドレス」をつくる店の名前がついに明らかになったり、と実は話の本筋はけっこう動いているのかな?
アイリスはとうとう表に出てきませんでしたが、序盤でパメラに接触してきた人物はあからさまに怪しかったですし。
この伏線は次の次の巻で回収されることを期待しましょう(次の巻は短編集の予定らしいので。コバルト本誌は買ってないのでこちらも楽しみです)。

…ああ、でもそうか。
恋のドレスの貢献度ということなら、物語としては退屈ではあっても、何もことが荒立たずにすんだことがその証、なのでしょう。
キャサリンはラリーに対して怒りはしたけれど、それはむしろやつあたりという面が強いように思います(たぶん自分でも分かっている)。
そして、ラリーとサーシアはお互いを改めて必要な存在と認めて好きになることができたように思えます。
(「思えます」なんてちょっと往生際が悪いのは、作品の中盤でサーシアがラリーの親友であるダニエルを好きだったという描写があったためです。
そこから、実はラリーを好きになった、という転換がちょっと唐突に感じたのは事実なので。
ラリーの方はずっと変わらないんですけどね。
もう好き好き~(笑))

既刊の感想へのリンクを貼っておきます(HP内)。
 →小説:ヴィクトリアン・ローズ・テーラー(Optimist's Room)
2007/06/29(金) 00:16 登場人物紹介に祥子と令が…?
恋ドレとマリみての新刊買ってきました~。
これから読みます!
と言いたいところですが、明日になりそうな気配もちらほら…正直眠いです(笑)。
どっちから、というのが個人的にはけっこう究極の選択でありまして。
短編集である「マリア様がみてる フレームオブマインド」の方を後にするかな(短編集なら休憩時間に読みやすいので)。
「恋のドレスと運命の輪」はあとがきと最初の方だけ読んでみて、なかなかにやきもきさせてくれる導入部。
もうずっとそうといえばそうですね…やきもきやきもき(笑)。

「女の子はファンタジーが好きだね」

>「この恋は実らない」1巻(武富智(たけとみとも)、集英社ヤングジャンプコミックス)
青年マンガに見えない、ふんわりとかわいらしい表紙がいい感じです。
本編はもう少し青年マンガっぽいタッチ。
知っている作家さんだと浦沢直樹さんと似た感じ。
それだけだったらたぶん買わなかったんですが…(ぉ)<別に認めてないわけではなく、ちょっと今の浦沢作品は重たすぎて受け付けない所がある、ということです(汗)
それはさておき、この作品を一言で紹介すると
 「ラブホ10連泊しちゃうようなイケメンが純粋無垢で天然なお嬢様に恋をしたら…?」
…なにそのいかにもありがちな設定(笑)。
でも面白いですから、これは。
ありふれたネタでもちゃんと描ける人が描けば面白いという良い見本です。
ボーイミーツガールは永遠のラブソング♪(壊
個人的には「Bバージン」(山田玲司、小学館)をどうしても思い出してしまいますね。
主人公がモテモテなのは似ていてもだいぶその実態は違いますが、結局のところ本気になったら同じだよな、と思います。
「何が」同じなのかはいまいち分からなくても(ぉ
…作中のセリフからだと

「いつも通りは通用しない」

(いつも通り=外面の自分)ってことでしょうかね。
本気の恋なら本当の自分で勝負するしかない。

最初に引用したセリフは主人公輝(ひかる)のものです。
ひっくり返せば「男もファンタジーが好き」だと思います(笑)。
ヒロインの百合子みたいな女性がそうそういるわけない、んですが、でもやっぱり憧れてしまうわけで。
2007/06/22(金) 00:37 だめじゃないさ!?
>丸戸さん新作「世界で一番NG(だめ)な恋」(HERMIT)公式サイトオープン!
ようやく情報公開来ましたね。
前作「ままらぶ」は母親ほども年上の女性がヒロインでしたが、今回は主人公の方が年上で、全く逆の年齢差カップル。
…ま、その前作は未プレイだったりしますが(ぉ)、「ショコラ」、「パルフェ」、「この青空に約束を―」ときて、ここで外すことはないと思いますので当然買いです。
対して原画家さん(みこしまつりさん)が新人ですが、これはなんとか…してくれることを信じます。
いや、信じたい(^^;;
2007/06/21(木) 01:15 「青いふたり」の感想
>青いふたり(椎名軽穂、集英社マーガレットコミックス)
「君に届け」感想サイトを見ていて言及されていることがちらほらあったので、タイトルが頭にありました。
他にもかなりの冊数、単行本を出されていますが、さて本屋にあるかどうかが問題ですね。
それはさておき、ひとまずタイトルになっている「青いふたり」のみ読みました。
(読みきりで短編が3つ収録されています)
まずは一言、シャウトー!(「叫び」のシャウトね)って感じです(笑)。
うん、タイトル通り「青い」話でした。
短い分シンプルで話の組み立てはすごくわかりやすくてインパクトがあります。
また表紙もそうなのですが、いろいろと対比させている構成が読んでて楽しい。
キャラクターの対比。
(ま、これは対照的なようで実は似たもの同士、という感覚ですね)
導入部とラストシーンの対比。
作者コメントではこの話は「バカとボイン」らしい…なんて身もふたもない(笑)。
「君に届け」でもつくづく思っていることながら、心情描写の言葉はこの頃から良いですねぇ。
幻の…?

>少年サンデー公式ガイド ハヤテのごとく!(小学館)
実は超長い副題もついてますが、タイプするのが疲れそうなぐらいなのでやめておきます(笑)。
見どころはやはりこれ!
単行本未収録の読みきり「ハヤテの如く」でしょう。
(連載開始前のプロトタイプ的作品。
よく見るとタイトルの後ろにびっくりマークがついてません&「ごとく」が漢字)
それとアニメスタッフとの座談会(原作者:畑健二郎先生、アニメ版監督:川口敬一郎さん、アニメ版マリア役声優:田中理恵さん の3人)かな個人的には。
他には、カラーイラストギャラリーや人物紹介など。
例によってカバーをめくった裏にはおまけマンガがありますし(「ハヤテ」の単行本には必ずあります)、巻末には、な、なんと伝説の…!
定価1600円とちょっと高めですが、ハヤテという作品を好きな人には全然高くない、かな、たぶん…できれば1200円ぐらいだったらうれしかったんですけど(苦笑)。
読みきりは大まかには本編の第1話~第3話と同じつくりですが、いろいろと異なる部分もあって興味深いです。
これでも良かったんじゃ? とか思えるぐらい面白い。
ただ、大きな違いとしてハヤテがナギに”あのセリフ”を言ってない、ってのがありますね。
(あのセリフ=ハヤテがナギを誘拐しようとして言ったセリフ「僕は…君が欲しいんだ(人質として)」のこと。
ナギはこれを誤解して、ハヤテに告白されたと思い込んだ。
というか、単行本11巻の段階でもまだ誤解したまま(笑)。
まあ、この誤解がずっと水面下にあるおかげで微妙な緊張感があるので、これは本編の方が正解なのでしょう)
そうそう、ピンナップのイラスト、女装ハヤテ(白皇学院女子制服)水着ヒナギク(縞々ビキニ)なのはなんか納得がいきません(笑)。
いや人気があるのは知ってますががが。
メインヒロインはナギ(とマリア)なのに!
女装ハヤテはまだ許せるのに!(ぉ
ま、でも、表紙折り返し部分(「そで」と言うらしい)の「ハヤテに肩車されてごきげんなナギ」が可愛いので許しておきましょう(* ̄▽ ̄*)
2007/06/18(月) 21:43 攻略が進むかも?
>桃華月憚 Thanks Areaを公開
ダウンロードコンテンツやお便りに答えるコーナー等、かなりがんばっている印象。
とはいえ、これでも現在不満に思っている方々からすると遅きに逸したところがあるのでしょうね…(汗)。
私はそこまで酷評する気にはなれないのですが、正直、攻略の難しさと面倒さには閉口している所です。
今回公開されたF&Qでけっこう攻略にも触れているので、だいぶ”未攻略という名の霧”が晴れたイメージ(笑)。
まあ、私が下手なのはたしかにあると思いますが、実際、レトロな確認作業を相当必要とする気がします。
基本総当り、かついろんな作業の回数と時間をかなり消費するゲームです。
全END見るのは遙かな夢、ですね今は(ぉ
せめて理子と明日菜と桃花と寧々ぐらいは…ってけっこう欲張りかな(笑)。
2007/06/17(日) 21:48 物量増大中
マックス みくる・ハルヒ フィギュア
22:08 写真1枚追加。
きょ、今日はこの辺にしといたるわ!(マテ


>フィギュア
マックスのみくるに続いてハルヒ(3次出荷)が届きましたが、とりあえず眺めるだけですねぇ…。
みくるにいたってはまだ箱開けてもいないし(ぉ
3人娘の中では唯一再生産かかってないのが不憫です…せめて後で開けるだけはしてあげよう。
撮影はもちょっと気力復活してからじゃないと厳しいです(;´Д⊂)
…あ、出来の方は2人とも期待通りかと思いますよ。
1/8なので生活スペースにも優しい(笑)。

>PCゲーム
6月からはかなり発売&購入ラッシュになってきそうです。
とはいえ、積みゲーの消化具合からしたら、これ以上増やしてもプレイの暇があるわけがない(笑)。
それでも買ってはおきたい、というのがオタの性ではあるので、1本ぐらいは選りに選って手元に欲しい、かな…(^^;;
ひとまず6月発売分の候補としては

6/15発売予定
姦染2 ~淫罪都市~SPEED
どこかの評価サイトで「バイオハザードをエロゲーにしたような」というコメントがありまして、納得。俄然興味がわいてきました(ぉ)。そういえばコミックで「学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD」(角川書店ドラゴンJr.、原作・佐藤大輔、作画・佐藤ショウジ、2巻まで発売中)なんてのも…これはそのままゾンビですね。女の子の絵はエロいけれども(笑)。
6/22発売予定
淫辱スタジオ黒雛
例の事件のおかげで妙にタイムリーなことに。とはいえ、私としてはその前から絵が好みだったので、そのまあ、他意はないんですよ(しどろもどろ
6/29発売予定
虜ノ姫アトリエかぐや
ここのゲームは毎度興味はあるものの、スルー続きです。今回は対象人数が少ない分、密度はありそうですね。それが吉と出るのかどうか。
王賊ソフトハウスキャラ
戦闘部分に若干の不安あり。でもまあ、この中ではやはり一番期待できると思います。
Honey ComingHook
設定のオバカさ加減がツボ。ゲームじゃなきゃデキマセン。絵はメッチャ好みなんですよね~。売れるのは間違いない<言い切ったよ…
ドラゴンナイト4ELF
ひと頃のエルフの栄光をもう一度!? できれば新作でその心意気を見せて欲しいもの、ですが、昔プレイできなかった身としてはどうしても心惹かれるものが(笑)。

…ってなんか珍しく、もろエロゲなのがけっこうあって困りますが(汗)。
ただ私の場合、”これまでは”候補に挙げていても結局購入には至ってないことが多いので、さて今回は?
ちょうど(?)6本ありますねぇ…この際どれを買うのかサイコロで決めるってのはどうでしょうか(ヲイ
2007/06/13(水) 01:34 「君に届け」episode19の感想
別冊マーガレット07年7月号 君に届け表紙

>「君に届け」第19話(作者:椎名軽穂、別冊マーガレットで連載中)
今月も「君に届け」が表紙! ひゃっほう!(^^)
インターミッション風味な回ですね。
ネタバレ含む詳しい感想は追記にて~。
前回(episode18)の記事へのリンクも貼っておきます。
 →「君に届け」episode18の感想
2007/06/07(木) 22:26 12時間以上寝てたような…
起きたら夕方でしたよ…冗談でなく(^^;;
まあ、昨日夜更かししてたのは事実でしたが。

「桃華月憚」ぼちぼち進行中。
プレイ時間は15時間ぐらい。
それでも初回プレイの半分も来ていない(ようやく端午の節句5/5を越えたあたり)ということで時間のかかり具合をお察しいただきたく。
やっぱりもう少しサクサク進めるようにして欲しかったですね。
あとはストーリーと個々の会話のグレードがどうにも低いというか…けっこう序盤の入り方は悪くなかったんですが、日常部分に突入してからどうにもgdgdになってます。
CGつきイベントは時々起こる程度。
絵はさすがのクオリティなのでその点においては不満はありませんがしかし…。
あと「覗き」ね(苦笑)。
いやまあ、男の子としては嬉しいけれど、妙にこだわっているような。
まだ成功には至らないものの、バスタオル姿は(以下自粛
とりあえず一度はクリアしてみたいですが、なかなか時間をつくるのが難しい状況においては酷なゲームですよ。
「ゲーム休暇」とか素で欲しいこの頃(ぉ
2007/06/03(日) 22:49 「桃華月憚」 感想1
(06/07 10:08 訂正・追記)

>桃華月憚(オービット)
プレイ開始。
3時間ほどプレイしました。
音楽は聞き覚えのある感じ。
この辺は、タイトルから「顔のない月」の名前は外れたものの、世界観を共通していることがしっかり伝わってきて良いです。
絵は期待通り。
CARNELIANさんの絵はますます磨きがかかってます。
正直、これだけ美少女ゲームがあって、きれいな絵を描かれる絵師さんも増えてきた中で、昔の神がかったイメージが崩れる心配すらしていたものですが杞憂でした<長ぇよ
立ち絵はこれだけのキャラ数にもかかわらず男女ともに描き分けができていて、美しく、かっこよくて、色っぽい(最後がエロゲーとしては最重要と考えます)
女性陣は脇でも恐ろしく美形ばっかりです…ありえねぇ(ぉ
対して、男性陣はもちろんイケメンも多いですが、イロモノも多そうですね(笑)。
原画は天宮ぽらんさんと協同。私ぐらいでは見極めがつきません(^^;; この人の画力も相当じゃないかと思います)

シナリオは「顔のない月」と同様、序盤から伏線張りまくりな感じですねぇ…最初の方では何が何やらさっぱりわかりません。
ま、主人公の立場(記憶喪失で、なぜか学園の理事長の家族になりVIP待遇、女の子にもなぜかモテまくり(ぉ))を体感できるという意味で良いんじゃないでしょうか。
テキスト自体もそんなにキレはないけれど、読むのはけっこう面白い。

で、問題はたぶん2つ。
ErogameScapeでの酷評もおそらくここが理由かと思います。
① ゲームシステムがえらく面倒。面倒なわりにその意味が感じられない。
② 声がほとんど入ってない。ほとんど一言のみ。


具体的に書くと、
① ゲームシステム
 ・移動が面倒。

移動は場所を選択して、その都度時間がかかるシステム。その日の限度時間を越えるか、持っているゲーム内の体力ポイントが減るとなくなると1日終了。
キャラがいる位置は表示される。ただし、場所で表示されるアイコンは共通の人型で、アイコンにカーソルを合わせて初めて誰か分かる仕組み。加えて、キャラたちはそれぞれリアルに行動しているため、行き違いも往々にして発生する。
さらに、移動可能箇所が一画面に表示されない区画あり。
例えば「七宮館」だと移動可能箇所は
 七宮館前、エントランス、カフェレストラン、桜歌台図書館、百貨店、屋内文化遊戯施設、屋内運動施設、屋内プール、高級レストラン、理事長室、音楽堂ホール受付、音楽堂、プラネタリウム
と実に13箇所。(まあ、ここはたぶん一番多いぐらいな区画ですが)
で、一度に表示される場所は6箇所しかないので、移動箇所が表示されているウインドウを度々スクロールさせる必要があります。
ゲーム内日数が3ヶ月(=約90日)で、一日の行動回数が2、3回どころでなくけっこう多いということを考えれば、これがどんだけストレスになるかはプレイしなくてもお分かりいただけるかと思います(^^;;

・会話が無駄に凝っている(悪い意味で)
会話するテーマを選んで、かつテンション(冷静⇔情熱)とニュアンス(肯定⇔否定)を決めて会話、というシステムなのですが、これは正直要らなかったのでは。
「キミキス」では[マッチング会話](あらかじめセットしてあった話題のストックからどれかを選択して、相手の好みにより反応が異なる)というシステムがありました。
これは女の子との会話をゲームとして上手くシミュレートしていたと思いますし、なによりこのゲーム部分を攻略していくことが難しくも楽しかったものですが、「桃華月憚」のシステムは面倒さだけが先に立ってしまいます。

② 声
ほんとに一言ずつです。
会話に入る前に「何か御用?」とか入るだけ。入るのと、相手の反応の際にあいづち程度の一言があります。
ゲーム公式HPには「パートボイス」とありますが、これをパートボイスと言われても。
会話がメインのゲームでほとんど声がないのは寂しすぎます。
(昨年末発売の「戦国ランス」(アリスソフト)も声なしでしたが、あれはシミュレーション部分が大きいですからね。むしろない方がスムーズに進んで良かったと個人的には思っています。それでも、中にはボイスなしを残念に思った方もいらっしゃったわけですし…)
限定版には数ヵ月後に音声収録のパッチを配布という説明があった模様。
通常版には全く説明がありませんが、推測するに音声収録が間に合わなかったということでしょうか?
それとも元々こういう仕様? とはとうてい思えませんし。
キャラも多いし、セリフ数もゲームシステム上かなり多いとは思いますが、なんだってこんなことに。

他に。
イベント自体がほとんど発生してませんのでまだ手探り状態ですが、おそらく何人かのキャラにEND(ルート)がある仕様でしょう。
自動発生イベントは別として、イベント発生条件は今のところ
・親愛値が一定値以上
・[決闘]に勝利している

と思われます。
攻略としては
キャラに数多く会って、なるべく親愛値(ゲーム内で言う所の「好感度」)が上がるような会話をする。
[決闘]には勝利する。
ということになるでしょうね。
一番問題そうなのは人のいる場所の把握、っぽい。
いちいちメモらないとダメなレベルの話だったらちょっと大変そう。
ある意味レトロな味があるともいえるのですが、今どきそんなオールドファッションなノリを要求されてもなぁ、と思います。
せめて、キャラに会った場所と時間がプレイの度に別データに保存される、とかそれぐらいのお助け機能は実装できなかったものか…ないでしょうねぇ(^^;;
(…ああ、[決闘]についても書いておかないといけません。
今回は長くなってますので待て次回!(コラ))

☆ 次回「感想2」予告!!(激しくマテ
・選民思想、階級意識
・なぜ少女マンガにはブルジョア的私立校が多いのか?
・小柄だけど超美形な主人公に感情移入できるもの?
・人の価値って 力? 見た目? 身分?
・寧々ねえはきっとツンツンツンツンツンツンツンツンツンデレ。

…まあ、あくまでも予定というかフィクションであr(ry
2007/06/03(日) 14:32 ちょっと休憩
ようやく月末~月頭の忙しさから抜けました。
(そのわりには記事書いてましたが、そこはそれ「現実逃避」という言葉があるでしょ?(爆)
冗談半分は別にして、プライベートは大事なんですよ。
気持ちの切り替えができる、視野が広くもてる、ってこと。
気持ちの余裕が大事)
まあ、実のところいろいろ問題はてんこ盛りなんで、なるべく効率よくできるように考えておかないと、来月もまた同じようなことになりかねません(^^;;
ひとまずちょっとは心身を休めておかないと。

昨日今日で、
・<フィギュア>涼宮ハルヒの憂鬱 朝比奈みくる(マックスファクトリー)
・<ゲーム>桃華月憚[通常版](オービット)
と届きました。
「君が主で執事が俺で」も終わってませんしねぇ…というか始めてすらいませんが(ぅ
おいおい写真や感想などアップしていきたいです。
2007/06/01(金) 00:40 コミック強化月間
ブログ正式開設した5月はそんな感じでした。
おかげでゲームと小説は割を食うことに(笑)。
まあ、こればっかりは私自身の興味の行く先次第でして、この先どうなるかはわかりません。
久々にコミックをたくさん読んで、「コミックって面白いよね」と再確認できたことはうれしいです。
もともと私にとってのオタクの道はコミックからスタートしたところがあるので、原点回帰という感じ。

今はさすがにそんなペースで買いも読みもしませんが、ひと頃は良い作家さんを知りたくて手当たり次第に雑誌と単行本を買っていたことがあります。
ちなみに最初に買った単行本は「シティーハンター」全35巻でした(古本屋でだったけどね(ぉ))。